« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の11件の記事

2010年1月29日 (金曜日)

大船よいとこ一度はおいで

100129163705edit

大船よいとこ一度はおいで 鎌倉市大船


 長期間ブログを放って置くと,消息確認のような連絡が増えるので,とりあえず少し更新(生息報告)しておく。
 まぁ,ここのところ,いろいろ調子が悪くて写真を撮りに行ったりできなかったのだ。

100129162935
 湘南モノレール大船駅前の横断歩道の下。大船周辺には狭隘な区間がたくさんあるため,ミニバスが多く走っている。

100129163417_2
 大船仲通商店街へ。この付近は夕方最も賑わうところだが,閉店時間が早いので,こういうふうに明るい時間帯じゃないとなかなか撮影することができない。

100129163611
 商店街の横を湘南モノレールが走る。

100129163631
 人がごった返す南側の十字路。

100129163705
 三崎港の魚が直送される。

100129163731
 たくさんの魚があっという間に売れていく。

100129163809
 大船仲通商店街の南側には,市場・マーケットの雰囲気が残っている。

100129163926
 いつも賑わっている商店街である。

 衰退して困っている商店街の方に,ぜひともこの大船仲通商店街の様子を見てほしい。周囲に大型店が無いわけではない。駅ビルのルミネウィング,西友大船店もある,元サティだったOh! Plaza(ライフ・ヤマダ電機),そして徒歩圏内だが少し離れてイトーヨーカドー(元は伊勢丹もあった)もある。

 他所と同じで商店街は過酷な環境にさらされている。近くの松竹大船撮影所は無くなった。その後にできた鎌倉シネマワールドも数年で閉鎖となった。
 大船は鎌倉市に属するが,決して鎌倉市の中心ではない。買い物客が電車に乗って遠くから通ってくるわけじゃない。遠くの町から車でやってくる人も多くない。
 しかし,大船仲通商店街は写真のようにまだまだ元気なのである。ここには商店街再生のヒントがたくさん転がっているんじゃないだろうか。

100129164112
 お茶の川根園。
 左目を開けて撮っていると,左側からの入り込みはある程度予想できるのだが,右目はファインダーを覗いているのでそれができない。普段は一枚一枚アフタービューで確認しないので,人が入り込んでいることに気づかなかった……。

100129164502

100129164644
 大船駅東口近くに来ると,わずかに幅員が広がる感じがするが,人通りの多さは変わらない。

100129165030
 店頭が綺麗な河合果実店。

100129165115
 かんのん食堂付近。
 花が飾られているパチンコ屋(右)の建物は大船中央ビルヂング。

100129165518
 かんのん食堂のある四つ角。大船で一番の人通りだと思う。

100129170015
 大船駅東口側から大船仲通商店街を見る。

100129170123
(露出失敗)
 左側が大船駅東口の階段。駅前の交番に救急車が止まっている。駅前のパチンコやのイルミネーションは派手すぎて無粋だと思っている。

100129170233
 駅前から大東橋方向(大船駅笠間口)を見る。

100129170451
 喫茶店OZの横で何やら工事が始まっている。
 千里がまだ開いてないようなので,石狩亭で晩飯をって食変えることにする。

 —— Panasonic LUMIX DMC-GF1 + Voigtländer COLOR SKOPAR 21mm F4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火曜日)

