« わたらせ渓谷鉄道三昧 | トップページ | 花のフィレンツェ・トツカーナ »

2010年5月 6日 (木曜日)

日光街道小山宿…小山市に商店街が見あたらない

 足利か栃木の街を歩いてみようと思って小山の宿に宿泊したわけだが,朝から絶不調。とりあえず小山駅周辺を歩いたら,湘南新宿ラインに乗って帰ることにする。
 小山市といえば,人口約16万人。栃木県では宇都宮市に次ぐ第二の都市である。ある程度以上の年齢の方だと,「小山ゆうえんち」もしくは桜金造のギャグ「小山ゆ~えんちぃ~」を覚えている人も多いはず。

100506115146
 小山駅西口前。
 数日前の天気予報では傘が必要な天気になるはずだったが,今日も快晴。気温も30℃コース。

100506115207
 駅前の「ROBLE(ローブル?)」には,スーパーのイズミヤの他に,ドン・キホーテや映画館「銀星会館」が入っている。

100506120236
 東北新幹線,東北本線,両毛線,水戸線が乗り入れる小山駅(西口)。

100506120341
 まずは駅前広場の北側に商店街の臭いを嗅ぎつける……

100506120824
 左側が「みつわ通り」。小山市の“都市景観形成事業の紹介”ページによると「都市型電柱の設置や横断架空線の整序により、限られた幅員の道路空間を広く活用するとともに、沿道空間のイメージアップのための道路をレンガ風タイル舗装や発光ダイオードによる夜の賑わいを演出しています。」ということになっているが……

100506120956
 みつわ通り。

100506121015
 みつわ通り。全体がカーブしていて良い感じだが,繁華街という感じにはなっていない。

100506121144
 みつわ通りの小山駅方向を振り返る。

100506121210
 人通りは多くない。

100506121301

100506121423
 モツ焼・ホルモン焼き……食いてえ。真っ昼間だけど,開いてたら飛び込んでたかも。

100506121516

100506121622
 商店街的な雰囲気が無くなったので,西へ歩いてみることにする。

100506122047
 みつわ通りの西側を南北に通る旧日光街道。このあたりから南側(写真の方向)が小山宿の中心だったと思われるのだが,見るも無惨な感じになっている。
 ここを3分以上歩いたら,ミゾオチのタイマーがピコピコ鳴り出しそうだ。

100506122603
 旧日光街道は歩いていて辛いので,裏道に逃れる。

100506122851
 みつわ通りに抜ける路地。

100506123019
 駅前通り(祇園城通り)に出る。

100506123137
 祇園城通りの西方を見る。

100506123152
 祇園城通りから小山駅を見る。

100506123254

100506123602

100506123808
 小山駅南側の「ROBLE」。駐車場ビルとの連絡通路が目立つ。

100506123959
 祇園城通りの南側の歩道へ。

100506124129
 フルーツ・バナナヤ,荒井肉店,靴・松しま……の並びが良い感じだ。

100506131221
 味と憩の街のアーチ。昭和横丁というのは,店名なのか横丁の名前なのか不明。

100506131449

100506131538
 しかしまぁ,ドン・キホーテは何店舗ぐらいあるんだろう。安いという話は聞くが,実は今まで一度も利用したことがない……。

100506131731

100506150725
 遅い昼飯を食べた後,ゆーっくりコーヒーを飲んでたら午後三時を過ぎていた。
 そろそろ帰ることにしよう。

100506152156
 小山駅のホームで,湘南新宿ラインの逗子行きを待つ。戸塚駅まで約2時間も乗り続けることになるので,ゆったりとしたグリーン席にする。

100506155055
 しばらく見ないうちに,ガラッと様変わりした東鷲宮駅の東口。本当にびっくり。個人的にはこういう感じの街は好みじゃないけど……。

100506155201
 国鉄時代の巨大な貨物ヤードの名残……。

 ── SONY Cyber-shot DSC-HX5V or Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH.

|

« わたらせ渓谷鉄道三昧 | トップページ | 花のフィレンツェ・トツカーナ »

・09 栃木県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

小山駅東口の景観は、現在の北関東に於いて、各地方都市の中に有る様々な問題点、要求といったものを、最大公約数的に勘案して見えてくる、ひとつの解答の景色なのかもしれません。

ただ、これが好ましいと思う風景か?となると、私も正直「あまり見たくはないな」という思いです。

現状において、小山市の実質的な商店街は、国道50号線沿い、市街地の南東部付近に、東西2㎞程に渡って展開しています。自家用車を利用して訪れると、なるほど、と思う街です。

栃木県内には、小山市の国道50号線沿いの他にも、佐野市の国道50号線沿いに東西に拡がる「佐野新都市」や、宇都宮市の北関東道宇都宮上三川I.C.に隣接した「インターパーク宇都宮南」の様な、車利用者に特化した街造りが盛んです。

しかし、どの地区に行ってみても、私などは「何時から栃木県では自家用車の所有と運転が社会人の義務になってしまったのだろう…」という、強迫観念にも似た圧迫感をいつも感じてしまいます。

投稿: もりあき | 2010年5月15日 (土曜日) 19時02分

 小山駅東口の景観は,いろいろなところで計画されている市街地再開発事業の計画書に掲載されている見本図・予想図をそのまま現実にしたようなものになっていますね。あのような形にしたい,という強い意志のものに作られたのでしょう。

