« 崇高難句 港南中央 | トップページ | 横須賀幻想 »

2010年6月 5日 (土曜日)

京急子安・浜通りを歩く

100605163851edit

京急子安 浜通りを歩く


 最近はすっかり出不精になってしまって,久しぶりの更新。
 今まで何度も歩いたところだと,結局同じような写真を撮ってしまいそうだと思いながら,京急子安駅周辺の子安運河・浜通りを歩いてみた。

京急子安・浜通りを歩く
 京急の子安駅で下車。
 いつもは乗ってきた電車を撮るようにしているが,乗ってた電車が子安駅で通過電車待ちで停まったままなので,とりあえず反対ホームの下り電車を撮影。電車の正面に跨線橋の影が落ちてしまっているが,まあ気にしない。「子安」の駅名標のほうが大事なのだ。

京急子安・浜通りを歩く
 跨線橋の上から小さな子安駅前(写真左側)・新子安方向を見る。新子安駅前のオルトヨコハマビュータワーが見える。

京急子安・浜通りを歩く
 子安駅前。

京急子安・浜通りを歩く
 子安駅前から子安駅を見る。高架線を走るのはJR横浜線の電車。JR横浜線は京急子安駅の上をかすめるように通過するが,駅は設けられていない。

京急子安・浜通りを歩く
 子安駅前から,京急本線とJR東海道本線の間に延びる路地。「この先行き止まりです」。

京急子安・浜通りを歩く
 第一京浜(国道15号線)の京浜子安駅入口交差点。交差点名が昔の「京浜子安駅」のままなのが面白い。

京急子安・浜通りを歩く
 第一京浜横の路地を入ると子安運河(入江川派川)に沿った浜通りに出る。

京急子安・浜通りを歩く
 子安運河には漁船や釣り船が並んでいる。運河に沿って首都高神奈川1号横羽線が通っている。

京急子安・浜通りを歩く
 常盤橋から東側を見る。山の中で育ったので,何度見ても感動する風景だ。

京急子安・浜通りを歩く
 首都高速神奈川1号横羽線の橋脚。

京急子安・浜通りを歩く

京急子安・浜通りを歩く
 常盤橋から西側を見る。鵜が翼を広げて羽毛を乾かしている。
 今日のカメラはSONY Cyber-shot DSC-HX5V。逆光に弱いのが残念。

京急子安・浜通りを歩く
 首都高速神奈川1号横羽線の南側には大きな倉庫や工場が並んでいる。

京急子安・浜通りを歩く
 Googleマップを見ると,路地の中に「浅間神社」とあるので探してみた。
 左側の小さな祠が浅間神社で,鳥居のある社は「烏巣之森稲荷大明神」となっている。白い狐はカゴで保護されている。

京急子安・浜通りを歩く
 密集した住宅地の中に,小さな空間ができている。

京急子安・浜通りを歩く
 路地の奥にある共同井戸。

京急子安・浜通りを歩く
 第一京浜に出る。普段は寺や神社を見て回ったりしないが,近くに白山神社があるようなので行ってみることにする。

京急子安・浜通りを歩く
 うっかり通り過ぎてしまいそうな細い路地の奥に白山神社があった。浅間神社と同様に,とても綺麗に手入れされていて,地域の人が大切にしていることがわかる。

京急子安・浜通りを歩く
 再び浜通りへ。

京急子安・浜通りを歩く

京急子安・浜通りを歩く
 運河の際まで出てみた。

京急子安・浜通りを歩く
 水辺で遊ぶ。

京急子安・浜通りを歩く
 日本のように沈みかけた船。首都高速神奈川1号横羽線を大型のバスが通り過ぎる。

京急子安・浜通りを歩く
 中外冷凍の大きな倉庫。

京急子安・浜通りを歩く
 常盤橋が見えてきた。

京急子安・浜通りを歩く
 昔は船屋だったと思われるが,今は車庫として使われている。

京急子安・浜通りを歩く

京急子安・浜通りを歩く
 海から漁船が戻ってきた。

京急子安・浜通りを歩く
 浜通り。

京急子安・浜通りを歩く

京急子安・浜通りを歩く
 屋形船の正義丸。大きな煙突は新日本石油。

京急子安・浜通りを歩く

京急子安・浜通りを歩く
 富士見橋から西側を見る。

京急子安・浜通りを歩く
 富士見橋から。

京急子安・浜通りを歩く
 富士見橋の袂にある船の修理場?