城跡のさ小峰が気になる 大垣

100105115416edit

城跡のさ小峰が気になる 大垣市


 大垣城の城下町(かつ美濃路の宿場町,そして大垣湊の港町)として栄えた大垣の街を歩く。

100105105249
 大垣駅(南口)。駅ビルはアビオ。

100105105013
 養老鉄道養老線の大垣駅に電車が到着した。自転車を押しながらホームを歩いてくる利用客。サイクルトレインが根付いているようだ。

100105105941
 駅前岡田屋食堂。路地の先に駅前寿司が見える。

100105110007
 路地を入ると居酒屋しまやがある。

100105110056
 駅前から大垣駅を振り返る。

100105110341
 大垣駅前バス停。正面は金蝶製菓総本店。

100105110443
 高屋町三丁目。駅前薬局,餅長本店,旅館坂田屋……と並ぶ通り。

100105110748
 久世茶舗と米久商店。

100105111214
 高屋町三丁目。食事処小梅。

100105111933
 高屋町三丁目から高屋町交差点(旧美濃路)方向を見る。

100105112148
 何か大きな建物(マーケット?)の跡地に水たまりができている。

100105112407
 居酒屋とん平(このうら)。

100105112533

100105112602
 居酒屋とん平。

100105112724
 和風スナック富士。

100105112844
 大垣駅前郵便局の前。玉屋食堂。

100105113738
 栗屋町の高橋たばこ店。

100105114614
 水門川に架かる橋から本町一丁目を見る。

100105115225
 本町一丁目の本町商店街。みきや呉服店。

100105115416
 本町商店街のゲート(いい町だ ゆっくり走ろう)。スギオカ水族館が気になる。ゲートの先は郭町東一丁目。

100105115439
 本町商店街の魚屋町側のゲート。右がみきや呉服店。突き当たりは清水町の駐車場。

100105115708
 やな房と居酒屋のら猫。

100105115753
 居酒屋のら猫のある通り。

100105120046

100105120346
 長勝寺の前から昇栄第二ビル方向を見る。

100105120726
 スナックちひろ,シスターハウス,鳥道楽のある通り。

100105120858
 本町通り。趣味のきものやな房,きもの処三ッ星と中嶋屋。

100105121841
 郭町東二丁目の裏路地。郭町東二丁目には飲食店が並んでいる。

100105122221
 印象的な建物だ。旨味やみな,お酒処ゆうさん,居酒屋のれん,味噌にこみキクニ等が並んでいる。

100105122524
 フラツキ街。奥に見えるビルはKix中央ビル。Miles Davisが復活ライブを行ったのはボストンの“Kix”……関係ないけど。

100105122807
 フラツキ街の東側を見る。それにしてもフラツキ街とは……。

100105123116
 郭町交差点を見る。

100105123435
 郭町三丁目。大垣共立銀行本店の東側の路地。きみ松(喜美松)旅館。

100105123730
 郭町三丁目。

100105124250
 郭町三丁目から竹島町に延びる路地。

 晴れていて,まぶしい日差しがあるのだが,(みぞれまじりの?)雨が強くなってきた。いわゆる狐の嫁入り,天気雨……である。

100105125038
 新町二丁目の港橋。焼肉の七輪亭がある。

 この港橋という橋と,少し北側にある魚屋町という地名などから,この周辺が大垣湊の跡地だと思い込んでしまったのだが,後でよく見ると,ずっと西側に水門川の流れる船町があって,どうやらそっちが大垣湊だったようだ。
 下調べをせずに街歩きをすると,こういうことがよくある。今回は,大垣市の最大の商店街を歩いていない可能性もある。でも,前もって調べたりするような面倒なことは……たぶん絶対にムリ。

100105125103
 港橋から南側を見る。縮小していない写真には,雨粒がたくさん写っているのだが……。

100105125116
 港橋から北側を見る。正面の寺は乗蓮寺。

100105125350
 今岡町二丁目。大岡美容室。

100105125537
 今岡町二丁目に屋根の付いたベンチのある小さな祠があったので,ありがたく雨宿りをさせていただく。

100105131945
 今岡町一丁目の路地を南側へ。このあたりは驚くほど水路が多い。

100105132056
 新町二丁目の飲食店街。徳秀寺の裏側あたり。

100105132220
 歌える酒場ひとやすみのある四つ角。

100105132507
 新町二丁目の飲食店街を振り返る。富寿司,串処すいもん,一品料理ふじの,snackナイトスポット,スナック亜由美……。

100105132919
 竹島町の宝来屋家具店。大垣宿問屋場跡の碑が立っている。

100105133306
 竹島町の武田法衣店。

100105133435
 竹島町の渋谷商店。

100105133556
 竹島町から旧美濃路(駅前通り)に出たところ。カットハウス・セブン。

100105133644
 喫茶スワン。右が旧美濃路。

100105134212
 御殿町一丁目。にしんそばの酒井亭,フルタカバン……。この通りを西に歩くと,大垣市役所,大垣税務署がある。

100105134311
 御殿町一丁目。

100105135658
 大垣城。

100105140127
 郭町。大垣城の※門前のエグロ会館。ビリヤードエグロ。「玉突」。

100105140149
 旧美濃路(駅前通り)。メガネの宝月堂。

100105140159
 旧美濃路(駅前通り)の両側は,アーケードの付いた商店街になっている。

100105140333
 ナンデモヤ。

100105140401
 アーケード商店街の南側を振り返る。

100105140715
 水門川に架かる新大橋。

100105140942
 新大橋から郭町一丁目方向を見る。

100105141312
 水門川の下流側から新大橋を見る。

100105141746_2
 旧美濃路(駅前通り)の高屋町四丁目。

100105142033
 高屋町交差点。正面が大垣駅になる。

100105142135
 高屋町交差点。金蝶園饅頭の金蝶ビル。

100105142331
 高屋町交差点から南側を見る(旧美濃路)。

100105142520
 高屋町交差点の一角に聳えるヤナゲン・大垣共立銀行。
 大垣の市街地をふらふらと歩いてきたが,ここ高屋町交差点は大垣で一番賑わっていなければならない場所だと思う。が,残念ながらそういう賑わいは見られない。他の町と同じように,高屋町交差点にも地下道が設けられているが,利用者はほとんど無く,無用の長物になっている。

100105142859
 大垣駅前から旧美濃路(駅前通り)を見る。

100105143936
 大垣駅はJR東海とJR西日本の境界の駅になるため,乗り換え客で混雑する。豊橋行きの新快速に乗り換える人と,到着した列車から米原行きに乗り換える人で,跨線橋が大混雑だったので,一本列車を待つことにした。
 ホームからは米原行きの普通列車がちょうど出て行ったところだった。

100105153112
 名古屋で新幹線「こだま」に乗り換える。
 名古屋始発の「こだま」が1時間に1本あるので,Uターンラッシュ(今年はもう終わっているが)でも楽ちんだ。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. or SONY Cyber-shot DSC-W200

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月曜日)

空蝉の高田 美濃高田

100104161114edit

空蝉の高田 美濃高田


 美濃高田駅の西側に広がる高田の集落(岐阜県養老町)を歩く。
 高田は,すぐ東の牧田川にあった美濃三湊(烏江,栗笠,船附)から琵琶湖畔の米原に至る九里半街道(近江今津と小浜を結ぶ街道も九里半街道と呼ぶらしい)の,物資輸送の要衝となっていた町である。かつては嶋田町中と呼ばれ,市も盛んに開かれて賑わったそうだ。

 明治時代に町村制が施行されてすぐに町となった高田町は,昭和の大合併で養老村など周辺の村と合併して養老町となった。養老村には養老の滝という観光地があったとは言え,高田町の名を棄てることには意気が必要だったに違いない(もちろん一帯が養老郡だったこともあるだろうけど)。

