« 絶やす麗らかさ 京急安浦 | トップページ | 白魚おいそれとは撮れず……大磯 »

2010年7月 3日 (土曜日)

思ひ移る御心 鶴見

100703161408edit

思ひ移る御心 横浜市鶴見


 JR鶴見駅東口の駅ビル「カミン」の取り壊しが始まっており,数年後には新しい駅ビル(現在よりもやや小規模)になるらしい。
 いつものように,スピードで有名な京急線の普通列車(各駅停車)に乗り,京急鶴見駅で下車した。

思ひ移る御心 鶴見
 京急鶴見駅の上りホームから見たJR鶴見駅東口方向。正面のビルがJRの駅ビル「カミン」である。

思ひ移る御心 鶴見
 京急鶴見駅はカーブ上に設けられているため,列車が傾いて停車する。乗り降りする人は注意すべし。

思ひ移る御心 鶴見
 京急鶴見駅の階段から駅前を見る。
 左側(駅の南側)には広大に空き地が開いていたが,そこに高層ビルが建築中だ。駅前をダンプカーが通過するため,整理員が常駐しているが,何と横断歩道のところに車を停めて買い物に行ってしまうような御仁もいるため(ダンプカーが通れない),整理員の方は苦労なさっているようだ。

思ひ移る御心 鶴見
 川崎市バスや川崎臨港バスが頻繁に乗り入れている。

思ひ移る御心 鶴見
 ゆったりと作られたバスターミナル。

思ひ移る御心 鶴見
 京急鶴見駅の北側の横断歩道上から南側を見る。
 左側が京急鶴見駅。正面に聳えるのが,ロイヤルタワー横濱鶴見。推測では,この「ロイヤル」は王室とは関係ないようだ。

思ひ移る御心 鶴見
 京急鶴見駅から続く階段を下りると,緑の多いバス乗り場(兼JR鶴見駅への通路)になっている。

思ひ移る御心 鶴見
 振り返ると,京急線の電車が京急蒲田方面に走り去るところだった。

思ひ移る御心 鶴見
 バスの時刻をちゃんと確かめたわけではないが,各方面にそこそこの頻度でバスが運転されているように見えた。

思ひ移る御心 鶴見
 バス乗り場への階段を下りずに,京急線に沿った横断歩道へ。そこから旧東海道を見下ろす。ビルが多く,古くから発達した町だということはわかるが,商業的な賑わいは見られない。

思ひ移る御心 鶴見
 鶴見のような賑やかな町の旧東海道でも,何かが一歩間違ってしまうと,賑わいがあっという間になくなってしまうのだろう。

思ひ移る御心 鶴見
 東海道を見下ろした歩道橋から,京急鶴見駅方向を振り返る。

思ひ移る御心 鶴見

思ひ移る御心 鶴見
 緑の多いバス乗り場,兼駅前通路を通ってJR鶴見駅へ。

思ひ移る御心 鶴見
 途中に何やらオブジェが置いてある。

思ひ移る御心 鶴見
 この日は梅雨空で,蒸し暑い中,ときおり小雨がぱらつくような天気だったが,夏のような日差しが強いときには,これだけ木立が茂っているとだいぶ楽になると思う。

思ひ移る御心 鶴見
 来週7月11日日曜が投票日ということで,参議院議員選挙が行われている。

思ひ移る御心 鶴見

思ひ移る御心 鶴見
 横にあった説明を読んだところ,これは獅子頭供用栓(英国製)らしい。横浜市が引いた日本で初めての近代水道の名残だという。

思ひ移る御心 鶴見
 近くで見ると,やはり駅ビル「カミン」の老朽化は進んでいるようだ。

思ひ移る御心 鶴見
 正面から「カミン」を見る。かつてはこの正面にメインの出入り口があった……はず。

思ひ移る御心 鶴見
 カメラを右側に少し振る。現在の出入り口が見える。

思ひ移る御心 鶴見
 駅前のタクシープール。小雨が降ったりやんだりしていたため,乗客待ちのタクシーはどんどん流れていた。

思ひ移る御心 鶴見
 JR鶴見駅の出入り口付近からロイヤルタワー横濱鶴見を見る。ここは駅に近くて便利だが,東海道線・横須賀線の電車が停まらないのはマイナスポイントかな。

