« 上大岡の午後 | トップページ | 交通機関に祟られた日 »

2009年4月12日 (日曜日)

京急田浦 船越町の商店街を歩く

 約3年ぶりに京急田浦駅界隈を歩いてみる。
 京急田浦駅のある船越町地区は,長浦港にある工場群や海上自衛隊,米軍基地と共に栄えた町だ。既に普通の住宅地になりつつあり,商店街が賑わっているとは言えないが,そこかしこに繁栄の残り香のようなものが漂っており,興味深い街である。

090412151517
 京急田浦駅(神奈川県横須賀市)。出来たてホヤホヤの駅舎だ。通過する電車の中から,ホームの改良工事が行われていることには気付いていたが,駅舎のほうはそれほど古いものだとは思っていなかったので,駅舎まで新しくなっていてビックリ。

090412151548
 京急田浦駅の駅前には横須賀街道(国道16号線)が通っており,駅舎側が商店街になっている。その北側を見る。

090412151750
 横須賀街道を南側へ下る。

090412151915
 化粧品店にも花が並んでいる。

090412152453
 横須賀街道の船越町交差点から東側を見る。左側の石垣は船越小学校。石垣の上にはソメイヨシノの木が並んでいるが,すっかり葉桜になっている。

090412152629
 船越町交差点を少し南に歩くと,アーケードのある仲通り商店街の入口がある。

090412152800
 仲通り商店街。残念ながらシャッターが閉まったままの店が多い。3年前には開いていたBARBER「フクイズミ」も,シャッターが下りている。

090412152940
 横須賀船越郵便局の裏側の路地。

090412153031
 路地の奥に,銭湯「竹の湯」の煙突が見える。

090412153206
 路地の正面に見えるのが船越小学校。

090412153419
 ショーケースが楽しいレストラン「らんぶる」。

090412153445
 買い物客で賑わっているYOKOSANスーパー船越店。

090412153515
 割烹飯田屋のある路地。

090412153655
 風流な感じのある割烹飯田屋。

090412153845
 仲通り商店街の歯抜けになっている部分,アーケード側面全体が覆われている。

090412153930
 アーケードに不釣り合いな感じの照明。明かりが点いていないので,アーケード全体が暗い。

090412154053
 少し広い通りをはさんで,アーケードが続いている。

090412154244
 船越タクシーのある通り。

090412154759
 仲通り商店街のアーケードを抜けると,東芝ライテック横須賀工場横の広い通りに出る。

090412154955
 飲食店の多い路地に戻る。

090412155121
 こけし,おかね等の飲み屋が並ぶ。

090412155145
 銭湯「竹の湯」。

090412155310
 「こけし」「おかね」が並ぶ路地に,「竹の湯」の煙突の影がのびる。

090412155517
 竹の湯の隣,中華料理の珍来。

090412160027
 赤十字が印象的な遠藤薬局。

090412160052
 片山ビル前の交差点。

090412160234
 船越小学校の南側を通り,横須賀街道の船越町交差点に続く道路。

090412160850

090412161007
 正面が船越小学校。

090412161242
 ホルモン焼根岸屋とスナック「ロロ」。

090412161536

090412161629
 片山ビル。

090412161850
 こけし〜仲通り商店街に続く路地。

090412161930
 東芝ライテック横須賀工場前の横断歩道横の串焼き「串一」。

090412162149
 皆ヶ作に続く路地。スナック「順子」,バー「城」が並ぶ。

090412162429
 バー「城」のアーチ状の窓が面白い。子供達がスーパーボール(弾性の大きいゴム製のボール)で遊んでいた。

090412162534

090412162635
 バー「一・二・三」にもアーチ状の窓がある。

090412162715
 階段にも花が置かれていて,良い雰囲気だ。

090412162732

090412162941
 再びバー「城」。周囲には,新しい大きなアパートが増えている。

090412163042

090412163325
 セブンイレブンのところに戻る。

090412174116
 京急田浦駅のホームへ。
 浦賀行きの各駅停車が下りホームを出て行った。

090412174154

 ── Nikon D3 +AF-S Zoom Nikkor ED 28-70mm F2.8D

【参考】
2006年5月21日 (日曜日):京急田浦の町をぶらつく

|

« 上大岡の午後 | トップページ | 交通機関に祟られた日 »

・14 神奈川県横須賀市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

どこに視点を置くかの違いも当然あるのでしょうが、
京急沿線になると管理人さんは生き生きしているような…。 (^^
見ている私も楽しくなってしまいます。

田浦はJRの方にしか行ったことがないような気がします。
それもかなりピンスポットだったので、「行った」とは言えないかも…。

投稿: riki | 2009年4月13日 (月曜日) 10時28分

 京急線の駅の周囲には,それぞれにひとかどの歴史ある街があって楽しいです。
 自宅の最寄り駅から利用している横浜市営地下鉄は,横浜近辺は別ですけど,西側の終点湘南台までは新興住宅地ばかりで,まったく面白くありません。

 そうそう,管理的なことは何もしてないので,「管理人さん」はやめましょう。こっぱずかしいです。

投稿: 三日画師 | 2009年4月13日 (月曜日) 13時30分

昔逗子に住んでいました。船越から逗子に向かってトンネルを越えたあたりです。幼い頃よく母と一緒に買い物に行きました。高校生のころにはパチンコをやったり本屋をのぞいたり、この界隈をうろちょろしていました。今はその商店街もすっかり寂れてしまったようですね。懐かしいものを見せていただきありがとうございます。

