« 昔,雪村という絵師あり | トップページ | 台風襲来の日,上大岡の診療所へ »

2008年9月14日 (日曜日)

(←かなざわ※んこ→)

080914155841edit

(←かなざわ※んこ→)


 今日は久しぶりに一眼レフを持って外出する。

 久しぶりついでに,久しぶりにコシナの20mm F3.8というMF単焦点レンズを使ってみる。使うのは10年ぶりぐらいだろうか。このレンズは10数年前に新品を購入したものだが,焦点距離20mmの超広角レンズにもかかわらずコンパクトで,しかもこれが最大の特徴なのだが,新品でも1万円前後という驚異の低価格だった。当時,PENTAXのKマウントやニコンのFマウント一眼レフを使っていた人なら,お世話になった人も多いはず。

080914154112
 あれこれ買い物をした後,乗った電車に揺られて金沢文庫駅で下車する。
 何と何と,ここでトラブル発生。PENTAX K10Dにコシナ20mm F3.8を付けてきたのは良かったが,ちゃんと動くかどうか確認するのを忘れていた。露出が全然合わないのだ。

 焦る……。どうも絞りが正常に動いていないような感じだ。レンズをボディから取り外してピントリングを回すと滑らかだが,ボディに取り付けると無限遠近くで若干引っかかる。再びボディからレンズを取り外し,絞り連動ピンを(ボディに取り付けたときのように)指でスライドさせてからピントリングを回すと,やっぱりちょっと引っかかる感じがある。どうもここが怪しいようだ。

 他にレンズは持ってきていない。仕方なく,強烈に露出補正を掛け,画面のあらぬところでAEロックしながら撮影を続けることにした。

080914154151
 京浜急行金沢文庫駅(横浜市金沢区)。
 銀塩フィルムカメラで使っていた頃から逆光での弱さには定評(?)のあるレンズだったが,その特徴はデジタル一眼レフになっても引き継がれている。

080914154339
 金沢文庫駅前。
 くもりのち雨という天気予報だったが,良い方向に外れてくれたようだ。

080914154416
 この縮小写真ではわかりにくいが,レンズの光学系もどこかおかしいようだ。逆光に弱く,周辺の流れが大きいことはわかっていたが,そこそこ良い写りをすると思っていた中心部も期待外れ。これ以上大きなサイズでは見るに耐えないほどの写りだった。でも,まぁいいっか。

080914154506
 金沢文庫すずらん通り商店街。
 ここまで写真をアップしてから,2007年6月17日にすずらん通り商店街を歩いたときのエントリーを見たら,情けないことに同じような写真ばかりになっていることに気づいた。毎回自由な視点で写真を撮るようにしているつもりだったが,同じ被写体を前にすると,手癖というかクリシェというか,結局同じような撮り方をしている……。

080914154725
 すずらん通り商店街から駅前広場方向を見る。

080914154818
 三木証券金沢文庫支店に続く路地。

080914154925
 やきとり鳥千代の前を野球帰りの少年達が通り過ぎる。

080914155226
 パチンコ国際会館横の路地にある小料理たかの前。

080914155356
 9月の中旬だが,まだミンミンゼミやアブラゼミが鳴いている。不思議なことに,ツクツクボウシの鳴き声がほとんどない。何年かの周期で発生量が異なっているはずなので,たぶん今年はそういう年なのだろう。

080914155647
 アミーゴ青果前の路地をすずらん通りに向かって歩く。

080914155707

080914155841
 すずらん通りの京城苑,中華佐野金……。

080914155934
 すずらん通りを金沢文庫駅方向に戻る。

080914160040
 川端靴店。

080914160123

080914160157

080914160328
 金沢文庫駅東口前広場。正面に見えるのがすずらん通り商店街。

080914160443
 居酒屋「停者場(ていしゃば)」。停車場……って懐かしい響きだなぁ。

080914160538

080914160742

080913233930
 最後に,K10Dに付けたコシナ20mm F3.8の写真。
 Φ62−Φ72のアダプタリングが付いているのは,キヤノンの花型フードEW-73を付けられるようにしたため。硬質のスポンジでアダプタリングと花型フードを脱着可能にしていたが,スポンジが経年変化でボロボロになってしまった。

 ── PENTAX K10D + COSINA 20mm F3.8 MC

|

« 昔,雪村という絵師あり | トップページ | 台風襲来の日,上大岡の診療所へ »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

レンズつけた写真はかっこいいですね。

なんだか古さを感じる絵だなあ。
シャープならいいというわけでもないですが、他のレンズを使ったときにもっと違いが分かるかも。

「かすがたり」を見させてもらったら納得しましたけど。
「写るんです」なんかだとこんな感じですかなあ。

なにはともあれ動けるようになられて一安心。

投稿: osa | 2008年9月15日 (月曜日) 22時45分

 以前使っていた携帯電話のカメラも,こんな感じの写りだったような気がします。パソコンのディスプレイに表示してみると,画面のどこにもピントが合ってなくて,自分の目がかすみ目にでもなってしまったかと目薬を差したくなるような絵ですね。

 まぁ,ひねくれた写りのレンズでも,それはそれで許容できちゃったりするんですが,露出が合わないのには困ってしまいました。

投稿: 三日画師 | 2008年9月15日 (月曜日) 23時47分

自由な視点でカメラを向ける事って簡単なようで難しいような。。。自由って響きはいいけど、私は得意ではないですね。。。三日画師様みたいに着の身着のまま(失礼!)で旅に出掛けられる人が羨ましいです。。。

投稿: ひろやん | 2015年9月 3日 (木曜日) 16時25分

 自分ではあれこれ敏感なつもりでいますが,ある意味で鈍感なところがあるからかもしれません。

投稿: 三日画師 | 2015年9月 9日 (水曜日) 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/42474866

この記事へのトラックバック一覧です: (←かなざわ※んこ→):

« 昔,雪村という絵師あり | トップページ | 台風襲来の日,上大岡の診療所へ »