100104143435
 養老鉄道美濃高田駅。

100104143948
 高田駅前交差点付近。

100104144333
 自由軒のある通り。
 町の西側には養老山地が聳える。

100104144501
 ローヤルゼリーとはちみつ。

100104144606
 一日のスタートは,まず「おはよう」のひ……。
 突き当たりはファミリーショップ・ワカヤマ。

100104144630
 お食事処自由軒。

100104144815
 伊勢屋食堂。

100104144834
 パーマ・ルビー。

100104145050
 斎藤酒店,ウインドはやざき。

100104145222
 歩いてきた方向(北側)を振り返る。

100104145502

100104145545
 八百敏。

100104145636
 書物御用所。

100104145811
 八百敏の前から南側を見る。

100104150431
 右側が田代神社。

100104150546
 田代神社の境内。

100104150759
 兼松商店の前から東側を見る。

100104150842
 八百敏商店の横に続く通り。専念寺の屋根が少しだけ見える。

100104150929

100104151351

100104151428

100104151554
 メガネのミノベ。

100104151648
 西町商店街。大垣駅前行きのバスが走ってきた。
 ここが旧九里半街道で,高田のメインストリートである。

100104151708
 中町を大垣駅前行きのバスが走り去る。

100104152059
 西町商店街の古市ラジオ店。

100104152116
 板硝子の都屋商店。横の通りは永和通り。

100104152133
 中町方向を見る。

100104152542
 愛宕神社前バス停。西町商店街の山田屋。

100104152649
 西町商店街の理容みよし。ちらりと景陽寺の屋根が見えてきた。

100104152859
 高田中学校に続く路地。

100104153208
 西町商店街の西端。吉田毛糸店。

100104153621
 旧九里半街道の南側に沿った裏路地を東側へ。路地は高田と押越の境界になっている。

100104153750

100104153945

100104154026
 遠くに見える真っ白な山は,たぶん伊吹山。

100104155009
 中町に出た。

100104155154
 中町の玉泉堂。

100104155529
 中町の東側,高田東町交差点までは中心商店街となっている。

100104160222
 常盤町通り。

100104160400
 常盤町通りから中心商店街方向を見る。

100104160530
 中心商店街。

100104160705
 理容院佐竹。

100104161114
 老人福祉センターの北西付近。

100104161411
 二階の手摺りが特徴的な家並み。

100104162039
 旅館丸京。

100104165752
 美濃高田駅。桑名行きの電車が美濃高田駅を出て行ったところ。

100104170548
 美濃高田駅のホームに大垣行きの電車が入ってきた。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近鉄四日市から美濃高田へ

 まずは近鉄四日市駅から桑名に向かう。

100104124420_2
 ちょうど良い具合に名古屋行きの普通電車が到着した。隣のホームの特急だか急行が先に桑名に到着するようだが,急ぐ旅ではないし,混んでない電車で移動したいものだ。
 少し離れたところにある対岸の湯の山線のホームから,湯の山温泉方面の電車が発車した。

100104131615
 桑名駅に到着してみて,近鉄養老線が養老鉄道養老線に変わっているという事実を,記憶の奥底から引っ張り出すことができた。
 ひとつのホームが二つに仕切られていて,一カ所に有人改札口がある。

 ということで,養老鉄道養老線に乗ることに決定。一度下車してみたかった美濃高田駅(岐阜県養老町高田)界隈の町を歩いてみることにする。

100104131858
 美濃高田までの切符を買ってラッチ内へ。隣の近鉄のホームに,名古屋行き特急列車が入ってきた。

100104132020
 養老鉄道養老線のホームに桑名止まりの電車が入ってきた。折り返し大垣行きの電車になる。
 天気が良すぎて,ホームが暗くならない露出にしたら電車の色がずいぶん違った感じになってしまった。

 電車は心配になるぐらいガラガラだった。まぁ,主要顧客である高校生が乗っていないから仕方がないのかもしれない。当然ながら,運転席横のかぶりつき席に座る。電車はワンマン運転で運行されている。

100104140053
 美濃松山駅で対向列車と列車交換。
 養老鉄道の日中の列車はサイクルトレインになっていて,自転車をそのまま持ち込むことができる。ホームで待っている少年二人も自転車を持って乗り込むようだ。自転車を輪行袋に入れないですむのは楽ちんだ。沿線の自転車好きは楽しいだろうな。

100104141246
 ナイガイテキスタイルの工場に隣接した駒野駅。前面に貼ってある「サイクルトレイン」の丸いステッカーが,写真に入り込んでしまった。

100104143103
 美濃高田駅に到着。桑名から乗ってきた大垣行きの電車と,桑名行きの電車が並んだ。

100104143210
 美濃高田駅を出た大垣行きの電車は,右に大きくカーブして走り去っていく。平坦な地域ではあるが,川に掛かる橋の数を少しでも減らすために,二本の川が合流するところまで下ってから川を渡っているようにも見えて,興味深い。

100104143235
 美濃高田駅の駅舎。
 ホームには跨線橋も地下道もなく,ホームの端で線路の上を横切るタイプである。電車に合わせてホームの嵩上げ工事を行っているため,駅舎とホームの間に段差が生じているが,元々は段差がない構造だったものと思われる。
 運転本数の少ない路線の駅では,このタイプが一番利用しやすいんじゃないかと思う。

100104143310
 日本の駅の見本のような駅舎である。

100104143337
 さて,高田の町を歩き回るとするか……。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

四日市の朝……というか昼

100104120746edit

四日市の朝……というか昼


 旅先でも,基本的には出不精である。昼ぐらいにならないと行動開始できない。困ったものだ。

100104115232
 というわけで,昼近くになってホテルを出る。今日の行き先は……まだ決めてない。関,亀山,平田町,内部,西日野,湯の山温泉,西藤原,阿下喜……と,行きたいところはいっぱいある。

100104115652
 近鉄名古屋線が見えたので吸い寄せられる。

100104115859
 近鉄名古屋線のガードをくぐると西浦一丁目となる。
 西浦センター。

100104120009
 左側の建物は天理教四日市分教会。

100104120158
 天理教四日市分教会に隣接して,ちょっとした飲食店街がある。

100104120326

100104120411

100104120441
 この先には,近鉄四日市駅の東口側のような商店街はなさそうだ。

100104120746
 振り返ると高架線の上を近鉄名古屋線の電車が走っていくところだった(いや,電車が来るまでここで待ったような記憶もある)。

100104121039
 近鉄湯の山線の高架線の方向に歩く。

100104121237
 近鉄湯の山線のガードをくぐると,家並みが一変する。
 アピタ四日市店などが入るララスクエア四日市である。

100104122011
 ララスクエア四日市の前から近鉄四日市駅,諏訪栄町に続く「ふれあいモール」。近鉄湯の山線の電車が走ってくるまで,歩いている人にじろじろ見られながら待つのは恥ずかしかった。

