« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の5件の記事

2010年8月28日 (土曜日)

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町

100828161952edit

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町


 めちゃめちゃ暑いので,自宅で音楽を聴きながら過ごそうかと思っていたが,病院の予約をしていたことを思い出し,あわてて外出。ついでに,久しぶりに街の写真を撮って歩くことにした。

 さて,どの駅で降りようかという気持ちと,エアコンの効いた京急線の電車から降りたくない気持ちが入り交じる……。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 久しく降りた記憶のない大森町駅で下車。上り線ホームは高架駅に切り替わっていて,最近降りたことがあったかどうかの記憶と照合もできない。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 大森町駅南側の京急線の踏切。下り線はまだ地上を走っている。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 大森町駅の東側から駅を振り返る。工事中の建物も多く,高架化が完了した頃には風景がガラッと変わりそうだ。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 大森町商店街。商店街のすぐ東側が,第一京浜(国道15号線)の大森町駅入口交差点になっている。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 大田区の事業用地。最近流行のパワースポットか? アホな……。でも,パワースポットの力を信じちゃったりする人って,もう何かを「信じたい」あまりに,つかむモノは「藁」でも「(笑)」でも,何でもいいんだろうな(笑)。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 いわゆる昭和の町並みが少しだけ残っている。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 珍しく縦位置でも撮る。

 これでも,フィルム時代は縦位置写真のほうが多いぐらいだったのだ。デジカメを使うようになって,撮った写真をパソコンで見るようになると,水平が出ていないのがすぐに分かる。昔からのクセで,縦位置で撮った写真はどうしても傾くことが多くて(バブルを経験した世代なので,どうしても右肩上がりになってしまうようだ……),徐々に縦位置の写真が減ってきたのだと思う。
 ズームレンズを使う機会が増えたのも,縦位置の写真が減った理由のひとつ。細い路地だと,すぐに縦位置に構えてしまうクセは,いまだに残っている。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 大森町駅入口交差点。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 大森町駅の西側へ。
 1時間無料の駐輪場のまわりに,溢れんばかりの不法駐輪。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 大森町駅の西側から駅を振り返る。
 大森町駅の西には駅に沿って商店街になっていた記憶があったが,現在は道路拡幅工事中で跡形もなくなっているようだ(記憶違いかもしれない)。道路拡幅というよりは,大森町駅前広場のような形になるのかもしれないが,周辺に広い道路がない中で,ここだけ広げても仕方がないんじゃないか……という気がした。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 ちょうど西日が正面になってしまい,商店街の写真を撮るには厳しい条件……。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 大森町商店街。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 北側に真っ直ぐ延びる路地。左側が大東京信用組合大森支店。その向かい側の建物には,うっすらと鳴島食糧販賣所の文字が見える。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 大東京信用組合の横を真っ直ぐ北に延びる路地。暑くなかったらもう少し先まで歩いてみたい気もしたが,あまり商店街風じゃなかったので,このへんで引き返す(地図を見れば,ほとんど歩いていないことがバレバレ)。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 大森町商店街に戻る。こうして「大森町商店街」と書いているが,正式な名称があるのかどうかは不明。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 あまり動き回りたくないという気分が,写真からにじみ出てくる。というか,同じ場所で何枚も写真を撮っている。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 花屋さんは涼しげでいいね。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 サミットストアの前。このスーパー「サミットストア」が商店街の核店舗になっているようだ。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 ドラッグストア「スマイル」,左側は「なんぶや新鮮市場」。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 なんぶや新鮮市場。
 地図を見てもらえば分かるように,大森町駅からほとんど歩いていない。いや,暑い日はあんまり歩き回らないほうが良いのだ。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 魚政。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 美容院千恵,そば満る賀。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 まだまだ西側に商店街が続いている。商店が密集している商店街ではないが,それほど粗でも無い状態で続いているので,駅に引き返す決心がなかなかできない。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 田中鋼鐵店の前。ここも生鮮食料品で賑わっている。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 大森町駅商店街。はるか西へも商店街が続いているようだ。が,きりがないのでそろそろ引き返そうっと。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 駅方向に引き返す。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 総菜のできあがりを待つ犬。忍耐強い犬なので,10年でも20年でも待つだろう。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 またしても田中鉄鋼店の前へ。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 ここ大森町商店街に限らないが,商店街を走る自転車に対するルール作り,環境作りができたら,これからの商店街の未来も見えてくるような気がする。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 この楽しそうな自転車を悪者にしてしまうのはもったいない。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 大森町駅前。自転車は道路に気楽に停められるのがメリットなのだが,無秩序に停めると不法駐輪が際限なく広がってしまう。なんとか上手い方法がまとめあがるといいね。