 でも,将来もそれが継続してゆけるようには,とても思えないです。

 各地に類似の街づくりを実施しているところがありますけど,商店街の道路を広げて,歩道を広げてベンチを設けたり,街路樹を植えたりした結果,買い物客が増えたという商店街の例を聞いたことがありません。

 小山市の国道50号線沿いのロードサイドショップ群,佐野新都市,インターパーク宇都宮南の地図を見ました。本当にすごいですね。

 私の田舎の福島県のような人口密度の低いところの都市作りならば,ロードサイドショップ群を選択することはあっても仕方がない感じがしますが,人口集積の高い地方でこういう風になってしまうことが信じられないです。

 いろいろな街づくりがあっても良いと思いますが,個人的には,大船駅前の小さな商店街「仲通商店街」のようなのが好きです。
 ちっとも大げさな商店街じゃなくて,近くの街から電車で買い物に来るようなところではなく,観光客がくるでもなく,でも夕方には買い物客でごった返します。狭い通りなので車は入れません。買い物客はほとんどが地元在住のオジサンやオバサン。
 人口17万人の鎌倉市北部の大船地区ですから,周辺の人口は4万人ぐらいでしょうか。
 地方の都市だったら,ここより周辺人口の多いところはたくさんあると思われます。市街地再開発の方向とはまったく逆の商店街ですが,どっこい元気で頑張ってます。

投稿: 三日画師 | 2010年5月16日 (日曜日) 00時15分

>私の田舎の福島県のような人口密度の低いところの都市作りならば,ロードサイドショップ群を選択することはあっても仕方がない感じがしますが,人口集積の高い地方でこういう風になってしまうことが信じられないです。

なまじ、人口集積が高いからこそ、金になる、商売になる、と踏む考え方になるのでしょう。

佐野新都市やインターパーク宇都宮南には、県内だけでなく、群馬県や茨城県、埼玉県北部や福島県南部からも、相当な人(と車)の流入量がある様です。

ただ、土日ともなれば、佐野新都市にある「佐野プレミアムアウトレット」を中心に、酷いときは東北道佐野藤岡I.C.の本線上にまで駐車場待ちの渋滞の車列が伸びてしまっていたりするのを見ると、何のためにバイパス建設したり、再開発をやってるんだろう?得をするのはアウトレット業者だけ?…などと考えてしまいます。

人の賑わい=大渋滞に直結するこのやり方で、あと何年、多くの人を惹き付ける事が出来るのでしょうかね。

投稿: もりあき | 2010年5月16日 (日曜日) 04時53分

 アウトレットモールとやらには,私にはうかがい知れない魅力があるんでしょうね。皆さんが何を買いたいのか,(浪費家の)私には想像も付かないんですから困っちゃいます。

 数年前の夏,新幹線の軽井沢駅に降りたときに,たくさんの人が駅の裏側にあるショッピングセンターに流れていくのを見て,驚いたことを思い出しました。避暑のために軽井沢までやってきて,買い物をしたいという気持ちが理解できませんでした。

 人の賑わい=大渋滞に直結……って,何か現代の消費行動を言い表しているように思います。行列のできているラーメン屋にあえて並ぶ,愛聴する音楽は流行っている音楽,買い物に行くのも,あれこれ調べて見つけた人気の店……。

 全然話がそれますが,私,初売りの「福袋」を買う人の気持ちがまったく理解できません。支払った金額以上のものが入っているにしても,自分で選んだものではないものが入っていることに耐えられないんです。5万円の福袋に20万円のデジカメが入っていたとしても,好みの機種じゃなかったら私は満足できません。その20万円の機種よりも一般的には劣っていると思われる製品だとしても,好きな機種を25万円出して買いたいです。

 わ,思いっきり逸れちゃいました。まぁ,世の中の一般的な消費行動がよくわからないってことですね。

投稿: 三日画師 | 2010年5月16日 (日曜日) 06時40分

>避暑のために軽井沢までやってきて,買い物をしたいという気持ちが理解できませんでした。

これは、「この人たちにとって『避暑』というのは、清涼な軽井沢の地で東京と同じ日常を送ってみるという、生活の“模様替え”なんだ…」と、理解するしかないのでしょう。

避暑地に来て、やる事の選択肢が多岐に渡って存在するのは、決して悪い事ではないのでしょうけれど、何だかイラクやアフガニスタンに従軍した米軍の兵士達が、駐屯地では毎日ベッドに寝て、シャワーを浴び、ハンバーガーを食べられる米国本土の環境と同じ様な生活を保証されている…という話を思い出してしまいました。


投稿: もりあき | 2010年5月16日 (日曜日) 08時06分

 なるほどねぇ。確かに「避暑」の解釈を変えればそうなりますね。最近は一人旅しかしてませんが,思い起こしてみれば,旅先でも普段と同じような(衣)食住を求める人は多いかもしれませんね。

 すごく便利な道具をたくさん用意して,何不自由ない快適なキャンプを楽しむようなもんでしょうかね。

投稿: 三日画師 | 2010年5月16日 (日曜日) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/48364887

この記事へのトラックバック一覧です: 日光街道小山宿…小山市に商店街が見あたらない:

« わたらせ渓谷鉄道三昧 | トップページ | 花のフィレンツェ・トツカーナ »