100104122413
 ララスクエア四日市の横を通って湯の山温泉方面に向かう近鉄湯の山線の電車。

100104122730
 近鉄四日市駅(近鉄百貨店)に併設された巨大駐車場。横の道路には車の長い行列ができている。

100104122858
 近鉄四日市駅の西口。

100104123004
 近鉄四日市駅西口前に停まる三重交通のバス。

100104123813
 近鉄四日市駅の案内板は,いわゆる「パタパタ」である。子供達も電車の行き先と時刻を確認中。

 とりあえず桑名までに切符を買って,そこから先は桑名に着いてから決めることにした。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日曜日)

豚テキにしよっか イチビキ醤油で 四日市

100103165739edit

豚テキにしよっか イチビキ醤油で 四日市


 弥富駅(愛知県弥富市)で名鉄尾西線からJR関西本線に乗り換え,途中の桑名で乗り換えなんぞをしながら,JR四日市駅に到着。

100103165312
 JR四日市駅の駅舎。

100103165219
 JR四日市駅前。
 JR四日市駅は四日市のコンビナートに近く,貨物の取り扱いもあるのだが,四日市の街の中心は2kmほど離れた近鉄四日市駅の周辺になる。
 今晩の宿は,その近鉄四日市近くに取っているので,ここからは四日市の街を適当にぶらつきながら今晩の宿を目指すことにする。

100103165552
 電車の中で,本町の北側に飲食店街があることに気づいた。

100103165622
 西側にずっと歩くと,諏訪町南交差点に続く通り(諏訪町は四日市の最大の繁華街)。
 近鉄名古屋線(当時は伊勢電気鉄道)がJR四日市駅(当時は国鉄四日市駅)の西側に隣接していたころ,この通りに沿って諏訪町方面から線路が延びてきて,このあたりで半径100mの急カーブでJR四日市駅の隣に滑り込んでいたという。写真の左側にある善光寺からとって,「善光寺カーブ」と呼ばれたそうな。

100103165645
 飲食店街のひとつの入口。喫茶 縁(えにし)はダッチコーヒーの店。

100103165712
 JR関西線の横,市営元町駐車場の横。

100103165725
 飲食店街の北側の一郭。四日市温泉がある。

100103165747
 ファサードが凝っている。残念ながら老朽化がだいぶ進んでいる。
 かすかに「三和商店街」の文字が読み取れる。

100103165919
 三和商店街の中へ。屋根までの高さが高い。

100103165934
 三和商店街の中から外を見る。

100103170031
 諏訪町南交差点に続く通り側に出た。

100103170040
 飲食店街を振り返るとこんな感じになっている。

100103170104
 こういう雰囲気,嫌いじゃないんだよなぁ。

100103170145
 さらに北側に進むと,老朽化で屋根が壊れてしまっている通路になる。残念ながら修理は難しそうだ。

100103170212

100103170237
 ブルーシートが掛かっているところは,修繕中なのだろうか。

100103170250
 たくさんの居酒屋やスナックが並んでいる。

100103170319

100103170355

100103170502
 北の端は道路端まで屋根が付いていない。

100103170642
 凝ったかたちになっていたと思われる入口上部が壊れてしまっている。

100103170654

100103170803
 中華料理桃園の先にある木々は善光寺。「善光寺カーブ」の善光寺である。

100103170822
 内と外。

100103170856
 今日は暗くなり始めてからここの飲食店街を訪問したが,次回はもう少し明るい時間に訪問してみたいと感じた。

100103171031
 西の近鉄四日市側に少し歩いたところから,飲食店街を振り返る。

100103172137
 沖の島町,四日市郵便局を過ぎて,諏訪町のヨーロッパ村。

100103172218
 なぜヨーロッパ村なのかは不明。

100103172638
 国道一号線(旧東海道)を渡ると,諏訪神社前の「表参道スワマエ」商店街。

100103172805
 全蓋式アーケードのある三番街発展会商店会商店街。「イチ・ニノ・3番街」

100103172947

100103173035
 公園通り商店街。公園通りの名の通り,北側で諏訪公園に突き当たっている。

100103173226
 諏訪公園のイルミネーション。普段はこういうものを撮らないけど,珍しく撮ってみた。基本的に三脚を使わないとまともには撮れない。

100103173705

100103173726
 客引きのお兄さんがチラホラ立っているので,無言で撮ると失礼にもなりそう……ということで,私にしては珍しく,お兄さんたちと世間話なんぞをしてから撮影している。

100103173824

100103174039
 なんだ凄いアーケード(?)が付いている。

100103174122
 晩飯を食う場所には困らない町だ。昨日痛めた腰の痛みもあり,さっさと晩飯を済ませて,ホテルにチェックインするか……。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