海苔弁当の大盛り待ちます 大森町
 大森町駅の上り線専用の改札口。上大岡駅方向の電車に乗るために,うっかりこの改札口を入ってしまった。暑かったので,頭の中が朦朧としていたからかもしれない。さて,どっかに立ち寄ってから帰宅することにでもしようかな。

 ── RICOH GR DIGITAL II

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木曜日)

しぶとく生きる 大船も俺も

100826165519edit

しぶとく生きる 大船も俺も


 痛風の連続と同時にヒザを痛めたことで,長らく動けず,写真を撮ったりする余裕もない日々が続いた。

 このままブログを放置しておくと,うっかり150歳まで放置されることになったり,心配した人(いねーよ)が自宅を訪問してきたりしかねないので,晩飯を食いに大船の石狩亭に行く途中の写真を貼り付けることにする。

しぶとく生きてます大船
 大船駅の東口の階段。上りエスカレータはあるが,下りには無い。ヒザが痛いときには,これが結構キツいんだわ。

しぶとく生きてます大船
 大船駅東口前の横断歩道。過去,何度もこのブログに貼り付けているので,もういいよという声も聞こえてきそう。
 クルマが通っているときの写真は絵にならないし,人が渡っているときの写真も,人の配置がなかなか思ったとおりにならないので,気に入ったが写真になるまで今後も同じところの写真を掲載するかもしれない。
 蛇足だが,フォーカスロックしたあとのシャッタータイムラグは,デジタル一眼レフなんかよりもほとんどのコンパクトデジカメのほうが圧倒的に短いので,人の配置に合わせてシャッターを押して狙った瞬間を取るのには,コンパクトデジカメのほうが向いている,と言うことを強調したい。

しぶとく生きてます大船
 同じ横断歩道を立ち位置を変えて撮影。右側のビルが大船駅ビル「ルミネ」。

しぶとく生きてます大船
 大船駅前から仲通商店街に続くメインストリート……細いけど。いや,ここが細くて,(時間帯によって)車が通れないのが商店街にとっては良いことだと思うんだけどね。

しぶとく生きてます大船
 大船駅の東側に駅に沿って南北に延びる県道。ここは狭いけど車の通行量が(そこそこ)多い。

しぶとく生きてます大船
 右側の2店舗は,少し前までコーヒーのOZとコロラドがあったところだが,店が様変わりしている。左の千里飯店は大船の老舗だな。

しぶとく生きてます大船
 大船駅笠間口前の大東橋交差点。

しぶとく生きてます大船
 大東橋交差点から大船駅東口のルミネ方向を見る。
 右端が愛用の石狩亭。石狩亭の人には申し訳ないが,上大岡の味楽のように行列店にならないでほしいと,切に願っている。

しぶとく生きてます大船
 大東橋の横が大船駅の根岸線(京浜東北線)ホームになっている。停まっているのは横浜線直通の電車かな。

しぶとく生きてます大船
 大東橋の横にある大船駅笠間口。新しくできたばかりの出入り口なので,下りエスカレーターも設置されている。ヒザが痛い人にはお奨め!

# 体調が悪かったりすると,文章まで愚痴っぽかったり,つまらなかったりして,いかんね。

 ── SONY Cyber-shot DSC-HX5V

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土曜日)

横須賀の三春町 京急堀ノ内

100814161420edit

横須賀の三春町 京急堀ノ内


 結局,今年の盆も福島の三春町には帰省しなかった。もう何年も墓参り戻っていない,大バカ・親不孝者である。
 代わりに,横須賀市にある三春町を歩いてみた。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 京急の堀ノ内駅で下車する。
 この堀ノ内駅周辺から,隣の県立大学駅周辺の安浦町にかけてが,横須賀市三春町である。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 三春町三丁目にある堀ノ内駅。余談であるが,以前歩いた安浦町の東側の三春町に,変人元小泉首相のウチがある。
 福島県三春町出身の私としては,当然この横須賀市三春町の地名の由来を知りたい。で,Webをさらっと探してみたのだが,それらしい情報が得られない。図書館ででも調べないと無理かな。

 とりあえずわかったことは,明治9年に町制を施行したときの横須賀町(15町……元町,山王町,谷町,汐留町,大滝町,汐留新道,若松町,汐入町,稲岡町,湊町,楠ヶ浦町,旭町,泊り町,諏訪町,坂本町)には,三春町,安浦町は含まれておらず,そのエリアは,どうやら豊島村(公郷村,深田村,中里村,佐野村,不入斗村)に入っているようだということ。

