« えのでん腰越商店街七里ガ浜丸ごと曇り空 | トップページ | 「とつか再開発くん」ホント使うのかと一つひとつ回顧する »

2010年3月10日 (水曜日)

京急弘明寺の弘明寺じゃないほう

100310170936edit

京急弘明寺の弘明寺じゃないほう


 上大岡駅近くで時間があったので,久しぶりに隣の京急弘明寺の公園に行ってみる。

100310160815
 京急弘明寺駅の自転車・バイク置き場から,京急本線を見下ろす。

100310162053
 通常は自転車・バイク置き場の横の階段を登ると公園にたどり着くのだが,今は何やら工事中。南図書館の横をすり抜けるような感じで公園(展望台)方向に登って行く。日頃の運動不足がたたって,ちょっと登っただけで息が上がってしまった。
 手前に見えるのが京急弘明寺の駅で,その先には鎌倉街道(地下鉄ブルーライン)に沿った街が広がっている。

100310162729
 弘明寺公園から北側を見る。平戸桜木道路と京急本線が交叉する付近である。一応電車が小さく写り込んでいる。

100310162822
 弘明寺公園の西側。戦後開発された新しい住宅地が山の上の方まで続いている。

100310163811
 iPhoneでニュースを見ていたら,鎌倉の鶴岡八幡宮の大イチョウが風のために倒壊したらしい。と思っていたら,公園の橋のほうに不思議な老木を見つけた。

100310164111
 根元では,根っこが地上に出てしまっている。上を歩く人が増えたりすると心配だ。

100310164433
 こういう木の花のアップの写真はほとんど撮らないのだが,試し撮りもかねて何でも撮ってみる。

100310164815
 割烹旅館中里温泉への入口。下には立派な温泉旅館があるのだが,こちら側から降りていくのはかなり勇気が要りそうだ。

100310165207
 中里温泉旅館入り口横の木。撮ってくれと言わんばかりだったので……。

100310165426
 切り株の上で堂々と眠る猫。姿形に似合わず,出した声は弱々しいものだった。

100310165632
 弘明寺公園の北側に歩いていくと,上大岡側の家並みが見えてきた。高架線を,白い線が入った赤い電車が走っていたので,とりあえず撮影。

100310170936
 ずっとSONY Cyber-shot DSC-HX5Vのオート機能で撮っていたのだが,色を何とかもう少し変えたいと思ってあらぬところをいじってしまったらしく,この写真以降で色が変になってしまっている。残念。
 奥の高層ビル街が上大岡駅付近。

100310171510
 上大岡を出たばかりの京急本線の列車。

100310172423
 弘明寺駅(左が弘明寺駅)の東側を通って駅前へ。

100310172617
 駐車場の真ん中に立派な桜の木が保存されている。

100310172712
 京急弘明寺の駅前通りへ。

100310172809
 坂を下ると,地下鉄弘明寺駅まで全蓋式アーケードの付いた「かんのん通り商店街」が続く。

100310172933
 京急弘明寺駅の横の踏切を電車が走る。

100310172959
 よく見るとハンバーガー屋さんの前に忠犬ハチ公が……。実に大人しくしつけられている。

100310173235
 京急弘明寺駅の横の踏切の北側。

100310173340
 京急弘明寺駅前。
 カメラを持ってウロウロしていると,小さな女の子が興味を持って寄ってきたりすることが多いんだけど,昨今は幼い子供と話をしているだけで怖いことになったりする話も聞くので,話を聞かないふりをしたり,無視して遠ざかったりするようにしている。

 というわけで,京急弘明寺駅で下車して,いつものように弘明寺→かんのん通り商店街に行くのではなく,裏側の弘明寺公園をぶらついてみた。
 今日初めて外に持ち出したSONY Cyber-shot DSC-HX5Vは,良いところ半分,問題半分……かな。

 ── SONY Cyber-shot DSC-HX5V

|

« えのでん腰越商店街七里ガ浜丸ごと曇り空 | トップページ | 「とつか再開発くん」ホント使うのかと一つひとつ回顧する »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/47779525

この記事へのトラックバック一覧です: 京急弘明寺の弘明寺じゃないほう:

« えのでん腰越商店街七里ガ浜丸ごと曇り空 | トップページ | 「とつか再開発くん」ホント使うのかと一つひとつ回顧する »