« 南武通り商店街の南武ストアーが焼失 | トップページ | 見たか?鳥が飛ぶのを 追浜鷹取雷神社 »

2010年12月18日 (土曜日)

生麦生米生卵……復誦

101218154717edit

生麦生米生卵……復誦


 川崎市の南武ストアーの火事のショックを引きずっていたこともあって,近くのマーケットで,ちゃんと撮っていなかったところを撮っておきたいという気持ちになり,生麦駅前マーケットのある京急線の生麦駅で下車した。

生麦生米生卵復誦
 いつものように腰を上げるのが遅くて,生麦駅を出たときには,すっかり日が傾いてしまっていた。

生麦生米生卵復誦
 生麦駅前(東口)。

生麦生米生卵復誦
 生麦駅(東口)。

生麦生米生卵復誦
 生麦駅前のパチンコ屋の横の路地。

生麦生米生卵復誦

生麦生米生卵復誦
 生麦駅前に戻る。

生麦生米生卵復誦
 日没が近い……。

生麦生米生卵復誦
 生麦駅前マーケットに続く路地。
 右側に新しい建物が建っている。

生麦生米生卵復誦
 以前は,すなっく「くみ」のところにあった『マーケット入口』の看板がなくなっている。すなっく「くみ」も,以前は「八戸」という店だったっけ。

生麦生米生卵復誦
 鍵曲がりを曲がって,生麦駅前マーケットへ。

生麦生米生卵復誦
 肉の上島商店だけが営業中。

生麦生米生卵復誦
 神戸牛のれんがかかる上島商店。

生麦生米生卵復誦
 生麦駅前マーケットの南側の入口。

生麦生米生卵復誦

生麦生米生卵復誦
 生麦駅前マーケットの南側の入口方向を振り返る。

生麦生米生卵復誦
 路地の十字路。

生麦生米生卵復誦
 十字路の角にある炭火やきとり「樽屋」。

生麦生米生卵復誦
 十字路の南側,第一京浜(国道15号線)方向を見る。

生麦生米生卵復誦
 樽屋の路地を北東へ歩く。左側が「ときわ小路」。

生麦生米生卵復誦
 ときわ小路。まだ開いている店はなかった。

生麦生米生卵復誦
 十字路方向を振り返る。あちこちに「速度落とせ」の立て札があり,道路にも「速度落とせ」のペインティングが……。

生麦生米生卵復誦
 十字路に戻る。

生麦生米生卵復誦
 第一京浜(国道15号線)方向へ。居酒屋「田舎門」。同音異字の田舎者は俺のことだな。

生麦生米生卵復誦

生麦生米生卵復誦
 大衆酒場「大番」。

生麦生米生卵復誦
 酒飲み流「生麦道場」。

生麦生米生卵復誦
 第一京浜(国道15号線)が見えてきた。いつもの癖で,自動車が写らないタイミングでシャッターを押したが,ひょっとしたらこの写真では自動車が映り込んでたほうが自然だったかもしれない。