 公郷村,佐野村,不入斗村は,現在の地名や学校名を見る限りでは,三春町のエリアではないことからすると,深田村か中里村だということになる。
 さて,ここからどういう由来で三春町が誕生したのだろうか。

 ちなみに,わが故郷の三春町は,明治11年の町村制施行時に三春城下六町(北町,大町,荒町,中町,八幡町,新町)で三春町となっており,歴史的には横須賀市の三春町よりもはるかに古い歴史を持っている(キリッ!)。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 駅の前に入ってきた立野団地行きのバス。停まっている車がジャマだったのか,それともいつもこのようにしているのか,前進後進を繰り返して駅前に停車した。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 駅周辺の堀ノ内商店街を歩くと,富乃湯と人気の八百屋さんがある。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 左は大津屋。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 堀ノ内商店街。商店街とは言っても,すっかり商店街の機能は薄れてしまっている。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 今日は午後から完全な曇り空になってしまっても気温が30度を超え,南からの風が非常に強く,湿度も異常なほどに高くて,気持ち悪いぐらいに蒸し暑い一日だった。
 暑さに弱い私は,もうこのへんで退散したくなってしまった。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 もともとは商店が建ち並んでいたようには見えるが,いまは夢の跡……である。
 左側は「ニート薬局」。20年前なら,ニートは「イカしてる。カッコいい」言葉だったのだ。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 ニート薬局の前から西側を見る。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 地図を見ると国道134号線となっているが,ここが国道134号線なのか国道16号線なのかはよくわからない。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 町を歩いていて,ちょっと不安を感じていたが,道路のマークを見て安心。「歩行者優先」だ。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 さすがに歩行者優先のまちづくりがなされている。自転車も押して上れるスロープが付いた歩道橋を,はるばると歩かないと,道路の向こう側には渡れないようになっている。面倒だから横断歩道を探したのだが,私の視力の届く範囲に横断歩道は見つけられなかった。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 歩行者最優先の歩道橋を渡る。風が強いのに,汗が噴き出してTシャツがべたべたになるし,曇ってて海が綺麗に見えない。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 このように,国道16号線の交通量はクルマが数珠つなぎになるほど多いため,安全のためには歩道橋が必要なのだ。歩行者優先だから仕方がない。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 交通量の多い国道16号線から平成町のほうに分岐する道路。ここも横断歩道橋で越えることになる。
 横須賀市は町中にオブジェを作るのが得意らしく,公衆トイレかと思うとそうではないオブジェも道路際に設けられている。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 人がぽつぽつと集まってきている海浜つり公園へ。公園の入口にはたくさんの注意書きと,今日の釣果報告書投入口,釣果の集計結果報告などが掲示され,全部読んでいると30分ぐらいかかってしまいそうで,なかなか海浜つり公園の中へは入れない。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 さて,海浜つり公園に入る。公園に入ってからも,もう注意書きのオンパレード。注意書きが貼れそうなところには,ことごとく注意書きが貼ってある。学校で学び忘れたマナーやモラルを,もう一度ここで勉強しましょうってことだろう。素晴らしい。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 横須賀市が得意なオブジェ。風が強く,たくさんの鳩が風下で静かに風が収まるのを待っていた。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 肝心の海浜つり公園。たくさんの人が今晩の晩飯を買い物中。釣れないと「今晩はメシ抜きだからね!」とつれなくされることになる。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 フラフープや縄跳び,日傘を自由に使っていいことになっている。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 暑さと湿気のある強風を浴び続けて,ふかし芋になりそうだったので,そろそろ引き返すことにする。
 再び歩道橋。やっぱりクルマの交通量が非常に多いので(数え切れないほどのクルマが走っている),歩行者優先のためには歩道橋を渡らなければならないようだ。
 この歩道橋には港を表現したオブジェがところどころに設けられていて,金が掛かっているようにもみえ,それ以外のアルミ合金製の外観が異常に安っぽいようにも見え,見ているとうなされそうな外観だった。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 大津屋の前の交差点。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 大津屋の前の交差点。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 京急堀ノ内に戻った。駅前では「リヴィンシャトルバス」が発車を待っていた。平成町の商業施設 LIVIN までを循環するバスらしい。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 堀ノ内駅前。ちょっとしたスナック・飲食店が並んでいる。

京急堀ノ内・横須賀市三春町
 堀ノ内駅前。

「体力の限界!……気力もなくなり,帰宅することになりました」

 ── PENTAX K-7 + smc PENTAX-DA★16-50mm F2.8 ED SDM

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土曜日)

