« 帰宅り破魔打つ正月 北久里浜 | トップページ | 粋な和文乞ひ願う 金沢文庫 »

2011年1月16日 (日曜日)

宝石のような朝がやってきた 阿佐ヶ谷

110116165333edit

宝石のような朝がやってきた 阿佐ヶ谷


 久しぶりにちゃんとカメラを持って外に出た。
 大相撲初場所の真っ最中ということで,相撲の街,阿佐ヶ谷の街を歩いてみる。

 大相撲の相撲部屋はその昔,東京の東部にある両国と東京西部にある阿佐ヶ谷に大きく分かれて位置し,「東の両国・西の阿佐ヶ谷」とも呼ばれるほどだった。阿佐ヶ谷には,花籠,二子山,放駒などたくさんの相撲部屋があった。
 現在は相撲部屋がどんどん郊外に広がっていったため,相撲部屋が集まっている街は少なくなったが,私にとってはまだ,阿佐ヶ谷=相撲の街という印象が強い。

阿佐ヶ谷駅界隈
 阿佐ヶ谷駅北口前。駅の正面(写真右側)に東急ストアがある。

阿佐ヶ谷駅界隈
 阿佐ヶ谷駅の北口にタクシーが並ぶ。

阿佐ヶ谷駅界隈
 阿佐ヶ谷駅北口広場の西側の片隅から,スターロード商店街が中央線に沿って延びている。

阿佐ヶ谷駅界隈
 中華そばの丸長がある。

阿佐ヶ谷駅界隈
 スターロード商店街を西へ。

阿佐ヶ谷駅界隈
 細い路地にも新しい店が点在する。

阿佐ヶ谷駅界隈
 中央線のガードに沿って飲み屋が多く並んでいる。

阿佐ヶ谷駅界隈
 スターロードの奥の路地に樹木の茂った東新造園がある。

阿佐ヶ谷駅界隈
 後ろを振り返ると,中央線のガード下となる。

阿佐ヶ谷駅界隈
 スターロードをさらに西へ。
 天気がピーカンすぎて,きれいな街並みの写真が撮れず,ちょっとがっかり。

阿佐ヶ谷駅界隈
 スターロードの阿佐ヶ谷駅方向を振り返る。

阿佐ヶ谷駅界隈
 古い感じの商店街だが,歩いている人には若い人が多い。さすが,若い人に人気の中央線沿線である。

阿佐ヶ谷駅界隈
 スターロードをさらに西へ。

阿佐ヶ谷駅界隈

阿佐ヶ谷駅界隈
 スターロードの西側から阿佐ヶ谷駅方向を見る。

阿佐ヶ谷駅界隈
 中央線のガードをくぐって,南側へ。

阿佐ヶ谷駅界隈
 左側が中央線の高架。

阿佐ヶ谷駅界隈
 中央線のガードの向こうに,さっき歩いたスターロード商店街が見える。

阿佐ヶ谷駅界隈
 阿佐ヶ谷駅南西側一体は,かわばた(川端)通り商店街になっている。

阿佐ヶ谷駅界隈
 右側が中央線の高架。

阿佐ヶ谷駅界隈
 かわばた通り商店街の横丁,いちょう小路には小さな飲食店が並んでいる。

阿佐ヶ谷駅界隈
 いちょう小路。

阿佐ヶ谷駅界隈
 いちょう小路の南端にある小料理「はる」。

阿佐ヶ谷駅界隈
 かわばた通り商店街。阿佐ヶ谷駅南口駅前広場方向を見る。

阿佐ヶ谷駅界隈
 かわばた通り商店街の西側を見る。右にいちょう小路の南側の入口がある。

阿佐ヶ谷駅界隈
 かわばた通りを西へ歩くと,「つり堀」の看板が見えてくる。阿佐ヶ谷駅の南口が近い,こんな場所につり堀があるようだ。かわばた通りは,文字どおり川端通りで,通りの横を流れていたはずの川と,このつり堀は何か関係があるのかもしれない(と思いつつ,たぶん調べないけど)。