思ひ移る御心 鶴見
 JR鶴見駅の出入り口を正面から見る。撮り方がマズくて,ビルが低く見えるようになってしまった。

思ひ移る御心 鶴見
 JR鶴見駅出入り口前のタクシー乗り場。

思ひ移る御心 鶴見
 タクシープールの先に雑居ビルが並ぶ。

思ひ移る御心 鶴見
 JR鶴見駅に入ったところから駅前を見る。

思ひ移る御心 鶴見
 JR鶴見駅「カミン」の階段。「降り DOWN」というのは珍しいかも。

思ひ移る御心 鶴見
 JR鶴見駅の東改札口。

思ひ移る御心 鶴見
 JR鶴見駅の北側にある自由通路を通って,西口へ。

思ひ移る御心 鶴見
 JR鶴見駅西口の駅ビル「ミナール」。意味はよくわからない。

思ひ移る御心 鶴見
 西友が入ったフーガ1とフーガ2が空中通路でつながっている。

思ひ移る御心 鶴見
 歴史を感じさせる京急ストアの建物。鶴見線の駅と一体化している。

思ひ移る御心 鶴見
 鶴見駅に鶴見線の電車が入ってきた。
 この日使っていたSONY Cyber-shot DSC-HX5Vのズーム機能があまりにひどくて,細かな画角の調整が上手く行かないうちに電車が来てしまった。

思ひ移る御心 鶴見
 JR鶴見駅西口のバスロータリーの南側。

思ひ移る御心 鶴見
 JR鶴見駅西口のバスロータリー。
 この後,近くにあるレアールつくの商店街でも歩いてみようと思っていたのだが,雨の粒が大きくなってきて,シャツがぐしょ濡れになってきたので,今日はこのあたりで退散することにする。

思ひ移る御心 鶴見
 鶴見線の電車が発車して行くところを撮影。

思ひ移る御心 鶴見
 JR鶴見駅西口のバスロータリー。何やら工事が始まっているので,もっと便利になるのかもしれない。

思ひ移る御心 鶴見
 JR鶴見駅西口に戻る。傘を差さないと大変なことになってきた。でも,私は既に蒸し暑さで汗だくになっているので,多少濡れてもあまり変化がないかもしれない。

思ひ移る御心 鶴見
 JR鶴見駅東口を出る。

思ひ移る御心 鶴見
 JR鶴見駅東口の「カミン」。既に内部へは入れないようになっている。

思ひ移る御心 鶴見
 JR鶴見駅東口のバスロータリー。

思ひ移る御心 鶴見
 ロイヤルタワー横濱鶴見の看板。鶴見天空創世……格好いいんだか,悪いんだか。私はかなり赤面。

思ひ移る御心 鶴見
 バスが到着すると,たくさんの人が駅を目指して歩いていく。

 傘を差さずに撮影していたことと関係があるのか,無いのか,よくわからないが,久しぶりにデジカメの「フリーズ」ってのを経験した。どうやっても動かず,強制的にバッテリを抜くことで回復した。
 デジカメのフリーズ経験は,たぶんコニカミノルタのA2(これも今はソニーだな)と,富士フイルムのFinePix4700z以来だと思う。

思ひ移る御心 鶴見
 しかし,ロイヤルタワー横濱鶴見とその商業施設が完成し,さらに鶴見駅の建て替え工事が完了すると,鶴見駅前の雰囲気が大きく変わることになりそうだ。

思ひ移る御心 鶴見
 仮商業施設。

思ひ移る御心 鶴見
 眠くなってきたので,ブログの後半を端折る……。

思ひ移る御心 鶴見
 さて,どんな駅ビルが出来上がるのか,数年後が楽しみだ。

 ── SONY Cyber-shot DSC-HX5V

|

« 絶やす麗らかさ 京急安浦 | トップページ | 白魚おいそれとは撮れず……大磯 »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