侘び住まいお帰り! 舞岡公園

100807163611edit

侘び住まいお帰り! 舞岡公園


 記念すべき1000件目のブログ更新。にもかかわらず,相変わらずのダジャレタイトル。まぁ,マイペースが一番。

 先日,舞岡公園の話が出たので,久しぶりにポタリングしてきた。いろいろあって,写真はあまり気合いが入っていないかもしれない。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 ひまわりの写真を撮ってたら,子供が走り寄ってきた。この次の一コマ……写真としては良いけど,やっぱりブログにはアップできないだろうなぁ。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 さくらなみ池が見えてきた。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 のんびり散歩する人も多い。あっ,でもこのエリアはペットの持ち込み禁止じゃなかったかな。

# 調べてみたら,園内の自然保護区は,人が関わることのできない野生の動植物だけの庭ということで,ペットの立ち入りは禁止,昆虫採集も禁止だな。特に,ペットの持ち込み禁止は入口に大きく書かれているので,気づかないはずないんだけどな。自然の生態系バランスを保持することが,舞岡公園のテーマなのに。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 さくらなみ池に到着。周辺の谷戸田で利用するため池だ。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 普段は街並みばかり撮っているので,なかなかうまい具合には撮れない。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 さくらなみ池の端っこ。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 さくらなみ池の定番,ザリガニ釣り。舞岡公園の池での生物の採集は禁止されてるけど,アメリカザリガニは外来生物だから許容範囲かな。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 うち(上永谷)の近所ではほとんど耳にすることのないヒグラシが盛んに鳴いているので感動。今年初めてツクツクボウシも聞いた。シオカラトンボもオニヤンマも飛んでいるし,それだけでワクワクしてくる。やっぱり夏はこうでなくっちゃ。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 DA☆レンズにしてはあまり評判の良いレンズとはいえないDA☆16-50mm F2.8レンズだけど,こういうシーンでも安心して使えるのは,やっぱり基本性能がしっかりしているからだね。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 あれっ,撮影順番が多少前後しているかも。気にしない,気にしない。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 ありがちな,こんなシーンも撮ってみた。ちょっといまいちかな。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 やっぱりここの谷戸田は素晴らしい。米の作柄があまり良くない感じに見えたけど,なぜだろう。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 谷戸田の大部分にはネットが掛けられていた。スズメが少なくなった現在は,何が一番の敵なんだろう。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 田んぼの横の水路。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 撮ってはみたものの,これは失敗だな。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 マムシに注意の看板をあちこちで見かけた。
 久しぶりにマムシを見てみたい気もしたが,子供の頃にマムシをいじめたことを見透かされたか,マムシが出てくることはなかった。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 谷戸田の最上流にある大原おき池。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 やっぱり田んぼは落ち着くなぁ。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 住宅地の中にこういう公園が残っているのは素晴らしいね。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 ほ場整備された田んぼじゃなくて,昔のままの田んぼだからねぇ……。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 手書きの掲示板。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 大原おき池。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 舞岡地区に続く電信柱は木製のままだ。裸電球はさすがに現役ではなくなっている。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 百合の花が香る。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 日が低くなって谷戸田が日陰になったので,丘陵の西側へ。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 まだまだ畑が残っている。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 夕陽。

侘び住まいお帰り! 舞岡公園
 ここに来るまでの細道には照明設備が無いので,暗くて迷う前に戻ることにする。

 ── PENTAX K-7 + smc PENTAX-DA★16-50mm F2.8 ED SDM

| | コメント (2) | トラックバック (0)

