« 粋な和文乞ひ願う 金沢文庫 | トップページ | 東京スカイツリー★とうきょうすかいつりぃ »

2011年2月 8日 (火曜日)

遠つ悔いは舞い降りる 津久井浜

 数年前から京急線沿線を歩き回り,まだ下車したことのない駅はわずか数駅になってしまった。
 ということで,津久井浜海水浴場で有名な京急久里浜線の津久井浜駅で初めて下車することにした。海水浴の季節にはカメラを持って歩いたりしたらデバガメだと思われそうだし,こんな寒い日は,うろつくには案外最適かもしれない。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 京急久里浜線津久井浜駅の改札口を出る。左手のほうに京急線の高架線をくぐる細い道があり,その先には浅間神社の鳥居が見える。

 津久井浜駅の北西側すぐ近くに津久井浜高校があるため,高校生の利用客がとても多い。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 津久井浜駅前。バスロータリーなどはなく,駅前にハイテク化された自転車等の駐輪場がある。
 右側の坂を上ると,津久井浜海水浴場方面になる。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 駅前から津久井浜駅の駅舎を見る。駅の東側で京急久里浜線は高架化されている。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 駅を出て少し坂を上ると,すぐに海に向かって下り坂となる。
 周辺には日用品を扱う個人商店が点在している。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 海への坂を下る。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 津久井浜駅方向を振り返ると,珍しい京急線の青い電車が走っていた。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 カーブを描きながら,坂を下っていく。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 商店などが集まっている一郭。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 和菓子の「こづや」さんなどが並ぶ。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 津久井浜駅方向(坂の上の方向)を振り返る。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 当然のことながら,魚料理・磯料理を食べさせてくれる店も多い。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 海だ。海が見えてきた。国道134号線の津久井浜駅入口交差点。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 国道134号線の津久井浜駅入口交差点から津久井浜駅方向を見る。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 うーみ。カモメが飛ぶが,シャッター速度が遅くて止まらん。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 海のことはよくわからないけど,海はいいよね。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 津久井浜海水浴場に降りる階段の一つ。手すりがボロボロで立ち入りできなくなっている。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 ここの階段も立ち入りできない。
 この防波堤の上の海抜は5.0m。意外に高い。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 金田湾の方向を見る。防波堤と何かの旗をカッコ良く撮ろうと思ったけど,俺にはムリだった。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 反対側の北東の方向を見る。遠くに東京電力横須賀火力発電所の煙突も見える。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 歩道に放置されているボート。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 国道134号線の津久井浜駅入口交差点。両側にお地蔵さんが置かれている。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 駅に引き換えす。秋の日はつるべ落としというけど,春も日が落ちるのは早い。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 駅が近づいてきたぞ。

津久井浜駅〜津久井浜海水浴場
 津久井浜駅。
 電車を待つが,京急久里浜線のダイヤはよくわからん。

 ── PENTAX K-7 + smc PENTAX-DA21mm F3.2 Limited

|

« 粋な和文乞ひ願う 金沢文庫 | トップページ | 東京スカイツリー★とうきょうすかいつりぃ »

・14 神奈川県横須賀市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

海の絵が好きですね。
ちょうど海に出たところの感じがいい。

冬の海はさみしさも一入。

投稿: osa | 2011年2月 9日 (水曜日) 06時29分

 海に出たところ,「海だ」というわくわく感が大きかったですからねぇ。写真にそれが反映されているかも……。

投稿: 三日画師 | 2011年2月 9日 (水曜日) 13時44分

こんばんは、懐かしい。私、津久井浜高校でした。
風景もほんの少し変わったようですが
驚くような変化ないようですね。
駅から逆側(高校)はたぶん家と畑しかないです(笑

投稿: あ☆さん | 2011年2月 9日 (水曜日) 22時40分

 駅の西側すぐのところが津久井浜高校でしたね。
 午後6時半頃駅に戻ったんですが,部活帰りの高校生でいっぱいでした。若い人がうらやましかったです。

 駅の東側は,海水浴場が賑わうのが夏だけということもあってか,商店街という感じでは無く,古くからの店が点在してる感じですね。

 でも,学校が終わった後に海にデートに行ける環境って,これはとても魅力的ではありますね。

投稿: 三日画師 | 2011年2月10日 (木曜日) 02時06分

三浦半島の先端方面、三崎口駅は度々利用した記憶がありますが、この津久井浜や三浦海岸では下車した事がないので、新鮮な風景を拝見させていただきました。久里浜より先になると、ぐっと駅前沿線の雰囲気が鄙びてくるものですね。

津久井浜海水浴場の名は聞いた覚えのみありました。だいぶ砂浜が侵食されて砂地の部分が狭くなって来てしまっている様に見受けます。海岸の侵食被害は、半島西部の逗子市内や葉山町内、横須賀市内が酷い、という風聞でしたが、いまや半島西南岸一帯で深刻になっているみたいですね。

投稿: もりあき | 2011年2月10日 (木曜日) 19時37分

 おっしゃる通り,海岸浸食がだいぶ進んでいるように思いました。封鎖されている階段も,元は砂浜だったところが浸食されて使えなくなってしまったもののようです。

 三浦半島に限らず,神奈川県の海岸は,どこも浸食に悩まされているようですね。相模川の上流に大きなダムがいくつも(宮ヶ瀬ダム,相模ダム,城山ダム……)作られたため,流れ出る砂が大きく減少したためでしょう。
 飲料水や治水でダムの世話になっている神奈川県民としては,本当に悩ましい問題です。

投稿: 三日画師 | 2011年2月10日 (木曜日) 23時34分

久留米文化街には知り合いのすなっくがあると
言うので 楽しみに見ています。
会えないので ああこんな町に住んでいるんだと。
ありがとうございました。

投稿: りー | 2011年2月12日 (土曜日) 15時49分

 久留米文化街というと,久留米一の飲食店街・歓楽街ですね。

 あの文化街の規模の大きさは,人口30万人の都市の飲食店街としては破格の大きさだったと記憶しています。久留米は焼き鳥店の密度が日本一だそうで,何かそういう下地があるんでしょうね。

投稿: 三日画師 | 2011年2月13日 (日曜日) 03時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/50817199

この記事へのトラックバック一覧です: 遠つ悔いは舞い降りる 津久井浜:

« 粋な和文乞ひ願う 金沢文庫 | トップページ | 東京スカイツリー★とうきょうすかいつりぃ »