正月の風物詩参らせ候 津島

100103151609edit

正月の風物詩参らせ候 津島市


 今日は,昨日訪問することができなかった津島の街を歩くことにする。

100103120535
 まずは名古屋駅へ。JRセントラルタワーズが聳える。

100103121112
 桜通口正面の名物,大名古屋ビルヂング。高層ビル建築計画があるため,次にこのビルを見るときには,もう取り壊されているかもしれない。

100103124623
 名古屋から名鉄津島線経由の佐屋行き普通列車に乗り,津島駅で下車する。

100103124830
 津島駅前。

100103125503
 駅前にある藤浪町1丁目交差点。正面の通りは天王通り。津島神社に続く参道である。

100103125846
 天王通り。津島のメインストリートだと思われる。

100103130411
 天王通り五丁目交差点。

100103130602
 天王通り五丁目交差点の大倉や商店。

100103130920
 天王通り五丁目交差点を北側から見る。

100103131207
 天王通り五丁目交差点の北側にある交差点。コーヒー&スナックのパン屋さんがある。

100103131429
 宝町を歩く。

100103131752
 宝町。

100103132208
 天王通り四丁目に続く路地。

100103133116
 本町一丁目の伊勢正。微妙なカーブが実に良い感じだ。

100103133252
 米真商店と魚しま。

100103133345
 本町一丁目から寿町に続く通り。やぶ金。

100103133641
 糀屋の先に見えるのは津島市観光交流センター。

100103134013
 津島市観光交流センター。昭和4年建築の旧津島信用金庫本店を再利用したものらしい。

100103134034
 津島市観光交流センターの前から北側を振り返る。

100103134227
 天王通り三丁目付近。

100103134308
 天王通り二丁目付近。イトウ写真館。

100103134404
 堤下神社横の旧上街道。

100103134557
 天王通り三丁目。津島神社の参道だけあって,人通りが多い。

100103134823
 津島市観光交流センターのある通りを戻る。平徳呉服店。

100103135501
 五叉路(旧上街道本町交叉路)の横にある市神社・宗念寺の前から五叉路を見る。

100103135750
 五叉路には小さな祠もあるが,名称は不明。
 右側の細い路地に入ってみる。

100103135847
 路地を入ってすぐ左に銭湯(名称は不明だった)がある。今日は休み。

100103140056
 街路灯には本町一丁目と書かれている。路地の北側は米町になっている。

100103140511
 高屋敷町。この路地の先に,天然記念物「津島の大ムク」があるとGoogle先生は言っている。

100103141304
 津島の大ムクもあったはずの城之越町。
 肝心の大ムクは,残念ながら切り株になっていた。切り株からは若い枝が少しだけ伸びていて,新しい大ムクが生える可能性は残っているようだ。ただし大ムクになるのは600年後ぐらいだろうか。
 Googleマップには「津島の大ムク」として掲載されているが,実際には10年以上前に自然に倒れてしまったそうだ。

100103141815
 寿町。山善薬局,ことぶき屋。
 このまま西に向かって歩こうと思ったが,路上駐車の車が多そうに感じたので,上河原町から天王通り二丁目方向に歩く。

100103142236
 上河原地蔵堂。

100103142437
 清正公遺跡。左が上河原地蔵堂。

100103142820
 天王通り二丁目。クツのゑびすや・水谷乳母車の水谷ベビー。正面が天王通一丁目交差点。

100103143005
 天王通り二丁目から三丁目方向を見る。

100103143101
 天王通り二丁目から金町の路地に入る。入船鶏肉店。

100103143906
 天王通一丁目交差点から津島神社の表参道を見る。
 参道を通るクルマが多く,しかもその中には門前に停められないかどうか様子をうかがうようなクルマも多く,クルマが写らない一瞬を撮すためにずいぶん時間が掛かってしまった。

100103144709
 参道にある御神木・大イチョウ。

100103144812
 津島神社の大鳥居。
 赤のれんには行列ができていた。

100103144947
 たくさんの出店も出て,初詣客で大変な賑わいである。

100103145156
 津島神社側から参道を見る。

100103150226
 初詣客のほとんどは近所の方なのかと思い,人の流れに沿って歩いたところ,天王川公園へ。
 天王川公園の周囲が大きな駐車場になっていた。

100103150426
 天王川公園の北側。橋詰町二丁目の商店街。津島名物柿屋まんじゅうの店がある。

100103150504
 橋詰町二丁目。衣料センターホリタヤの右の鳥居は秋葉神社。

100103150732
 橋詰商店街へ。

100103150751
 橋詰商店街。スーパー東八百宗と西八百宗がある。

100103151000
 橋詰商店街。看板が重厚な加藤薬局。文具のゴトウには少年達がたくさん集まっていた。

100103151205
 橋詰三叉路。

100103151342
 戎徳呉服店(えびとく)とらく楽家具店(らく楽)。

100103151355
 橋詰三叉路。「左 津島神社参宮道」の文字によれば,昔は橋詰商店街のある通りが参道で,天王通りは近年になって新しく作られた参道なのだろう。

100103151411
 橋詰商店街を振り返る。

100103151458

100103151714
 本町二丁目の商店街。大好きな雰囲気なので,何枚も何枚も撮影してしまった。

100103151908
 横町。突き当たりは筏場神社のある筏場町になる。

100103151958
 本町二丁目の南側の三叉路。

100103152021
 本町二丁目。

100103152253
 本町三丁目。金明堂印刷所,マルコ薬局が並ぶ。
 裏には長珍酒蔵の工場がある。

100103152751
 今市場町一丁目の交差点。

100103152902
 本町四丁目。くつ,はきものの下駄理,内藤美容院などが並ぶ。

100103153031
 本町四丁目から今市場町一丁目の交差点側を見る。

100103153425_2
 弥生町。今市場町二丁目交差点から天王通五丁目交差点を結ぶ通り。
 ちょっとクルマの量が多くて,ここを歩く元気が無くなった。昨日痛めた腰の具合も,あんまり良くない。

100103153915
 今市場町三丁目交差点から津島駅前の藤浪町一丁目交差点を結ぶ通り。ハーキュリーズ通りと呼んでいるらしい。

100103154312
 名鉄津島駅。

100103160407
 津島駅のホームに弥富行きの普通列車が入ってきた。
 今日も名鉄本線を中心にダイヤが乱れているようで,津島線・尾西線でも運用が変更されていた。

100103161450
 弥富駅に到着。電車は折り返し豊明行きになる。隣のホームはJR関西本線の弥富駅。中間改札等はなく,跨線橋でつながっている。

100103161607
 跨線橋から,折り返し豊明行きの電車を撮影。

100103161835
 JR弥富駅のホームで電車を待っていると,名鉄の豊明行きの電車が発車して行った。JRの時刻表に合わせているわけではないようだ。

100103162022
 弥富駅のホームに桑名行きの普通列車が入ってきた。
 車内は結構混雑していたが,とりあえず乗り込んだ。が,桑名と言えば弥富から二つ目の駅。四日市まで行こうと思っていたので,ひょっとしたら次の電車を待ったほうが良かったのかもしれない(桑名で折り返しのために逆のホームに停車することが予想されるため)。

