« 近鉄四日市から美濃高田へ | トップページ | 城跡のさ小峰が気になる大垣 »

2010年1月 4日 (月曜日)

空蝉の高田 美濃高田

 美濃高田駅の西側に広がる高田の集落(岐阜県養老町)を歩く。
 高田は,すぐ東の牧田川にあった美濃三湊(烏江,栗笠,船附)から琵琶湖畔の米原に至る九里半街道(近江今津と小浜を結ぶ街道も九里半街道と呼ぶらしい)の,物資輸送の要衝となっていた町である。かつては嶋田町中と呼ばれ,市も盛んに開かれて賑わったそうだ。

 明治時代に町村制が施行されてすぐに町となった高田町は,昭和の大合併で養老村など周辺の村と合併して養老町となった。養老村には養老の滝という観光地があったとは言え,高田町の名を棄てることには意気が必要だったに違いない(もちろん一帯が養老郡だったこともあるだろうけど)。

100104143435
 養老鉄道美濃高田駅。

100104143948
 高田駅前交差点付近。

100104144333
 自由軒のある通り。
 町の西側には養老山地が聳える。

100104144501
 ローヤルゼリーとはちみつ。

100104144606
 一日のスタートは,まず「おはよう」のひ……。
 突き当たりはファミリーショップ・ワカヤマ。

100104144630
 お食事処自由軒。

100104144815
 伊勢屋食堂。

100104144834
 パーマ・ルビー。

100104145050
 斎藤酒店,ウインドはやざき。

100104145222
 歩いてきた方向(北側)を振り返る。

100104145502

100104145545
 八百敏。

100104145636
 書物御用所。

100104145811
 八百敏の前から南側を見る。

100104150431
 右側が田代神社。

100104150546
 田代神社の境内。

100104150759
 兼松商店の前から東側を見る。

100104150842
 八百敏商店の横に続く通り。専念寺の屋根が少しだけ見える。

100104150929

100104151351

100104151428

100104151554
 メガネのミノベ。

100104151648
 西町商店街。大垣駅前行きのバスが走ってきた。
 ここが旧九里半街道で,高田のメインストリートである。

100104151708
 中町を大垣駅前行きのバスが走り去る。

100104152059
 西町商店街の古市ラジオ店。

100104152116
 板硝子の都屋商店。横の通りは永和通り。

100104152133
 中町方向を見る。

100104152542
 愛宕神社前バス停。西町商店街の山田屋。

100104152649
 西町商店街の理容みよし。ちらりと景陽寺の屋根が見えてきた。

100104152859
 高田中学校に続く路地。

100104153208
 西町商店街の西端。吉田毛糸店。

100104153621
 旧九里半街道の南側に沿った裏路地を東側へ。路地は高田と押越の境界になっている。

100104153750

100104153945

100104154026
 遠くに見える真っ白な山は,たぶん伊吹山。

100104155009
 中町に出た。

100104155154
 中町の玉泉堂。

100104155529
 中町の東側,高田東町交差点までは中心商店街となっている。

100104160222
 常盤町通り。

100104160400
 常盤町通りから中心商店街方向を見る。

100104160530
 中心商店街。

100104160705
 理容院佐竹。

100104161114
 老人福祉センターの北西付近。

100104161411
 二階の手摺りが特徴的な家並み。

100104162039
 旅館丸京。

100104165752
 美濃高田駅。桑名行きの電車が美濃高田駅を出て行ったところ。

100104170548
 美濃高田駅のホームに大垣行きの電車が入ってきた。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH.

|

« 近鉄四日市から美濃高田へ | トップページ | 城跡のさ小峰が気になる大垣 »

・21 岐阜県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに高田の町並みが見られて 嬉しかったです。 自分は行きたくてもいけないところなので 自分が歩いている様な気持ちで見ました。 ありがとうございました

投稿: ジュネス竜美台 | 2010年2月 4日 (木曜日) 08時43分

 コメントありがとうございます。
 高田は良い感じの町ですね。私が生まれ育った三春町にも通底する落ち着いた雰囲気がしました(高田のほうが規模の大きな町ですけど)。
 もちろん,かつての繁栄を考えれば,寂れてるという人も多いでしょうけど,こういう町が何やらわけのわからないブームに乗ったりせずに,普通に継続していける世の中になると良いですね。

投稿: 三日画師 | 2010年2月 4日 (木曜日) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/47310490

この記事へのトラックバック一覧です: 空蝉の高田 美濃高田:

« 近鉄四日市から美濃高田へ | トップページ | 城跡のさ小峰が気になる大垣 »