« ノコギリ屋根が並ぶ 玉ノ井 | トップページ | 豚テキにしよっか イチビキ醤油で 四日市 »

2010年1月 3日 (日曜日)

正月の風物詩参らせ候 津島

100103151609edit

正月の風物詩参らせ候 津島市


 今日は,昨日訪問することができなかった津島の街を歩くことにする。

100103120535
 まずは名古屋駅へ。JRセントラルタワーズが聳える。

100103121112
 桜通口正面の名物,大名古屋ビルヂング。高層ビル建築計画があるため,次にこのビルを見るときには,もう取り壊されているかもしれない。

100103124623
 名古屋から名鉄津島線経由の佐屋行き普通列車に乗り,津島駅で下車する。

100103124830
 津島駅前。

100103125503
 駅前にある藤浪町1丁目交差点。正面の通りは天王通り。津島神社に続く参道である。

100103125846
 天王通り。津島のメインストリートだと思われる。

100103130411
 天王通り五丁目交差点。

100103130602
 天王通り五丁目交差点の大倉や商店。

100103130920
 天王通り五丁目交差点を北側から見る。

100103131207
 天王通り五丁目交差点の北側にある交差点。コーヒー&スナックのパン屋さんがある。

100103131429
 宝町を歩く。

100103131752
 宝町。

100103132208
 天王通り四丁目に続く路地。

100103133116
 本町一丁目の伊勢正。微妙なカーブが実に良い感じだ。

100103133252
 米真商店と魚しま。

100103133345
 本町一丁目から寿町に続く通り。やぶ金。

100103133641
 糀屋の先に見えるのは津島市観光交流センター。

100103134013
 津島市観光交流センター。昭和4年建築の旧津島信用金庫本店を再利用したものらしい。

100103134034
 津島市観光交流センターの前から北側を振り返る。

100103134227
 天王通り三丁目付近。

100103134308
 天王通り二丁目付近。イトウ写真館。

100103134404
 堤下神社横の旧上街道。

100103134557
 天王通り三丁目。津島神社の参道だけあって,人通りが多い。

100103134823
 津島市観光交流センターのある通りを戻る。平徳呉服店。

100103135501
 五叉路(旧上街道本町交叉路)の横にある市神社・宗念寺の前から五叉路を見る。

100103135750
 五叉路には小さな祠もあるが,名称は不明。
 右側の細い路地に入ってみる。

100103135847
 路地を入ってすぐ左に銭湯(名称は不明だった)がある。今日は休み。

100103140056
 街路灯には本町一丁目と書かれている。路地の北側は米町になっている。

100103140511
 高屋敷町。この路地の先に,天然記念物「津島の大ムク」があるとGoogle先生は言っている。

100103141304
 津島の大ムクもあったはずの城之越町。
 肝心の大ムクは,残念ながら切り株になっていた。切り株からは若い枝が少しだけ伸びていて,新しい大ムクが生える可能性は残っているようだ。ただし大ムクになるのは600年後ぐらいだろうか。
 Googleマップには「津島の大ムク」として掲載されているが,実際には10年以上前に自然に倒れてしまったそうだ。

100103141815
 寿町。山善薬局,ことぶき屋。
 このまま西に向かって歩こうと思ったが,路上駐車の車が多そうに感じたので,上河原町から天王通り二丁目方向に歩く。

100103142236
 上河原地蔵堂。

100103142437
 清正公遺跡。左が上河原地蔵堂。

100103142820
 天王通り二丁目。クツのゑびすや・水谷乳母車の水谷ベビー。正面が天王通一丁目交差点。

100103143005
 天王通り二丁目から三丁目方向を見る。

100103143101
 天王通り二丁目から金町の路地に入る。入船鶏肉店。

100103143906
 天王通一丁目交差点から津島神社の表参道を見る。
 参道を通るクルマが多く,しかもその中には門前に停められないかどうか様子をうかがうようなクルマも多く,クルマが写らない一瞬を撮すためにずいぶん時間が掛かってしまった。

100103144709
 参道にある御神木・大イチョウ。

100103144812
 津島神社の大鳥居。
 赤のれんには行列ができていた。

100103144947
 たくさんの出店も出て,初詣客で大変な賑わいである。

100103145156
 津島神社側から参道を見る。

100103150226
 初詣客のほとんどは近所の方なのかと思い,人の流れに沿って歩いたところ,天王川公園へ。
 天王川公園の周囲が大きな駐車場になっていた。

100103150426
 天王川公園の北側。橋詰町二丁目の商店街。津島名物柿屋まんじゅうの店がある。

100103150504
 橋詰町二丁目。衣料センターホリタヤの右の鳥居は秋葉神社。

100103150732
 橋詰商店街へ。

100103150751
 橋詰商店街。スーパー東八百宗と西八百宗がある。

100103151000
 橋詰商店街。看板が重厚な加藤薬局。文具のゴトウには少年達がたくさん集まっていた。

100103151205
 橋詰三叉路。

100103151342
 戎徳呉服店(えびとく)とらく楽家具店(らく楽)。

100103151355
 橋詰三叉路。「左 津島神社参宮道」の文字によれば,昔は橋詰商店街のある通りが参道で,天王通りは近年になって新しく作られた参道なのだろう。