100103163057
 予想していた通り,桑名駅では乗り換えのために跨線橋を渡らなければならなかった。腰やひざが痛いので,できたら階段は上り下りしたくないのだが……(もう年寄り並の体力っす)。

100103164910
 桑名で乗った電車が四日市に到着。またまた跨線橋を渡って改札口へ。古レールをふんだんに使用した跨線橋だ。

100103165206
 四日市駅の改札口前。大きな駅だが,利用客はそれほど多くない感じだ。ホームの先にタンク車(貨車)が停まっている。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土曜日)

ノコギリ屋根が並ぶ 玉ノ井

100102145822edit

ノコギリ屋根が並ぶ 玉ノ井


 今まで名鉄尾西線の電車に乗ったことがなかったので,終点の玉ノ井(一宮市木曽川町玉ノ井)まで行ってみることにする。

100102144148
 名鉄一宮駅のホームに停車する玉ノ井行きの尾西線の電車。同じホーム(奥に小さく見える)に尾西線津島行きの電車が停まっていて,同時に両方向に発車する。
 玉ノ井からやって来た電車が,折り返すために行き先表示を「一宮」から「玉ノ井」に変更中。備忘録的写真を撮りたいので,行き先表示が「玉ノ井」に変わるまで待っていたが,切り替わる前に発車時刻になってしまった。

100102145332
 終点の玉ノ井駅に到着。
 以前は木曽川河川敷の木曽川港駅まで線路が伸びていたらしい。

100102145715
 地図を見たときに,玉ノ井駅周辺に大きな建物が多いので不思議に感じていたが,下車してその理由がわかった。毛織物の工場が密集しているのだ。しかもその多くはノコギリ屋根だ。
 写真は光与製作所のノコギリ屋根。

100102145840
 正月休み期間なので工場は稼働していないが,手入れされた外観から,まだ現役の工場だと思われる。

100102150104
 玉ノ井駅南西の踏切付近。
 じっくり撮影しようと思っていたところ,急に踏切の警報機が鳴り出した。

100102150128
 あわてて踏切近くまで歩いて,玉ノ井駅を発車した電車を撮影。

100102150513
 踏切から玉ノ井駅方向を撮影。「積雪 一旦停止」の看板は,一昨日取り付けたものだろうか。常設?……まさか。
 この踏切で積雪に足を取られ,うっかり腰をひねって痛めてしまった。

100102151813
 駅の西側,木曽川の(旧?)堤防だと思われる道路から。

100102152113
 玉ノ井駅方向への坂を下る。福島育ちだし,雪道を歩くのは慣れていたつもりだったが,体はすっかり歩き方を忘れているようで,ひっくり返らないようにするのが精一杯だった。いやぁ,恐ろしや恐ろしや。

100102152221
 それにしても,見事なノコギリ屋根である。

100102153122
 玉ノ井駅を発車して,ノコギリ屋根の横を走る一宮行きの電車。
 電車の長さの見積もりができてないので,左側が切れちゃっている。

100102153451
 木曽川玉井郵便局の前。

100102153725

100102153912
 暗渠化された奥村用水。光川繊維工場のノコギリ屋根。

100102153939
 暗渠化された奥村用水。右側は誠宏毛織。

100102154110
 路地を東へ歩く。

100102154443
 日誠毛織のノコギリ屋根。

100102154510

100102154541

100102154718
 だいぶ日が傾いてきた。

100102154821
 宮浩毛織の横。

100102155413
 宮東の児童公園横のノコギリ屋根。

100102155618
 寺西方面を見る。

100102160214
 賀茂神社の前を通り,宮前の通り。八百清商店と葛利毛織工業のノコギリ屋根。

100102160351
 玉乃井湯。

100102162058
 玉ノ井駅のホームに一宮からの電車が入ってきた。

100102162301
 玉ノ井駅に停車する電車。左側は光与製作所のノコギリ屋根。

100102163221
 一宮に向かう電車の中から夕陽を撮影。適当に撮ったのだが,よく見るとノコギリ屋根の工場が写っている。ノコギリ屋根の工場がいかに多いかがわかる。

100102164203
 一宮駅に到着。右の電車は,玉ノ井からの電車が到着したのと同じホームから,すぐに発車する津島行きの電車。
 玉ノ井の次に津島の街を歩こうと思っていたが,玉ノ井の集落がとても面白かったので時間を取られてしまった。津島の街は明日にしようっと。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

初市の土産話 一宮

100102130052edit

初市の土産話 一宮市


 年の初めは,尾張国の一宮の門前町である一宮(そのまんま)を歩くことにする。

100102122514
 名鉄一宮(尾張一宮)駅で下車する。駅前には一昨日の雪が残っている。
 数年前まで廃墟のような駅ビルが残っていたが,綺麗になくなっている。新しい駅ビルの建設計画があるらしい。

100102122645
 尾張一宮駅前。まずは駅前のぎんざ通りへ。

100102122920
 右に入ると駅前商店街となる。

100102123021
 駅前商店街。

100102123428
 駅前商店街。

100102123835
 どうでもいいけど,シャッターを切るタイミングを間違えた。

100102124040
 雪だるまが残っている。奥に見えるのが本町通りのアーケード。

100102124249
 本町通りの西側に並行する通り。
 紡績織物産業で栄えた町だけあって,繊維関係の店が多い(気がする)。

100102124401
 駅前商店街。

100102124429
 本町通り方向を見る。

100102124500

100102124647
 12月31日の晩の中京地方のテレビでは,大雪に関する臨時情報(名古屋高速の○○線通行止め等)が盛んに流れていたが,一宮でもかなりの積雪だったようだ。