阿佐ヶ谷駅界隈

阿佐ヶ谷駅界隈
 かわばた通り商店街を阿佐ヶ谷駅方向に歩き,後を振り返る。サン・サン・レコードが気になって,店が開いていれば商品を物色したかったが,残念ながらこのときは営業してなかった。

阿佐ヶ谷駅界隈
 かわばた通り商店街。

阿佐ヶ谷駅界隈
 阿佐ヶ谷駅南口駅前に出た。

阿佐ヶ谷駅界隈
 左側が阿佐ヶ谷駅南口。右側の駅前広場には,巨大なタンクのようなものができている。駅前で大規模な下水道工事が行われているらしい。
 正面に見えるアーケードが阿佐谷パールセンターで,写真の右側に長く長く延びる商店街になっている。

阿佐ヶ谷駅界隈
 阿佐ヶ谷駅南口。南北の自由通路がある。
 駅の高架下はアサガヤ・ステーションモール・ダイヤ街というショッピングモールになっている。

阿佐ヶ谷駅界隈
 阿佐谷パールセンター。右側に見える通りが中杉通り。

阿佐ヶ谷駅界隈
 阿佐谷パールセンターを歩く前に,中央線の南側に沿って東に延びる一番街商店街を歩く。
 細い路地の両側に飲食店が建ち並んでいる。

阿佐ヶ谷駅界隈
 スナックこねこのKITTYが街を見張っている。

阿佐ヶ谷駅界隈
 縦位置でも撮ってみた。望遠側にしていることもあって,こっちのほうがパースがつかなくて自然な感じもするけど,KITTYがよく写らなくなってしまった。

阿佐ヶ谷駅界隈
 高架線を中央・総武緩行線の電車が走る。右側はPARCO。といってもパチンコ屋のPARCOだ。

阿佐ヶ谷駅界隈
 とんかつ専門店「とん亭」などが並ぶ。

阿佐ヶ谷駅界隈
 一番街をさらに東へ。

阿佐ヶ谷駅界隈
 一番街をさらに東へ。一度広くなっていた道路が,また狭くなってきた。

阿佐ヶ谷駅界隈
 一番街の東側。飲食店が建ち並んでいる。

阿佐ヶ谷駅界隈
 一番街を東端まで行くと,中央線のガードをくぐる道路があったので,中央線の北側に出てみた。
 阿佐ヶ谷駅から河北総合病院方向に続く通りになっている。写真の右側は暗渠化した川の跡?

阿佐ヶ谷駅界隈
 阿佐谷新進会商店街。商店街の旗にあるVENUSってのは,よくわからなかった。

阿佐ヶ谷駅界隈
 阿佐谷新進会商店街。阿佐ヶ谷駅から中央線の北側に沿って東に延びている。

阿佐ヶ谷駅界隈
 バザールあさがや。

阿佐ヶ谷駅界隈
 阿佐谷新進会商店街。

阿佐ヶ谷駅界隈
 中央線のガード(阿佐ヶ谷駅)が見えてきた。

阿佐ヶ谷駅界隈
 中央線のガードをくぐる。右側は中杉通り。
 中杉通りの東側の中央線ガード下は,ゴールド街商店街となっている。

阿佐ヶ谷駅界隈
 全蓋式アーケードのある阿佐谷パールセンターへ。阿佐ヶ谷一賑やかな商店街である。
 パールセンターの入口にあるのは,かなりの老舗と思われる和菓子屋の「鉢の木」。