100103151411
 橋詰商店街を振り返る。

100103151458

100103151714
 本町二丁目の商店街。大好きな雰囲気なので,何枚も何枚も撮影してしまった。

100103151908
 横町。突き当たりは筏場神社のある筏場町になる。

100103151958
 本町二丁目の南側の三叉路。

100103152021
 本町二丁目。

100103152253
 本町三丁目。金明堂印刷所,マルコ薬局が並ぶ。
 裏には長珍酒蔵の工場がある。

100103152751
 今市場町一丁目の交差点。

100103152902
 本町四丁目。くつ,はきものの下駄理,内藤美容院などが並ぶ。

100103153031
 本町四丁目から今市場町一丁目の交差点側を見る。

100103153425_2
 弥生町。今市場町二丁目交差点から天王通五丁目交差点を結ぶ通り。
 ちょっとクルマの量が多くて,ここを歩く元気が無くなった。昨日痛めた腰の具合も,あんまり良くない。

100103153915
 今市場町三丁目交差点から津島駅前の藤浪町一丁目交差点を結ぶ通り。ハーキュリーズ通りと呼んでいるらしい。

100103154312
 名鉄津島駅。

100103160407
 津島駅のホームに弥富行きの普通列車が入ってきた。
 今日も名鉄本線を中心にダイヤが乱れているようで,津島線・尾西線でも運用が変更されていた。

100103161450
 弥富駅に到着。電車は折り返し豊明行きになる。隣のホームはJR関西本線の弥富駅。中間改札等はなく,跨線橋でつながっている。

100103161607
 跨線橋から,折り返し豊明行きの電車を撮影。

100103161835
 JR弥富駅のホームで電車を待っていると,名鉄の豊明行きの電車が発車して行った。JRの時刻表に合わせているわけではないようだ。

100103162022
 弥富駅のホームに桑名行きの普通列車が入ってきた。
 車内は結構混雑していたが,とりあえず乗り込んだ。が,桑名と言えば弥富から二つ目の駅。四日市まで行こうと思っていたので,ひょっとしたら次の電車を待ったほうが良かったのかもしれない(桑名で折り返しのために逆のホームに停車することが予想されるため)。

100103163057
 予想していた通り,桑名駅では乗り換えのために跨線橋を渡らなければならなかった。腰やひざが痛いので,できたら階段は上り下りしたくないのだが……(もう年寄り並の体力っす)。

100103164910
 桑名で乗った電車が四日市に到着。またまた跨線橋を渡って改札口へ。古レールをふんだんに使用した跨線橋だ。

100103165206
 四日市駅の改札口前。大きな駅だが,利用客はそれほど多くない感じだ。ホームの先にタンク車(貨車)が停まっている。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH.

|

« ノコギリ屋根が並ぶ 玉ノ井 | トップページ | 豚テキにしよっか イチビキ醤油で 四日市 »

・23 愛知県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます!
懐かしいですね。
なじみのあるところばかりでうれしくなりました。
天王川公園周辺の橋詰辺りは道が狭くて好きなんですよ。
なんだか帰りたくなりました。
ぼくもカメラ持って写真撮りにいきたくなりました。

投稿: osa | 2010年1月13日 (水曜日) 08時51分

 津島は本当に神社仏閣の多い街ですね。歴史を感じます。

 橋詰三叉路のあたりは,たまらなく良いですね。体力があれば,もう少しいろいろと歩いてみたい町でした。

 ブログを書くためにWebで調べて知ったのですが,津島は単に津島神社の門前町というだけでなく,木曽川の港町として栄えた歴史もあるんですね。地図を見ると,天王川公園の部分が港だったんでしょうね。筏場町や舟戸町という地名をよく見て,歩いているうちに気づくべきだった……と,今になって後悔しています。

投稿: 三日画師 | 2010年1月13日 (水曜日) 20時37分

いや、本当に面白く拝見させて頂きました。

投稿: | 2011年4月13日 (水曜日) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/47279946

この記事へのトラックバック一覧です: 正月の風物詩参らせ候 津島:

« ノコギリ屋根が並ぶ 玉ノ井 | トップページ | 豚テキにしよっか イチビキ醤油で 四日市 »