投稿: | 2009年10月 6日 (火曜日) 06時06分

 おはようございます。
 船越のすぐ西にあるトンネルは,逗子市との境界になってるんですね。逗子市は面積が小さいというイメージがあったので意外でした。
 全国どこの商店街も厳しい時代になってしまいましたが,船越町界隈の商店街は寂しい状態ですね。かつての賑わいをご存じでしたら,なおさらですね。

投稿: 三日画師 | 2009年10月 6日 (火曜日) 10時21分

10月6日投稿した者です。京急田浦駅は改札付近はずいぶんきれいになりましたが、ホームはそのままですね。学生時代通学で利用しました。駅付近の石川化粧品店さんがまだ営業しているのはなんだかうれしいです。高校生のころ、ここで資生堂の「ブラバス」など買いました。

投稿: たぐ | 2009年10月 6日 (火曜日) 15時01分

 京急田浦駅の駅舎が新しくなったのはバリアフリー対策でしょうか。何度も通過したときに見ていたはずなんですが,ホームが古いまま残っているためか,気が付きませんでした。

投稿: 三日画師 | 2009年10月 6日 (火曜日) 23時13分

どうもはじめまして!今更ながらコメントさせていただきます。まさか自分の町をこんなに取り上げられているとは思いもよりませんでした。私ももう直ぐ40も半ばにさしかかり、ふと町内を歩き回りあまりの閑散さに老人ばかりで・・船越商店街でこちらにヒットしました。
横須賀生まれの横須賀育ち、横須賀はとても閉鎖的です。そんな横須賀が嫌で丁度友人も皆都内近郊に移り住んだのもあり20~30までは武蔵小杉に住みましたが、やっぱり戻ってきました(笑)友人もほとんどが戻ってきてます。海と山に囲まれた横須賀は住みやすいですよ!その衰退ぶりには泣けてきますが、この船越と言う町も以前は私が小学生位は小学校下も商店街も活気があり、父の話では上大岡からも買いに来る主婦がいたとか!新鮮でよかったらしいです。私の家はたぐさんが通ったであろう逗子へ続く道の道路沿いに住んでまして、京急の鉄橋をくぐると、肉屋(現在、お好み屋&居酒屋)→八百屋(閉店)→小学生の頃は映画館(現駐車場)→着物屋(現存)→駄菓子屋(駐車場)→魚屋(閉店)→タバコ屋(現閉店)→酒屋(駐車場)→布団屋(閉店)→八百屋(閉店)→餅屋(現存)→タバコ雑貨屋(駐車場)→パン屋(閉店)→駄菓子屋(閉店)→高梨牛乳(閉店)と商店街に出るまでも無く、逗子に行くまでに大方の買い物が出来るほどお店があったんです!それが今では・・・人は確実に増えているのに何でですかね?と言ってる私も車で逗子に行きます。買い物もほとんど横浜~都内です。たまに横須賀中心に行くと泣けてきますね。丸井も無い西友も無くなりさいか屋大通りも無くなり、ギャンブルとキャバクラの町ですよ。
何か長々なりました。何だか嬉しくて!コメントの方々もどこかですれ違ったんじゃないかなぁって(笑)商店街のパチンコ屋自分も高校の頃小遣い稼ぎに行ってましたよ。ちなみに、某お笑い芸人とは同級生です。

投稿: かず | 2013年6月12日 (水曜日) 03時21分

 かずさん,気合いの入ったコメントありがとうございます。
 横須賀に対する思いが感じられるお話をいただいたこと,嬉しく思います。

 横須賀という街は,横須賀を出たいと思うにしても,戻りたくなるにしろ,やっぱりどうしようもなく「横須賀」なんでしょうね。うまく表現できませんが……。

投稿: 三日画師 | 2013年6月13日 (木曜日) 01時41分

かず様
 船越のあの通りの事をよく憶えてらっしゃいますね。私がよく憶えているのは映画館です。やがてロマンポルノ専門になってしまい、前を通る時ドキドキしていたと思います。
 船越に最後に行ったのはもう7,8年前ですが、その頃すでに中通り商店会も開けているお店はあまりありませんでした。横須賀中央もさいか屋も表通りからなくなってしまい寂しい限りですね。

投稿: たぐ | 2013年6月20日 (木曜日) 18時12分

たぐ様
両親が相次いで他界し今でも実家に戻って住んでますからね!犬の散歩などで閉店した店を思い出しては感傷にしたったりしてます。もうこれ以上は衰退しそうに無いので7韓年前とはあまり変わらないかと思います。たぐさんのコメント見たときは『うわぁ』絶対うちの前を何度と無く通ったんだろうなぁって、最近は古くなってきたので建替えに休日は展示場巡りです。そうそう、私は高校の頃、沼間坂上かな?の正面にある『レストラン大栄』でアルバイトしてました。なんと時給450円!!さすがに私の年代でも破格に低い設定です。でも楽しかったです。当時夢は料理人だったので(笑)

投稿: かず | 2013年7月 4日 (木曜日) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/44653148

この記事へのトラックバック一覧です: 京急田浦 船越町の商店街を歩く:

« 上大岡の午後 | トップページ | 交通機関に祟られた日 »