生麦生米生卵復誦
 第一京浜に出たところで,路地を振り返る。
 何の自動販売機か不明だが,なにやら〝近づくなオーラ〟を出していた。

生麦生米生卵復誦
 第一京浜沿いには戦後すぐ(ひょっとしたら戦前?)の建物が残っている。

生麦生米生卵復誦
 第一京浜(国道15号線)の川崎方面を見る。

生麦生米生卵復誦
 第一京浜(国道15号線)の生麦駅入口交差点。日没だ……。

生麦生米生卵復誦
 生麦駅入口交差点に架かる生麦駅前商店街のアーチ。

生麦生米生卵復誦
 歩道の上にアーケードが付いた生麦駅前商店街。路上駐車の車に隠れて,全貌が見えない。

生麦生米生卵復誦
 生麦駅前商店街のアーチを見る。第一京浜の向こう側にはキリンビールの横浜工場(工場見学で有名)がある。

生麦生米生卵復誦
 大衆酒場「トン幸」。店の前に“スクールゾーン”と書いてあるからといって,学生専用ということではない。

生麦生米生卵復誦
 生麦駅前商店街。シャッター通りになっているわけではないが,人通りはちょっと寂しい感じだ。

生麦生米生卵復誦
 中華料理の「自由軒」。

生麦生米生卵復誦
 生麦駅前商店街。

生麦生米生卵復誦
 京急線の踏切。
 このまま電車が来てくれるかと思ったんだが,この写真のすぐ後,カメラの前に踏切待ちの人が立ってしまって……,踏切での撮影ってのは,思うようにならなくて難しいね。

生麦生米生卵復誦
 踏切横の路地を入っていくと,大分県中津風の,からあげ店「楽喰」がある。

生麦生米生卵復誦
 この路地,木の繁りっぷりがすごい。

生麦生米生卵復誦
 生麦駅前商店街に戻る。

生麦生米生卵復誦
 京急線の踏切へ。(低い)高架になっているのは東海道本線の貨物線。

生麦生米生卵復誦
 京急線の下り電車が踏切を通り過ぎる。

生麦生米生卵復誦
 踏切を渡ると,すぐに警報機が鳴り出し,また下り電車が走ってきた。

生麦生米生卵復誦
 東海道線の貨物線を背にして,生麦駅前商店街のアーチを撮る。

生麦生米生卵復誦
 頭がぶつかりそうな感じの東海道線の貨物線。

生麦生米生卵復誦
 貨物線の北西側には長い長い踏切がある。
 東海道本線の鶴見〜子安間は線路の本数(東海道本線・横須賀線・京浜東北線)も,列車の運転本数も多く,長さの長い開かずの踏切が多くあることで知られている。

生麦生米生卵復誦
 遮断機が上がると,たくさんの人が一斉に渡り出す。

生麦生米生卵復誦
 生麦駅前商店街側を振り返る。

生麦生米生卵復誦
 やっと踏切の反対側へ。「踏切内たちどまりきんし 踏切監視中です」の文字が怖い。踏切内でも線路がないところなら安全だと勝手に判断して,立ち止まってしまう人がいるのだろう。

生麦生米生卵復誦
 「踏切確認」「ここは停車禁止」「ここは踏切内です・停止禁止」と,これでもかと言うぐらいに書かれている。遮断機の内側だってことはわかりそうなもんだと思うのだが。
 勝手に大丈夫だと思って立ち止まってしまう人が後を絶たないため,『線路内立ち入りのため緊急停止』につながり,しょっちゅう電車が遅れる原因になったりするのだろう。

生麦生米生卵復誦
 もう寒気がするぐらいの注意書きである。注意書きを出す方も出す方だけど,結局そういう事態をまねいしてしまった利用者(広い意味で「国民」ってこと)の問題だよね。