阿佐ヶ谷駅界隈
 おせん・おかきの小藤屋。

阿佐ヶ谷駅界隈
 元祖・家電安売王「まや商会」。

阿佐ヶ谷駅界隈
 お茶海苔鰹節の松美園。美味そうな乾物が並ぶ。

阿佐ヶ谷駅界隈
 松美園の横から阿佐谷パールセンター商店街を見る。

阿佐ヶ谷駅界隈
 焼きのり,ハンバーグ……歩いていると腹が減ってくる。

阿佐ヶ谷駅界隈
 越後屋呉服店の前から蒲重かまぼこ店のほうを見る。
 とにかく,歴史のありそうな店が元気なのがすばらしい。

阿佐ヶ谷駅界隈
 こんどは蒲重かまぼこ店側から越後屋呉服店のほうを見る。

阿佐ヶ谷駅界隈
 阿佐谷パールセンターはホントに人通りが多くて,歩行者がアップで写らないように商店街の写真を撮るのに苦労する。

阿佐ヶ谷駅界隈
 阿佐谷パールセンターは真っ直ぐではなく,ところどころが曲がっているので,商店街の中での位置が把握しやすく,距離の長さを感じさせない。意図的に曲げているわけではないだろうが……。

阿佐ヶ谷駅界隈
 阿佐ヶ谷駅から500メートルぐらい離れたところだが,人通りは少なくならない。
 阿佐谷パールセンターは阿佐ヶ谷駅南口から南へ延び,青梅街道まで続いている。周辺には杉並区役所のほか,杉並警察署,杉並郵便局,そして丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅があるため,南側にも集客力があるようだ。

阿佐ヶ谷駅界隈
 初美屋はイベント会場になっている。

阿佐ヶ谷駅界隈
 阿佐谷パールセンターのアーケードは三叉路で終わっている。
 阿佐谷パールセンターは三叉路の右側に続いている。三叉路の左側は南阿佐ヶ谷すずらん通り商店街となっている。南阿佐ヶ谷すずらん通り商店街のWebサイトには,この通りが古くは江戸時代から大宮八幡宮や妙法寺への参道として,近年は阿佐ヶ谷駅への近道として賑わったと書かれている。阿佐谷パールセンターも同様に違いない。

阿佐ヶ谷駅界隈
 阿佐谷パールセンターの青梅街道側の入口。

 北風が冷たい。南阿佐ヶ谷駅が近いので,丸ノ内線で東京駅まで出て,東海道線で帰ることにしようっと。

 ── PENTAX K-7 + smc PENTAX-DA★16-50mm F2.8 ED SDM

|

« 帰宅り破魔打つ正月 北久里浜 | トップページ | 粋な和文乞ひ願う 金沢文庫 »

・13 東京23区」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
阿佐ヶ谷行かれたんですね。シャープでキレのある写真と丁寧な解説で楽しく読まさせて頂きました。夜のアーケード街もなかなかいい雰囲気ですね。

駅前の緑の建物は水道工事だったんですね。なんだろうと思っていたのですがこれで謎が解けました。

投稿: けい | 2011年1月19日 (水曜日) 20時48分

阿佐ヶ谷ですねー。
ぼくのライブハウスデヴューがこの町だったような気がしますが、はっきりしない。

投稿: osa | 2011年1月19日 (水曜日) 23時03分

 けいさん,こんにちは。

 駅前の巨大な防音壁,気になりますよねえ。普通の下水道工事であれば,あんなに高い防音壁にする必要はないと思うので,よほど大規模な工事なんでしょう。

 ブログの写真では小さすぎて読めませんが,手元にある写真を拡大してみると「下水道 貯留管」という文字が読み取れます。たぶん,大雨が降ったときに下水道があふれないように,地下に巨大なプールみたいなものを作っているんじゃないかと思います。

投稿: 三日画師 | 2011年1月20日 (木曜日) 10時01分

 osaさん,こんにちは。
 確かにライブハウスや音楽関係の店は多い感じがしました。他の町では「○○○ハウス」は不動産屋ですけど,阿佐ヶ谷ではライブハウスですね。

投稿: 三日画師 | 2011年1月20日 (木曜日) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/50627659

この記事へのトラックバック一覧です: 宝石のような朝がやってきた 阿佐ヶ谷:

« 帰宅り破魔打つ正月 北久里浜 | トップページ | 粋な和文乞ひ願う 金沢文庫 »