« 土電が走る城下町 高知 | トップページ | 土電後免線 北浦ごめんなはり »

2008年5月 3日 (土曜日)

コウゾミツマタ和紙の町 伊野

 はりまや橋電停から伊野(いの)線の電車に乗り,和紙の町伊野(高知県いの町)を目指す。

080503124426
 はりまや橋電停で伊野行きの電車を待つ。
 伊野線の電車は,途中の鏡川橋止まりや朝倉(高知大学前)止まりが多く,終点の伊野まで行く電車は約20分に一本となっている。結局電車を数本見送ることになった。
 鏡川橋を渡る電車や鴨部電停付近の狭い道路を走る電車を撮影したいと考えていたので,伊野行きの電車が来るまで待つ必要はないのだが,今日は気温が32℃と真夏並みになり,暑くて歩き回る気力が出ないため,手っ取り早く伊野まで行くことにしたのだった。

080503125048
 伊野行きの電車はすいていて,しかもほとんどの乗客は降車するときに便利な前の方に乗っていたため,最後尾の逆かぶりつき席に座ることができた。途中下車して撮影しようと思っていた場所も,安直に車内から撮影することにする。

080503130157
 旭町三丁目電停。電停の北側にショッピングセンターがあり,乗降客が多い。

080503130454
 鏡川橋電停付近。

080503130628
 鏡川橋を渡る。両側を道路橋に挟まれた面白い構造になっている。
 空の明るい部分に黒い斑点が2つ……。D3のセンサにゴミ?

080503130748
 鴨部電停付近のバス停。

080503130821
 鴨部高町付近に電車のすれ違い場所があり,道幅が少し広くなっている。

080503131206
 曙町電停。鴨部や曙町の電停にはホームが無く,道路の緑色にペイントされた部分で乗降することになる。慣れないとかなり怖い。

080503132415
 末端区間はスタフ閉塞式(or タブレット閉塞式 or その他……残念ながらその違いが理解できていない)で運行されており,途中でスタフの交換が行われる。

080503133234
 土佐電鉄伊野線の終点,伊野電停に到着。
 近くにはJR土讃線の伊野駅があり,2〜300m離れている。これを近いと見るか遠いと見るかは人それぞれだと思うが,土佐電鉄伊野線の伊野電停の100m程度東側にはJR伊野駅に最寄りの伊野駅前電停がある。

080503133420
 電車はすぐに折り返して行く。日中の電車はほとんどが文珠通行きとなる。

080503135951
 土佐和紙が名産だといういの町(伊野町)を歩く。数年前に周辺の村を合併し,伊野町からひらがな表記のいの町となった。伊野という読みやすい地名をなぜひらがな表記にしたのか,まったく理解不能である。土佐電鉄の行き先表示が「いの」とひらがなになっているのとは事情が違いすぎる。文章にしたときのわかりにくさを考慮していないとしたら,まさにアホとしか思えない。

080503140019

080503140102
 町の北側には加茂山が聳える。

080503140403
 町中を早稲(さいな)川が流れる。早稲川はJR伊野駅の南側で宇治川に合流し,そのすぐ下流で仁淀川に流れ込む。

080503141035
 早稲川に架かる橋。

080503141202

080503141411
 大和町付近。

080503141451
 本町の商店街。

080503141547

080503141814
 本町の路地を入る。

080503141913
 和紙(?)でできた鯉のぼり。和紙の町らしく,紙製の鯉のぼりが町中に泳いでいた。

080503141941
 路地の片隅にある小さな祠。

080503142138

080503142318
 町立図書館……。歩いているときには図書館だと気づかなかった。

080503142559

080503142714

080503142746
 西町から天神通に流れる川。名称は不明。

080503142830
 西町。

080503142854
 川沿いの路地を歩く。

080503142921

080503143259

080503143453

080503143638
 普通の鯉のぼりも泳ぐ。

080503144047

080503144140

080503145506
 土佐電鉄伊野電停に戻る。ちょうど電車がやって来たところだった。

080503145521
 明神観光ハイヤーの前から。

080503145615
 文珠通行きとなった電車に乗り込む。

080503151930
 鴨部付近ですれ違う電車を撮影。この写真だけはさすがにD3ではなく,Cyber-shot DSC-W200で撮影。

 ── Nikon D3 + AF-S NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G

 【2008年5月 3日 (土曜日):土電後免線 北浦ごめんなはり】に続く

|

« 土電が走る城下町 高知 | トップページ | 土電後免線 北浦ごめんなはり »

・39 高知県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

深夜におじゃましまっした。
GWは四国、南国土佐でしたか。土佐のかつおは食べましたか?  和紙の鯉のぼり、いいですねぇ。 狭い静かなところを土佐電が通っているのですね。

投稿: べる まっちす | 2008年5月11日 (日曜日) 22時09分

 かつお,ばっちり食いましたよ! 厚めに切った初ガツオは実に美味かったです。
 タタキにニンニクのスライスが付いているのもグーでした。実は私の田舎の実家では,家族中ニンニクが好きで,刺身類にはニンニクを摩って使うことが多かったのですが,それを思い出して嬉しくなってしまいました。

投稿: 三日画師 | 2008年5月11日 (日曜日) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/41157223

この記事へのトラックバック一覧です: コウゾミツマタ和紙の町 伊野:

« 土電が走る城下町 高知 | トップページ | 土電後免線 北浦ごめんなはり »