« 別府温泉 - 湯の町別府の温泉街を歩く [2] | トップページ | 大分のホバークラフトも見納め »

2009年10月13日 (火曜日)

別府の街の名残を惜しむ

091013121910edit

別府の街の名残を惜しむ


091013084025
 別府の朝。大分空港からの午後の便で帰るのがもったいないほどの,良い天気になった。

091013120222
 電車に乗る前に,iPhoneのGoogleマップでみて気になっていた家並みを見ることにする。
 この写真を撮る直前,まだカメラがカバンの中にあるときに,正面の高架橋の上を国鉄色の特急にちりんが走って行った。まさかそんなもんが走っているとは思わなかったので撮り逃してしまった……残念。

091013120614
 新宮通りが日豊本線の高架線をくぐるあたり。

091013120702
 焼きたてのパンの,カナンベーカリー。

091013120733
 日豊本線の高架橋の下が「べっぷ駅市場」になっている。

091013120910
 高架橋の下の「べっぷ駅市場」。右がさくらい青果,左がくらうん薬局。

091013120933
 別府駅方向を振り返る。別府駅側の高架下にはダイエー別府店などが入っている。

091013120949
 丸栄鮮魚店。

091013121009
 高田青果店。

091013121039
 買い物客がひしめく感じではないが,そこそこ賑わっていて良い感じだ。

091013121050
 高田青果となにわ屋食肉店。

091013121126
 松田生花店。やっぱり商店街に八百屋さん,魚屋さん,花屋さんは欠かせない。

091013121201
 不老泉通りとの交差点。亀の井ホテルの横になる。
 まさに「市民の台所」といった感じの商店街である。

091013121248
 不老泉通りで一旦べっぷ駅市場は途切れる。

091013121317
 流川通りのように広い通りではないので,途切れても影響は大きくなく,荷積み・荷下ろしなどに使われている。

091013121726
 不老泉通りからさらに南側へ。左が井上海産,右が森崎青果。

091013121739
 左が惣菜の菜の花,右が森崎青果。

091013121800
 右の安部かき店の前が休憩所(ふれあい広場)になっている。

091013121923
 流川通りに面したかなりの部分をヒラオペット本店が占める。もの凄いペット関係の品揃えである。

091013122541
 流川通りとすれ違った後は,そこまでの高架下を歩くのとは違った感じになっていて,ちょっと戸惑った。外に出てウロウロしていると,高架線の上を白くカッコいい列車が走ってきた。あわててシャッターを切ったが,真下からじゃまともには撮れない。

091013122555
 あきらめずに走り去るところも撮っては見たが,あえなく撃沈。

091013122730
 べっぷ駅市場を引き返す。フルーツショップ森崎青果。

091013122900
 不老泉通りの西側から見る。

091013124025
 田の湯町の路地を歩く。もう少し南側の流川8丁目交差点から先を歩いてみたかったが,飛行機を予約してしまっていると,ある程度早めに確実に飛行場まで行っている必要があるので,このまま街歩きをしていることに不安を感じてくる。「だから飛行機は嫌いなんだ……」という気持ちと一緒に。

091013124455
 田の湯町の旅館とみた。左側は別府駅の高架橋。

091013124826
 別府駅の西口。ホームに停まっているのは博多行きの特急ソニック。バスは扇山団地行きの亀の井バス。

091013125503
 別府駅のホームへ。東口前を見る。

091013130506
 ホームの先の西口側を見る。別府駅のホームには洗面台が残っている。

091013130640
 ホームに佐伯行きの普通列車が入ってきた。

091013131011
 最後からゆっくり乗ったら座れないぐらい満員になったので,カメラを持ったままドアのところに立つ。
 一駅目の東別府駅の雰囲気が良かったので一枚撮影。

091013131141
 高崎山の裾を走る日豊本線の電車の中から,別府湾の先に見える別府の街を撮影。

 別府の街は,たった2日じゃとても撮影に満足できず,まだまだ見て歩きたいところがたくさんある街だった。今度はいつ見に来れるだろうか……。

 ── Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH.

|

« 別府温泉 - 湯の町別府の温泉街を歩く [2] | トップページ | 大分のホバークラフトも見納め »

・44 大分県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

グーグルの検索からここを見つけました。
別府大学の学生なので馴染み深いものです。
あと数年したら懐かしい気分になるんでしょうかね。

投稿: | 2015年11月18日 (水曜日) 19時08分

 若いうちにいろいろと目に焼き付けておくことは,とても大事だと思いますよ。
 人生の半分の四十歳を過ぎると,若い頃に経験するような「まっさらの新しい経験」はほとんどなくなり,過去の似たような経験との比較の中で生きて行くことになり,嫌でもあれこれ懐かしさを感じるようになりますよ。

投稿: 三日画師 | 2015年11月23日 (月曜日) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/46530839

この記事へのトラックバック一覧です: 別府の街の名残を惜しむ:

« 別府温泉 - 湯の町別府の温泉街を歩く [2] | トップページ | 大分のホバークラフトも見納め »