鶴見区というところは、不思議な町です。

失礼な言い方になってしまいますが、区内どこに行って街並みを見ても、まんべんなく「くたびれた」感が付きまとう気がします。

鶴見駅東口はその最たるものです。旧東海道の街道筋として栄えた歴史があり、JRと京急の駅が有り、鶴見区役所などの行政施設も集まっている筈なのに、賑わいという言葉からは程遠い寂れっぷりです。

かつて高度経済成長の時代、海沿いの工業地帯に犇く工場群から吐き出された労働者が、オフタイムのひとときを過す歓楽街として賑わっていた頃は、怪しく危険な香りこそすれ、溢れんばかりの活気に満ちていたそうです。

時代が巡り、工業地帯がかつての勢いを失ってからは、郊外住宅地としてそれなりの発達を見せた様です。しかし、バブル崩壊以降の住宅の都心回帰傾向の所為か、東京都心、横浜都心どちらに出るのも微妙に遠い鶴見駅周辺は、隣の川崎駅ほどの交通利便性にも恵まれない事から、再び開発の波に乗り損ねた感が有ります。

駅ビル「カミン」の閉鎖で、JR京浜東北線の沿線では品川以南で駅ビルの賑わう駅が続いていた状況が、この鶴見駅で途絶えてしまいました。区の拠点駅でもあるだけに、この事態は鶴見区にとって屈辱的かもしれませんね。

投稿: もりあき | 2010年7月 7日 (水曜日) 09時44分

 20年ぐらい前までは,鶴見と川崎に大きな差を感じなかったのが,一気に差が付いたように思います。

 住宅地としては,東京都心にも横浜都心にも微妙に遠いというのは,おっしゃる通りですね。横須賀線の電車が鶴見に停まるようになれば,印象もずいぶん違ってくるんでしょうけど。

投稿: 三日画師 | 2010年7月 7日 (水曜日) 21時17分

東京に生まれ半世紀以上生息していますが東京と横浜の間は通り過ぎるばかりで知りませんがそれでも
鎌田や大森のカオス的な賑わいと比べて写真から温度感の低さを感じますね

京急沿線でも都市近郊の再開発に思うのですが
生活感が感じられません

どうも古本屋の無い町は魅力を感じません
困ったことです

投稿: ソフィアザール | 2010年7月 8日 (木曜日) 11時25分

 京急線の車窓を見ても,東海道線の車窓を見ても,川崎を過ぎると寂しい感じになりますね。何なんでしょうね。周辺の状況からは切り離された感じの再開発マンションばかりで,それが町内の結びつきを分断している感じもします。

 確かに,古本屋には生きている町のバロメータ的なところがありますね。電子書籍の波が押し寄せて,出版業界再編が言われていますが,真っ先に影響を受けるのは典型的な町の本屋さんですね。特化した古本屋さんはまだしぶとく生き残りそうな気がします。

投稿: 三日画師 | 2010年7月 9日 (金曜日) 02時31分

三越園というラーメン屋をご存じでしょうか。ここの天津麺は絶品です。とんねるずの「きたなシュラン」に出してもいい位の一品です。
私も鶴見に10年以上すんでたことがありよく行ってました。
「食べログ-神奈川版-」にも紹介されていますが、ここは餃子よりも天津麺なのです。

投稿: なむさん | 2010年8月 8日 (日曜日) 09時51分

 私は粗食に耐えるカラダになっているので,どこででも美味しく食べられるんですが,食い物は美味いに越したことはないですね。

 三越園ですか。絶対に覚えておきます。今度鶴見に行ったときには出かけてみようと思います。
 情報ありがとうございます。

投稿: 三日画師 | 2010年8月 8日 (日曜日) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/48747361

この記事へのトラックバック一覧です: 思ひ移る御心 鶴見:

« 絶やす麗らかさ 京急安浦 | トップページ | 白魚おいそれとは撮れず……大磯 »