記憶の断片 三春

 久しぶりに「1996年8月 我が故郷 三春町の写真」を見て,とても懐かしく感じた。7-8年も帰省してないからだ。
 というわけで,2000年前後に帰省した際に撮った写真をアップしてみた。子供の頃によく遊んだ,田村高校や三春中学校の周辺の写真で,個人的に強い思い入れがあるだけで,文章も写真も面白いわけではないので悪しからず。画質も良くない。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 三春病院のところから田村高校の陸上グラウンドを俯瞰する。日向町・北向町の家並みと,三春中学校の体育館(ドーム型の屋根)が見える。昔はグラウンドの手前側で田村高校の野球部が練習をしていた。
 グラウンドの真ん中は草っ原になっていて,トノサマバッタやショウリョウバッタがうじゃうじゃいたっけ。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 1枚目の写真に写ったグラウンドの右側に,「松林」と呼んでいた岩場があって,絶好の遊び場になっていた。松の木は木登りがしやすいし,岩場を使ったかくれんぼも楽しかった。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 松林の真ん中には放送設備用の小さなタワーが建っていた。昔から真っ赤に錆びていて,当然のように登って遊んだりするわけだが,松の木と違って,登っているのを見つかると怖いオジサン(田村高校の先生?)が飛んでくるのだった。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 松の木の根っこ。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 松林の間の坂を登ると,田村高校の校舎がある。
 この写真の左上が卓球場になっていて,よく忍び込んで卓球して遊んだものだった。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 グラウンドの横にある岩場。子供たちが遊ぶには十分な急角度を持っていた。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 陸上グラウンドの西端。野球部のグラウンドが校舎の裏側にできたので,現在は陸上部専用グラウンドになっているようだが,昔は東側で野球部が練習をしていて,僕たちはこの西端でいつもソフトボールをして遊んでいた。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 田村高校のグラウンドから三春中学校に向かって続く,細い路地を下る。日向町。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 日向町の路地。三春中学校の校舎と体育館をつなぐ渡り廊下が見える。
 ここらへんでもよく遊んだ。昔は側溝に蓋がなくて,(あまり綺麗ではない)小川が流れていた。ここではドジョウがたくさんとれたっけ。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 三春中学校の体育館への渡り廊下。正面が体育館。
 周辺住民の生活道路と中学校の渡り廊下が交差していた。都会の学校のように,敷地がくっきり区切られているわけではなく,学校の中を住民が歩くのは普通のことだった。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 三春中学校の自転車置き場と校舎。裏側の校舎は山の傾斜部に建っていて2階建てだった。このあたりも,子供の頃の遊び場だった。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 中学校の本校舎。左側に体育館がある。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 同じ位置から後ろを振り返る。体育館は雨漏りがするということで改修工事の真っ最中だった。その後,体育館は新しく建て替えられている。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 野球部のバックネットの方向を見下ろす。昔はバックネットがもう少し後ろにあり,先生方の車が通るたびに,野球部の練習がストップしていた。ちなみに,僕は野球部だった。
 子供の頃からこのグラウンドでソフトボール(野球ではなくソフトボールだった)をして遊んでいて,体育館や校舎のガラスを割ったりして,職員室に謝りに行ったので,中学に入学する前から職員室の場所はわかっていた。
 中学生の軟式野球だと,セカンドの守備位置のすぐ後ろに校舎があるという狭いグラウンド(レフト側はそこそこ広かった)だったが,フリーバッティングでもガラスを割る打球を撃つ選手が少ない,弱小チームだった。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 校舎の前にある水飲み場。夏,野球の練習が終わった後に,たらふく飲む水が美味かったのを覚えている。足を洗えるようにもなっていて,これがまた気持ちいいんだ。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 三春中自慢の体育館。できた当時は東北一とか言われていたそうだが,老朽化がひどく,最近新しい体育館に建て替えられたようだ。
 昔,僕がピッチング練習をしたブルペン(思い出の場所)には雲梯が作られている。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 三春中のグラウンド越しに見る渋池・荒町の町並み。
 昔はフェンスがボロボロで,下の方にはたくさんの穴が開いていて,すぐにボールが抜けてしまい,スパイクの音をカチャカチャ立てて渋池の商店街に降りていって,ボール探しすることも多かった。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 バックネットの裏側から校舎を見る。
 グラウンドの周辺に沿ってドブが流れていて,ここに落ちたボールを拾うのが嫌でしょうがなかった。すぐに拾わないとドンドン流れて,暗渠の中に吸い込まれていってしまうのだ。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 磐越東線の踏切の写真。中学校の横の小浜海道を走ると,ここに出る。たぶん三春中で運動部に所属していた人は,ここを通って六斗蒔のほうに走らされたことと思う。今はこの踏切の下にあった浄水場跡に,三春中のプールができたらしい。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 中学校横の小浜海道の坂道。磐越東線の踏切を越えてランニングした後,このへんまで戻ってくるとホッとするところだ。
 現在は二本松市と合併した旧岩代町の中心の小浜町に続く街道なので「小浜街道」だと思っていたのだが,正確には「小浜海道(おばまかいどう)」。耳慣れた地名なので不思議に思わなかったが,なぜ海道なのかはよくわからない。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 突然,三春駅の写真。1999年1月,帰省していた三春から帰るときの写真。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 舞木駅。三春駅を出たときには晴れていたが,隣の舞木駅は冬景色だった。昔は2面2線の対向式ホームとして使われていたが,今は1面しか使われていないようだ。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 2002年1月の北向町・日向町の切り通し。田村高校に通学した人は見覚えのある坂だと思う。

1997年98年99年2002年,我が故郷 三春の想い出
 坂の下のほうを振り返る。右側には三春中学校がある。
 大きな屋根は龍穏院。

【参考】
2009年3月12日 (木曜日):1996年8月 我が故郷 三春町の写真

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »