« 空蝉の高田 美濃高田 | トップページ | 大船よいとこ一度はおいで »

2010年1月 5日 (火曜日)

城跡のさ小峰が気になる 大垣

100105115416edit

城跡のさ小峰が気になる 大垣市


 大垣城の城下町(かつ美濃路の宿場町,そして大垣湊の港町)として栄えた大垣の街を歩く。

100105105249
 大垣駅(南口)。駅ビルはアビオ。

100105105013
 養老鉄道養老線の大垣駅に電車が到着した。自転車を押しながらホームを歩いてくる利用客。サイクルトレインが根付いているようだ。

100105105941
 駅前岡田屋食堂。路地の先に駅前寿司が見える。

100105110007
 路地を入ると居酒屋しまやがある。

100105110056
 駅前から大垣駅を振り返る。

100105110341
 大垣駅前バス停。正面は金蝶製菓総本店。

100105110443
 高屋町三丁目。駅前薬局,餅長本店,旅館坂田屋……と並ぶ通り。

100105110748
 久世茶舗と米久商店。

100105111214
 高屋町三丁目。食事処小梅。

100105111933
 高屋町三丁目から高屋町交差点(旧美濃路)方向を見る。

100105112148
 何か大きな建物(マーケット?)の跡地に水たまりができている。

100105112407
 居酒屋とん平(このうら)。

100105112533

100105112602
 居酒屋とん平。

100105112724
 和風スナック富士。

100105112844
 大垣駅前郵便局の前。玉屋食堂。

100105113738
 栗屋町の高橋たばこ店。

100105114614
 水門川に架かる橋から本町一丁目を見る。

100105115225
 本町一丁目の本町商店街。みきや呉服店。

100105115416
 本町商店街のゲート(いい町だ ゆっくり走ろう)。スギオカ水族館が気になる。ゲートの先は郭町東一丁目。

100105115439
 本町商店街の魚屋町側のゲート。右がみきや呉服店。突き当たりは清水町の駐車場。

100105115708
 やな房と居酒屋のら猫。

100105115753
 居酒屋のら猫のある通り。

100105120046

100105120346
 長勝寺の前から昇栄第二ビル方向を見る。

100105120726
 スナックちひろ,シスターハウス,鳥道楽のある通り。

100105120858
 本町通り。趣味のきものやな房,きもの処三ッ星と中嶋屋。

100105121841
 郭町東二丁目の裏路地。郭町東二丁目には飲食店が並んでいる。

100105122221
 印象的な建物だ。旨味やみな,お酒処ゆうさん,居酒屋のれん,味噌にこみキクニ等が並んでいる。

100105122524
 フラツキ街。奥に見えるビルはKix中央ビル。Miles Davisが復活ライブを行ったのはボストンの“Kix”……関係ないけど。

100105122807
 フラツキ街の東側を見る。それにしてもフラツキ街とは……。

100105123116
 郭町交差点を見る。

100105123435
 郭町三丁目。大垣共立銀行本店の東側の路地。きみ松(喜美松)旅館。

100105123730
 郭町三丁目。

100105124250
 郭町三丁目から竹島町に延びる路地。

 晴れていて,まぶしい日差しがあるのだが,(みぞれまじりの?)雨が強くなってきた。いわゆる狐の嫁入り,天気雨……である。

100105125038
 新町二丁目の港橋。焼肉の七輪亭がある。

 この港橋という橋と,少し北側にある魚屋町という地名などから,この周辺が大垣湊の跡地だと思い込んでしまったのだが,後でよく見ると,ずっと西側に水門川の流れる船町があって,どうやらそっちが大垣湊だったようだ。
 下調べをせずに街歩きをすると,こういうことがよくある。今回は,大垣市の最大の商店街を歩いていない可能性もある。でも,前もって調べたりするような面倒なことは……たぶん絶対にムリ。

100105125103
 港橋から南側を見る。縮小していない写真には,雨粒がたくさん写っているのだが……。

100105125116
 港橋から北側を見る。正面の寺は乗蓮寺。

100105125350
 今岡町二丁目。大岡美容室。

100105125537
 今岡町二丁目に屋根の付いたベンチのある小さな祠があったので,ありがたく雨宿りをさせていただく。

100105131945
 今岡町一丁目の路地を南側へ。このあたりは驚くほど水路が多い。

100105132056
 新町二丁目の飲食店街。徳秀寺の裏側あたり。

100105132220
 歌える酒場ひとやすみのある四つ角。

100105132507
 新町二丁目の飲食店街を振り返る。富寿司,串処すいもん,一品料理ふじの,snackナイトスポット,スナック亜由美……。

100105132919
 竹島町の宝来屋家具店。大垣宿問屋場跡の碑が立っている。

100105133306
 竹島町の武田法衣店。

100105133435
 竹島町の渋谷商店。

100105133556
 竹島町から旧美濃路(駅前通り)に出たところ。カットハウス・セブン。

100105133644
 喫茶スワン。右が旧美濃路。

100105134212
 御殿町一丁目。にしんそばの酒井亭,フルタカバン……。この通りを西に歩くと,大垣市役所,大垣税務署がある。

100105134311
 御殿町一丁目。

100105135658
 大垣城。

100105140127
 郭町。大垣城の※門前のエグロ会館。ビリヤードエグロ。「玉突」。

100105140149
 旧美濃路(駅前通り)。メガネの宝月堂。

100105140159
 旧美濃路(駅前通り)の両側は,アーケードの付いた商店街になっている。

100105140333
 ナンデモヤ。

100105140401
 アーケード商店街の南側を振り返る。

100105140715
 水門川に架かる新大橋。

100105140942
 新大橋から郭町一丁目方向を見る。

100105141312
 水門川の下流側から新大橋を見る。

100105141746_2
 旧美濃路(駅前通り)の高屋町四丁目。

100105142033
 高屋町交差点。正面が大垣駅になる。

100105142135
 高屋町交差点。金蝶園饅頭の金蝶ビル。

100105142331
 高屋町交差点から南側を見る(旧美濃路)。

100105142520
 高屋町交差点の一角に聳えるヤナゲン・大垣共立銀行。
 大垣の市街地をふらふらと歩いてきたが,ここ高屋町交差点は大垣で一番賑わっていなければならない場所だと思う。が,残念ながらそういう賑わいは見られない。他の町と同じように,高屋町交差点にも地下道が設けられているが,利用者はほとんど無く,無用の長物になっている。

100105142859
 大垣駅前から旧美濃路(駅前通り)を見る。

100105143936
 大垣駅はJR東海とJR西日本の境界の駅になるため,乗り換え客で混雑する。豊橋行きの新快速に乗り換える人と,到着した列車から米原行きに乗り換える人で,跨線橋が大混雑だったので,一本列車を待つことにした。
 ホームからは米原行きの普通列車がちょうど出て行ったところだった。

100105153112
 名古屋で新幹線「こだま」に乗り換える。
 名古屋始発の「こだま」が1時間に1本あるので,Uターンラッシュ(今年はもう終わっているが)でも楽ちんだ。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. or SONY Cyber-shot DSC-W200

|

« 空蝉の高田 美濃高田 | トップページ | 大船よいとこ一度はおいで »

・21 岐阜県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

貴サイトの写真を拝見していると、街歩きの時に感じる一種の高揚感が沸いてきます。
街そのものが持っている魅力を引き出すには、一つのものに焦点をあてるよりも、風景画のような視点と距離感がよいのかもしれませんね。

投稿: nogami | 2010年1月19日 (火曜日) 09時51分

大垣駅はJR東海とJR西日本の境界の駅じゃないと思います、米原駅です

投稿: ss9g | 2010年1月19日 (火曜日) 21時31分

 街の写真というより,街そのものに魅力を感じて写真を撮り歩いているので,もう最高の褒め言葉をいただいたように思います。ありがとうございます。

 写真を撮るときの基本といわれている「主題を絞る」「一歩寄る」「主題以外をぼかす」……とはまったく逆の撮り方で,「一歩下がる」「余分なものも撮す」を実践しているので,写真そのものではなく,街そのものの魅力のことを言われると,とても嬉しいです。

 まぁ,写真の教科書のような撮り方(花のアップとか街の中で見つけたものの部分のアップとか)をしていると,3年ぐらいで飽きちゃうんですよね。たぶん。私の周囲でも,10年以上前に写真にハマった人の多くは,もう飽きちゃってる感じです。

投稿: 三日画師 | 2010年1月19日 (火曜日) 21時40分

 ss9gさん,コメントありがとうございます。

 境界は米原駅でしたか。ありがとうございます。

 いずれにしても,米原−大垣間では列車の本数,車両の長さが寂しくなって,いつも混雑していている印象があって,私の中では全国でもワーストに感じる区間です。

投稿: 三日画師 | 2010年1月19日 (火曜日) 21時44分

写真を始めた友人にお気に入りの商店街を2箇所案内したところ、
「どちらも同じだから、もう商店街はいい」と言われた事があります。
みてるものが全く違うと感じました。

私は写真についてはド素人ですが、散策は趣味と言えます。
そういう者からすると、主題を絞った写真はなんとなく上手にみえます。

同時に、なぜそういう撮り方しかしないのかと思う事が多々あります。
一点に注目する前に広がっていたはずの光景には、何も感じなかったのかと。

カメラのレンズを通さなくてもみることのできる街そのものの魅力を感じ、それをそのまま撮って欲しいと思います。
貴サイトではそれを感じとることができて、感動しました。
長いコメント、失礼しました。

投稿: nogami | 2010年1月20日 (水曜日) 00時15分

 写真の「作品」という意味では,私がブログにアップしているような写真は全然ダメでしょうね。一枚の写真でぐっと胸に訴えてくるような写真は,やっぱり主題に肉薄して余分なものをそぎ落としたような力のある作品になると思います。

 でも,街歩き・散策好きの立場からすると,すごく良い感じの場所が写っる写真があったら,その隣はどうなってるの? その角を曲がったところは? そこに実際に行ってみたい……という気持ちがどんどん湧いてきちゃって,(1枚の写真で完結するような,よほど力のある作品以外では)満足できないんじゃないかという気がします。

 そういう違いも含めて,写真も街歩きも面白くてやめられないです。

投稿: 三日画師 | 2010年1月20日 (水曜日) 00時32分

とても共感しました。

同時に、私の中で発見がありました。
街というスケールにおいては、例えばある交差点の一角といった範囲は、十分に焦点が絞れているのではないかと思いました。
だから、私は三日画師様の写真に力強さを感じます。
一つの星に肉薄するのが写真作品の定石だとすれば、三日画師様の写真は天の川を魅力的な構図で撮っているようなものだと思います。

投稿: nogami | 2010年1月21日 (木曜日) 12時15分

 ありがとうございます。
 街の写真といっても,隅から隅まで全部撮っているわけではなくて,やっぱり「ここ撮りたいな」と感じたところを撮っているので,多少は焦点を絞れていると思います。

 でも,ちょっと褒めすぎですって。木に登っちゃいますよ。

投稿: 三日画師 | 2010年1月21日 (木曜日) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/47329824

この記事へのトラックバック一覧です: 城跡のさ小峰が気になる 大垣:

« 空蝉の高田 美濃高田 | トップページ | 大船よいとこ一度はおいで »