100102124736
 ぎんざ通り方向を見る。

100102124844
 左側が本町3丁目,右側が栄3丁目となる。

100102125542
 全蓋式アーケードのある本町通り商店街。
 本町通りを真っ直ぐ北に歩くと,一宮の名の由来となった尾張国一宮,真清田(ますみだ)神社がある。

100102125555
 本町通り商店街の南側を見る。
 画像データのファイル名でもわかるように,この写真は(12時)55分55秒の撮影。こりゃ縁起がいい。

100102125716
 本町通りから駅前商店街方向を見る。

100102125845
 買い物客で賑わう三浦商店。

100102130054
 うなぎの寿司友。

100102130121

100102130147
 本町通り商店街から駅前商店街方向を見る。

100102130540
 駅前商店街。

100102130553
 駅前商店街から本町通りから駅前商店街を見る。
 上にも同じような写真をアップしているけど……,まぁいいや。

100102130936
 ルボテンサン。伝馬通り三丁目……略して伝三(テンサン)。「ルボ」は不明。通りの名前として伝馬通りは残っているが,地名としては「伝馬」も「三丁目」も残っていない。
 以前はグランドタマコシというスーパーだったらしい。

100102131112
 伝馬通りから本町通り商店街のアーケードを見る。とにかく,すんごいアーケードである。
 大分の「ガレリア竹町」のアーケードの文字が読めなくて30分ぐらい悩んだ記憶があるが,「Honmachi」も何だか読みにくい。わざと読みにくい手書き風の書き方をするのは流行なのだろうか。

100102133128
 本町3丁目。一宮市役所に続く通りの商店街。

100102133215
 串かつ・どて煮の木むらが気になったが,まだ営業してなかった。

100102133804
 左奥に見えるのが本町通りのアーケード。

100102134341
 新柳通りから大江・花園商店街(花園通り)を見る。

100102134634

100102134934
 御朱印地通り。

100102135138
 御朱印地通りから本町通りのアーケードを見る。本町通りから先は銀座通りとなる。
 それにしても,やっぱりこのアーケードはすんごい。

100102135410
 本町通り商店街のアーケード。

100102135433
 本町通り商店街。

100102135453
 本町通り商店街から銀座通り商店街を見る。

100102135620

100102135840
 銀座通り商店街から本町通り商店街のアーケードを見る。

100102135928
 銀座通り(駅前通り)は,途中にロータリーが設けられている。ロータリーになっていることがわかる写真を撮りたかったが,地上からではなかなか難しい。

100102135940
 銀座通り商店街。

100102140049
 銀座通りのロータリー。

100102140351
 銀座通りのロータリー。

100102140658
 ロータリー部分が地下駐車場への出入り口になっている。

100102141630
 銀座通り商店街。

100102142359
 名鉄一宮(尾張一宮)駅。
 駅に降りたときには,尾張国一宮の真清田神社まで行くつもりだったが,うっかり駅まで戻ってきてしまった。すっかり耄碌したようだ。
 「津島・玉ノ井方面」が気になるので,真清田神社周辺は次の機会に歩くことにして,名鉄尾西線の電車に乗ることにする。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金曜日)

西尾劇場で涙に霑るる心地なり

100101160235edit

西尾劇場で涙に霑るる心地なり 愛知県西尾市


 名鉄西尾線の電車に乗ったら,西尾市にある「西尾劇場」という戦前の木造劇場(映画館)が,何十年ぶりかで芝居小屋として復活したというニュースがあったことを思い出した。映画館や芝居小屋として使用されるような大きな戦前の木造建築には興味があるので,ぜひともこの目で見てみたい。

100101152639
 ということで,吉良吉田から佐屋行きの急行に乗り,西尾駅で下車。

100101152723
 西尾駅のホーム。

100101152855
 西尾駅の東口。駅前に大きな商業施設「ファミリータウンミカ」がある。

100101153705
 西尾駅西口の駅前から西尾駅の駅ビルを振り返る。

100101153814
 西尾駅の正面に鎮座する西尾劇場(裏側)。ただし,驚いたことに,道路の反対側にある西尾劇場へ行くには,南北に遠く離れた横断歩道まで回らなければならない。

100101153841
 西尾劇場の南側の路地。

100101154309
 西尾劇場の正面が見えてきた。

100101154518
 西尾劇場。見事な建築物である。車が停まっていなければ,なお良いのだが……。

100101154542
 西尾劇場の正面には飲食店が並んでいる。中心には小さな祠が祀られている。

100101154921
 西尾劇場の北側。

100101155207
 西尾劇場の正面の通りから西尾劇場を振り返る。

100101155312
 小さな祠と西尾劇場が正対するようになっている。「花ノ木耕地整理組合碑」と掘られており,街の由来がかいま見える。

100101155449

100101155924
 西尾劇場の周囲をぐるりと回ったので,これから西尾の街中を歩いてみようとしていたところ,先ほどまで西尾劇場の前に駐車していた車が,いつの間にか無くなっていることに気づいた。
 どうせなら余分な車が停まっていない写真を撮りたいので,西尾劇場の前に戻る。