生麦生米生卵復誦
 果物が並ぶ岸谷フーズ。踏切の西側は岸谷商店街となっている。

生麦生米生卵復誦
 街路灯には岸谷商栄会と書かれている。

生麦生米生卵復誦
 根本乾物店という文字のレリーフが残るスーパーネモト。

生麦生米生卵復誦
 この細い路地に岸谷商店街が続いている。サトミ靴店では閉店売りつくしセール中。

生麦生米生卵復誦
 やきとり津軽。

生麦生米生卵復誦
 日中は日差しがぽかぽかしていたが,日没後は急に寒くなり,風が強くなってきた。「好きですこの街……」の旗がばたばた揺れていた。

生麦生米生卵復誦

生麦生米生卵復誦
 暗くなってしまい店名が読み取れないが,通りかかる人の多くが店に立ち寄っていた。

生麦生米生卵復誦

生麦生米生卵復誦
 岸谷商店街の岡田陶器店。

生麦生米生卵復誦
 フルーツショップ千日屋。

生麦生米生卵復誦
 調子に乗って薄着で出てきたので,寒くなってきてしまった。

生麦生米生卵復誦
 以前岸谷商店街に来たときと,同じような写真を撮ってしまったようだ。

生麦生米生卵復誦
 生麦駅方向に引き返す。

生麦生米生卵復誦
 左がサトミ靴店。

生麦生米生卵復誦
 サトミ靴店の売りつくしセールの旗が揺れる。寂しい感じだね。

生麦生米生卵復誦
 杉山神社の参道の入口付近。

生麦生米生卵復誦

生麦生米生卵復誦
 両側にアーケードが付いた踏切近くの岸谷商店街に戻ってきた。

生麦生米生卵復誦
 左側の跨線橋を渡れば生麦駅だが,もう一度踏切を味わってから……。

生麦生米生卵復誦
 生麦駅へ。

 ── Nikon D3 + AF NIKKOR 20-35mm F2.8D

【参考】
2007年7月21日 (土曜日):生麦生米生卵

|

« 南武通り商店街の南武ストアーが焼失 | トップページ | 見たか?鳥が飛ぶのを 追浜鷹取雷神社 »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しみに見てます。
商店街フリークです。

さて川崎大師の近くに昭和通り商店街というレトロな
商店街がありますが、その中心は公設市場タイプ
の味わい深い昭和マーケットという物件があります。

ご存知とは思いますが、念のため。

投稿: 商店街フリーク | 2010年12月20日 (月曜日) 21時06分

 コメントありがとうございます。

 昭和マーケット……行ってみたいんですよねぇ。何年前だったか,川崎大師から東門前駅まで歩いたときがチャンスだったんですけど,事前にチェックしてなかったので見のがしてしまいました。

 のど飴を買いに行くついでにでも,立ち寄ってみたいと思います。飴を切る包丁の音を聞けば,元気が出てきそうな気もしますし。

投稿: 三日画師 | 2010年12月20日 (月曜日) 22時19分

ずいぶん濃い色ですね。ノスタルジア。色が濃くてよけいに寒さが伝わってきます。

投稿: osa | 2010年12月21日 (火曜日) 00時07分

 なんか色が濃いですよね。パソコンに表示させてみて、初めて気づきました。

 先週の磯子・滝頭を撮り歩いたときまでは,カメラの設定でアクティブDライティングの設定を「強め」に設定して,白飛び・黒つぶれを抑えていたんですが,晴れた日だと青い空と建物の境界部分が不自然な感じになるので,アクティブDライティングは「標準」に戻して撮りました。

 カメラの設定はそこしか変えてなくて,あとは「スタンダード(ニコンの場合,スタンダードだともともと色が派手目ではあるんですが)」のままです。でも,色が濃いですね。ちょっと不満があるので,次回はまたいじってみようかと思います(ずぼらすぎるのがマズいのかも)。

投稿: 三日画師 | 2010年12月21日 (火曜日) 02時00分

目黒本町にある平和通り商店街の
二葉フードセンターってご存知ですか?

昭和レトロな建物に複数の肉屋、八百屋、魚屋が
ひしめくパワフルな共同市場です。

首都圏ではオススメの逸品です。

投稿: 商店街フリーク | 2010年12月21日 (火曜日) 19時19分

 目黒本町の二葉フードセンターですか,メモしておきますね。

 以前は結構頻繁に,目黒本町にある三宝カメラに,中古カメラ・レンズをあさりに行ってたんですが,五反田 or 世田谷区役所からバスに乗って,ピンポイントでカメラ屋の前まで行ってしまったので,沿線の商店街(バスは武蔵小山あたりも通りますし)にはとても興味があったんですけど,未訪問です。
 なんだか,久しぶりに行ってみたくなって,むずむずしてきました。

投稿: 三日画師 | 2010年12月22日 (水曜日) 00時12分

生麦の駅前通り商友会は、規模の小さな商店街ですが、殊に飲食に関して個性的な店が多いですよね。私も、あの中津の唐揚げ屋さんは好きで、時々電車で買いに行きます。

三日画師さんは、子安台の岸谷生麦線と首都高速横浜環状北線のトンネル工事現場はご覧になりましたか?

