« 前橋の中心街 千代田町を歩く | トップページ | 『西の西陣・東の桐生』絹織物の町 桐生を歩く »

2010年5月 4日 (火曜日)

中央前橋から上毛電鉄で西桐生へ

100504140852edit

中央前橋から上毛電鉄で西桐生へ


 中央前橋駅から上毛電鉄の電車に乗って西桐生へ向かう。
 その前に,中央前橋駅の周辺で「にわか鉄ちゃん」になって,上毛電鉄の電車の写真を撮ってみる。

100504133314
 ガラス張りのモダンな中央前橋駅。

100504133342
 中央前橋駅の東側に広瀬川にかかる橋があるので,そこから電車の写真を撮ろうと思う。

100504133428
 中央前橋駅の隣にある公園の遊具。SL列車だ。

100504133619
 電車の時刻を確認したりしていなかったので,目的の橋に着く前に電車が来てしまった。ちょっと慌てて,とりあえず公園の端っこで撮影。

100504133900
 橋の上から中央前橋駅の電車を見る。

100504134348
 うまい具合に撮れそうなポジションを探しているうちに,こんどは西桐生行きの電車が発車してしまった。またまた「とりあえず」のポジションで撮影。情けない。

100504134359
 西桐生行きの電車を後追いで撮影。
 それにしても広瀬川は流量が豊富だ。

100504134448
 中央前橋駅で発車を待つ電車。

100504135452
 中央前橋駅に戻る。

100504135615
 広瀬川の上に作られた駐輪場の上から公園のSL列車の遊具を見る。

100504140852
 駐輪場のフェンスの網目の間から中央前橋駅に到着した電車を撮影。

100504140839
 中央前橋駅の改札。到着した電車から乗客が降りてくる。
 自転車の持ち込み(乗り入れ)ができるようになっているため,自転車を押して改札を通る人もたくさんいる。都会の満員電車では無理だが,地方のローカル線でこれができるようになると,行動範囲は飛躍的に広がると思われる。

100504141136
 改札口を入って,中央前橋駅のホームへ。

100504145628
 大胡駅で自転車を持ち込んでいた人も含めてたくさん下車し,車内が寂しくなった。

100504150723
 終点の西桐生駅に到着。

100504150821
 桐生のかつての繁栄を物語るような,なかなか大きな駅である。

100504150911
 改札口。内部の造形も素晴らしい。
 うろうろしていたら,「もうすぐ電車が出ますよ」と声を掛けられた。気を遣わせてしまって申し訳ない。

100504150959
 かつての切符売り場を残すように,券売機も苦労して取り付けてある。

100504151132
 ギャンブレル屋根が見事だ。小田急の向ヶ丘遊園駅の駅舎も有名なギャンブレル屋根だが,マンサード屋根というふうに呼ばれることも多い。マンサードは寄棟屋根だからちょっと違うけど,どっちにしろ素晴らしい駅舎だ。

100504151323
 ちょっと斜めから撮影。まっこと,ほれぼれする駅舎ぜよ。
 タクシーが停まっている後ろの窓もアップで撮りたかったが,タクシーにどいてもらうわけにもいかないわな。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. or SONY Cyber-shot DSC-HX5V

|

« 前橋の中心街 千代田町を歩く | トップページ | 『西の西陣・東の桐生』絹織物の町 桐生を歩く »

・10 群馬県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

広瀬川越しの中央前橋駅の風景、懐かしすぎます。

もはや定番、と言える構図ですが、私の記憶の中では、駅の後方にかつての駅ビル「上電プラザ」が聳えています。高崎駅の駅ビルもまだ無い時代、上電プラザは群馬県内唯一の駅ビルでした。とは言っても、当時すでに目ぼしいテナントも無く、残っていたのはボウリング場くらいでしたが。

今の、ホーム越しに市街地のスカイラインが見える眺めの方が、もしかすると見栄えが良いかもしれませんね。

上電の電車と言えば、脊髄反射的に「黄色!」というイメージが沸いてくる私ですが、そんな時代も既に遠い過去の話。今の10代の鉄道ファンの方々には、東武や西武の中古車両が走っていた地方私鉄、というイメージしかないのでしょうね。

近年ようやく出揃った、元・京王井の頭線の車両による現在のラインナップも、軽快なイメージで悪くないなと思いますよ。赤城山麓に、こんなに湘南電車顔のステンレスカーが映えるとは、思ってもみませんでした。

投稿: もりあき | 2010年5月13日 (木曜日) 18時01分

三日画師さんの西桐生駅の写真がやけにすっきりしたいい感じだなと思い、10年ぐらい前に撮った写真と見比べてみました。

駅舎の色はそのままでしたが、私の撮った写真には入り口(玄関)の上から看板がつるされていました(そのうちひとつは「桐生コンタクトレンズ」とありました)。すっきりさせるために玄関から看板を取り払ったのか、企業が広告から撤退したのか・・・。やはり後者かな。

タクシーの位置は変わっていませんが、入り口をふさぐように数十台の自転車が駐輪してありました。横からでないと駅に出入りできない感じでした。

井の頭線の電車になっていたんですね。私の行ったときは、東武の電車でした。

投稿: たくろう | 2010年5月13日 (木曜日) 21時07分

 中央前橋駅の駅ビルは,建て替えられる前のを一度見たことがあります。ボウリング場,ありましたね。実は,まだそれが残っているものと思っていたので,小さくはなりましたが,モダンな駅舎にびっくりしました。明るくて良い駅舎だと思います。

 元井の頭線の電車はローカル私鉄にも似合いますね。

 看板で隠れていた西桐生駅がスッキリしたことを,部外者としてとりあえず喜びたいです。桐生の財産を看板で隠してしまうことは,企業にとってもメリットにならないと思ってほしいものです(まことに青臭い意見ですが)。

投稿: 三日画師 | 2010年5月13日 (木曜日) 21時48分

 西桐生駅にジャマな駐輪が無くなったのは,ひょっとしたら,サイクルトレインということで,無料で自転車を持ち込めるようになったことが影響しているかもしれませんね。無茶な止め方をするのは高校生に多そうですし。

投稿: 三日画師 | 2010年5月13日 (木曜日) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中央前橋から上毛電鉄で西桐生へ:

« 前橋の中心街 千代田町を歩く | トップページ | 『西の西陣・東の桐生』絹織物の町 桐生を歩く »