100101160259
 西尾劇場の見事なファサードを撮ろうとした瞬間,それを見ていたかのように,さーっと西日が差してきて見事な絵になった。

100101160354
 西日が差し込んだのは一瞬だった。

100101160930
 さて,軽く西尾の街を歩いてみることにする。永楽町4丁目付近。

100101161016
 永楽町4丁目交差点。

100101161344
 ときおり日差しが差し込む,気まぐれな天気である。

100101161458
 吾妻町の旅館伊藤館のある通り。

100101162007
 秋葉神社のある裏路地を曲がると,はとみそのはと屋の工場・倉庫が並んでいる。煙突が街のアクセントになっていて凄く良い。

100101162227
 何もない壁だって魅力的なのだ。

100101162257

100101162534

100101162601
 路地から本町通りに出る。

100101162937
 綺麗に整備された本町通り。

100101163209
 本町通り。日没間近になり,街並みの写真を撮影するのが厳しくなってきた。

100101163457
 肴(さかな)町商店街。本町通りと違って,昔ながらの商店街が残っている。

100101163758
 肴町商店街。

100101163841
 肴町商店街。

100101164018
 肴町から順海町の崇覚寺に向かう路地。楽しそうな路地だったが,ついうっかり歩くのを忘れてしまった。

100101164509
 肴町と天王町の間の十字路。

100101164822
 肴町と天王町の間の交差点。車が停まっていない状態の写真を撮るのに時間が掛かってしまった。

100101165152
 天王町の商店街。

100101165401
 天王町の商店街。

100101165605
 天王町から和泉町に続く路地。

100101165817
 天王町から路地を入って瓦町へ。

100101170027
 伊文町。伊文神社の山門前。

100101171235
 竜神通り。スナックなどの飲食店が点在する。

100101171313
 南旭町の商店街。

100101171523
 永楽町3丁目。

100101171803
 西尾駅に戻る途中で,もう一度西尾劇場へ。
 明かりが点いてたら嬉しいな……とも思っていたが,さすがに1月1日に開くことはない。

100101172437
 西尾駅前へ。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が孫 織り姫 蒲郡市

100101131002edit

我が孫 織り姫 蒲郡市


 2010年元旦。
 豊橋から東海道線の岐阜行き下り普通列車に乗る。強風のためか,岐阜方面の降雪のためか,列車の運休や遅れがあった。

100101122751
 蒲郡駅(愛知県蒲郡市)で下車。
 JR蒲郡駅がすっかり高架化されている。前回蒲郡駅で下車したのが何年前のことだったか忘れたが,そのときはまだ高架工事が始まったばかりだったと記憶している(名鉄の駅は高架化されてた)。

100101123200
 蒲郡駅の北口。

100101123359
 蒲郡駅北口前。

100101123955
 蒲郡駅前商店街を北へ。

100101124205
 広小路交差点。

100101124236
 広小路交差点の周囲は集合ビル型の商店街になっている。

100101124311
 広小路交差点。

100101124412
 広小路交差点。すべて三階建ての集合ビルに統一されている。ほぼ同じ時期に建築されたようだ。

100101124711
 駅前商店街をさらに北へ。

100101125022

100101125234
 昨日に続いて風が強い。南側が晴れているので日差しはあるが,山側には分厚い雲がかかっている。

100101125448

100101125630
 中央本町南交差点方向を見る。

100101125803

100101130029

100101130048
 アーケードが付いた本町銀座通り商店街。

100101130111
 本町銀座通りが蒲郡の中心的な商店街だと思われる。駅前の商店街と同様に,集合ビル型の商店が並んでいる。

100101130241
 本町銀座通りの本町西交差点方向を見る。

100101130332

100101130540
 本町銀座通り商店街。

100101130800
 蒲郡の商店街に,このような集合型の商店が並ぶことになった理由は何なんだろうか。ちょっと気になる。

100101130840

100101130849
 本町銀座通り商店街の中央本町交差点方向を見る。

100101131002

100101131231
 中央本町交差点。

100101131517
 中央本町交差点方向を振り返る。

100101131639
 中央本町南交差点。

100101131706
 中央本町南交差点から西に続く中央通り発展会商店街。

100101132036

100101132357

100101132614
 元町北交差点。

100101132743
 元町北交差点から東側を見る。

100101133120
 元町交差点。

100101133133
 元町交差点から北側を見る。

100101133323
 元町交差点から東側を見る。

100101133920
 JR東海道線の高架線をくぐると単線の名鉄蒲郡線の高架線が見えてくる。

 蒲郡の高架線には不思議な記憶がある。
 最初に蒲郡駅で下車(JR or 国鉄から名鉄に乗り換えただけだったが)したときには,名鉄の蒲郡駅だけは既に高架化されていた。
 その後,近年になって同じように蒲郡駅で乗り換えたときには,名鉄の駅もJRと同じ地上駅になっており,高架線の一部は取り壊されている状態だった。あれれっ,なぜ地上駅に戻すんだろうと思ったら,しばらくしてまた名鉄だけ高架駅に戻り,JRの高架化工事が始まっていた……。
 そして今回,両方とも高架化された状態を見たことになる。

100101134528
 正面が名鉄蒲郡線とJR東海道線の高架線。

100101134801
 国道23号線の栄町交差点付近。

100101134950
 国道23号線。栄町交差点方向を見る。

100101135136

100101135858
 市民会館東交差点からマリンセンターハウス方向を見る。

100101140148
 山側にはずっと厚い雲がかかっていた。

100101140322
 蒲郡港。

100101140856
 栄町交差点の南側。

100101141014
 国道23号線の栄町交差点。

100101141849
 蒲郡駅の南口(名鉄)。タクシー乗り場の屋根がヨット風(ひっくり返ってるけど)になっている。駅前にはヨットのオブジェもある。

100101142443
 名鉄蒲郡駅のホームから南口広場を見る。駅前にはアピタ蒲郡店があり,駐車場待ちの車が行列を作っていた。

100101143049
 名鉄蒲郡駅のホームに電車が入ってきた。2両編成の電車はワンマンで,すべて吉良吉田駅との間で折り返し運転となっている。かつては名古屋方面への直通列車も走っていたが,ずいぶん寂しくなったものだ。

100101150824
 蒲郡から乗った電車が吉良吉田駅に到着。
 蒲郡線の電車は,かつて碧南方面に向かって延びていた三河線のホームに停まった。名鉄広見線の末端区間と同様に,吉良吉田駅の構内で名鉄西尾線とは完全に分離されて,中間に改札が設けられている。

100101150851
 名鉄西尾線の電車に乗り込む。

100101151147
 西尾線の車内から吉良吉田駅の改札口方向を見る。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »