« 大船の街に春一番が吹く | トップページ | 朝,珍しい夢から醒めず 鮫洲 »

2009年2月13日 (金曜日)

五十沢のあんぽ柿

 あんぽ柿の本場である福島県伊達市五十沢から,生産者直販のあんぽ柿が届いた。

090213212557

 某メーリングリストの管理人(のご両親)があんぽ柿生産農家の方で,普段は農協に出荷しているあんぽ柿を直接譲っていただいたのだ。
 昨今の食の安全問題がらみで,あんぽ柿を農家にてひとつひとつ密封包装しなければならなくなったそうで,その手間とコストは大変なものだろうと感じる。

 幼い頃,実家の軒先にぶら下がった干し柿を,待ちきれずに次から次に食べてしまったことを思い出しながら,次から次に袋を破ってかぶりついてしまった。

|

« 大船の街に春一番が吹く | トップページ | 朝,珍しい夢から醒めず 鮫洲 »

」カテゴリの記事

コメント

わんばこ~ん! 
なんてうまそうな、いえ、おいしそうな”あんぽ柿”の写真でしょう。 福島出身だけに三日さんも有名な”あんぽ柿”好物だったのですね。
時々、市田柿と共にあんぽ柿も食べますが、あんぽ柿の袋には福島産と記してありますものね。 どちらかというと、あんぽ柿のほうが好みですが。
白虎隊、磐梯山だけでなく、福島は果物の産地ですね。

投稿: べる まっちす | 2009年2月14日 (土曜日) 23時13分

 柿は,硬いガリガリのも大好きですし,干し柿も大好きです。福島では本当に身近な果物でしたから。

 福島は,あまり知られてないんですけど,実は果物の生産量が多いんですよね。これという日本一のものがなくて,どれも山梨や山形に日本一の座を譲ってるため,マイナーなんでしょうね。

投稿: 三日画師 | 2009年2月15日 (日曜日) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五十沢のあんぽ柿:

« 大船の街に春一番が吹く | トップページ | 朝,珍しい夢から醒めず 鮫洲 »