子安台の高台の山頂から大きく斜面を掘りぬいて、露天掘り鉱山かと見紛う様な壮大な工事現場になっています。今なら、子安台公園の敷地から真下の工事現場を見下ろす事が出来ますよ。

しかしながら、この2本の道路の整備に合わせ、産業道路と第一京浜の合流点である大黒町入口交差点付近を中心に、各幹線道路の大規模な拡幅工事が、一気に進展する可能性が大です。

そうなると、第一京浜沿いに建つ、写真にも写っていた古い民家や中華店「大連你好」の建物、銭湯「朝日湯」等の老舗も軒並み立ち退きとなってしまいそうです。

鶴見線の名物駅・国道駅の古風なコンクリートアーチ構造物も、国道工事の為に一部が改修の対象となってしまいそうです。

昨年暮れ、隣駅(花月園前)最寄りの花月園競輪場が廃止となり、隣接するJFEの巨大社宅建築群も解体が決まって、既に住人が立ち退いているようです。生麦駅周辺の景観は、今後数年以内に大規模に変わっていってしまいそうなので、三日画師さんのこのブログは、貴重な記録になるのでは、と思っております。

投稿: もりあき | 2010年12月24日 (金曜日) 00時01分

 もりあきさん,コメントありがとうございます。

 朝日湯……忘れてました。前回のブログを書いたときに,地図を見て銭湯があることに気づいて,次は行ってみようと思ったんですが,その後すっかり忘れていました。大黒町入口交差点まで行っておいて,思い出せないとは,もうろくが始まってる感じです(笑)

 第一京浜の拡幅計画もあるんですね。朝日湯も,国道駅近くの千代の湯も引っかかってくるし,そうなると,いろいろ気になってきます。

 岸谷生麦線と首都高速横浜環状北線の工事については,トンネル主体だと思ってましたので,あまり気にとめていませんでした。そんなに大規模な開削工事とは,かなり気になります。注目は子安台公園ですね。メモしておきますね。

投稿: 三日画師 | 2010年12月24日 (金曜日) 02時05分

活気のある商店街の中を歩くのは楽しいです。昔、従姉妹が京急蒲田に住んでいたのですが、京急線の駅の周辺の雰囲気って独特ですよね。商店街や、住宅に溶け込んでいるというか。たいていの駅は広いロ−タリ-があって、いかにも駅という感じがするのですけど。あ、ちなみに京急線の『ドレミファインバ−タ-』(電車が発車する際にドレミファソラシド...noteを聞くたびに埼玉からはるばる、海の近い暖かい場所に来たんだなあ、と感じてしまいます。(埼玉から見ると横浜近辺は暖かい気候というイメ-ジがあるもので)

投稿: ひろやん | 2011年11月13日 (日曜日) 00時47分

 京急線の沿線は,駅前広場がなく,いきなり商店街に接しているような,そんな雰囲気の駅が多いですよね。

 埼玉と神奈川の気温の差は,状態によって大きく変わりますね。今晩は,驚くことに横浜は南から暖かい風が吹き込んで,夕方になってから気温が上がり,午後8時過ぎには20.0℃,日付が変わる頃まで19℃を超えてましたが,埼玉は南部でも12℃ぐらいで,暖かい南風が届いていない感じでした。

投稿: 三日画師 | 2011年12月 4日 (日曜日) 03時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/50342786

この記事へのトラックバック一覧です: 生麦生米生卵……復誦:

« 南武通り商店街の南武ストアーが焼失 | トップページ | 見たか?鳥が飛ぶのを 追浜鷹取雷神社 »