京急子安・浜通りを歩く
 富士見橋から東側を見る。新子安駅前のオルトヨコハマビュータワーが近くに見えてきた。

京急子安・浜通りを歩く

京急子安・浜通りを歩く
 久しぶりにシャッターをいっぱい切った。もともとバッテリーが持たないCyber-shot DSC-HX5Vを,GPSを捕捉し続けるように電源を入れっぱなしにして持ち歩いたため,バッテリーが1つ空になった。予備のバッテリーとして,Cyber-shot DSC-W200のバッテリーを持ってきて良かった。

京急子安・浜通りを歩く
 それにしても同じような写真を撮りすぎ……か。

京急子安・浜通りを歩く
 富士見橋の袂にある福本稲荷神社。狐はカゴの中に入っている。

京急子安・浜通りを歩く
 浜通り。

京急子安・浜通りを歩く
 小さな船の工場。

京急子安・浜通りを歩く
 花咲く細い路地。

京急子安・浜通りを歩く

京急子安・浜通りを歩く
 第一京浜の入江橋の上から入江川を見る。
 首都高速神奈川1号横羽線の下に東海道本線の貨物支線(高島線)が通っている。せっかくだから貨物列車が通ってくれたら……と思って,しばらく待ってみたが,そんなに都合の良いことはなかった。

京急子安・浜通りを歩く
 新子安駅まで歩くつもりだったが(入江橋からは新子安駅も子安駅も,距離はさほど違わない),ローソンの看板に釣られて子安駅方向に歩いてしまった。

京急子安・浜通りを歩く
 子安駅横の踏切。

京急子安・浜通りを歩く
 西側に雲がかかってきたため夕焼けにならなかった。子安駅の跨線橋のアクリル板越しに横浜線の電車を撮ったら,ホワイトバランスが変になってしまった。

京急子安・浜通りを歩く
 午後6時。子安駅のホーム。京急の各駅停車でのんびり帰り,上大岡で晩飯を食う。

 ── SONY Cyber-shot DSC-HX5V

 今回のエントリーから,写真のサイズを500ピクセルにしてみた。
 今までは480ピクセルで,写真の右側のコラム境界とのすき間を少し残すように設定していたつもりだったが,IEやFirefoxでリンクのある画像に輪郭が出る設定にしていると(デフォルトの設定なのかな?)すき間が埋まって見えるらしい(普段はSafariなので)。あまり意味のないこだわりなので,コラム幅に合わせることにした。
 ココログの設定でコラム幅を500ピクセルにしているが,横幅が500ピクセルの写真を貼り付けると右側の10ピクセル程度が欠けてしまうことに気づいたので,次回から480ピクセルに戻すことにした。490ピクセルだと幅がピッタリでも,さすがに(偶数だけど)割り切れない感じが気持ち悪い。

【過去の記事】
・いつか見た風景 子安運河を歩く / 2004年9月11日 (土曜日)
・神奈川新町から子安へ(子安運河に沿って) / 2007年12月1日 (土曜日)

|

« 崇高難句 港南中央 | トップページ | 横須賀幻想 »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

毎回更新を楽しみにしています

春から一月に一度のペースで京急に自転車を担いで乗っております
4月の桜の頃は弘明寺から自転車で運河を下りました
先週は久里浜まで輪行して城ヶ島三崎まで走りました


HPでご紹介されている風景を探しながら道中を楽しんでいます

東京に住んでいますとご紹介の写真はまだまだ
原風景を見る想いです
次回も楽しみにしております

投稿: ソフィアザール | 2010年6月 7日 (月曜日) 12時29分

 三浦半島の城ヶ島や観音崎には,私も自転車で行った思い出が残っています。気持ちいいですよね。

 首都圏に古い港町が残っているというは,とても珍しいところだと思いますので,何とか大きく変更してしまわない状態で残してほしいものです。

投稿: 三日画師 | 2010年6月 7日 (月曜日) 21時59分

京急沿線の写真を拝見していますと、どこもかしこもずいぶんと寂れてしまったのがよくわかります。うちの父もかつては京浜工業地帯で働く一員で京急で通勤していました。かつてはこの辺りが日本の工業の中心地だったのに・・・。日本の凋落ぶりを象徴しているようですね。

投稿: たぐ | 2010年6月20日 (日曜日) 11時11分

 社会の授業で習った京浜工業地帯では,神奈川区〜川崎〜大田区が日本の中心でした。
 トラック輸送が中心になってからは,工場がどんどん郊外の内陸部に移動してしまって,海岸の港湾や,そこから延びていた貨物線が寂れちゃってます。

投稿: 三日画師 | 2010年6月20日 (日曜日) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/48559431

この記事へのトラックバック一覧です: 京急子安・浜通りを歩く:

« 崇高難句 港南中央 | トップページ | 横須賀幻想 »