« 鶴見線国道駅【モノクロ版】 | トップページ | 大船大東橋交差点 »

2008年4月 9日 (水曜日)

国道駅から生麦貝浜へ【復刻版】

 堤防ができて変わり果ててしまった鶴見川河口を見て,覚悟はしていたものの,やはりちょっとショックだった。わずか4年前に撮った同じ場所の写真を見直しているうちに,当時のブログ記事の写真を追加&差し替えたくなった。その時使用していたのはDoblogというブログサービスで,写真の掲載枚数に制限があったため(私のように写真を大量にアップするユーザーを想定していなかったのだろう),街の状況をうまく説明できていないと感じたのだった。

【当時のエントリ】
 2004年1月24日 (土曜日)『鶴見線の国道駅から鶴見川河岸(生麦)へ』
 ──────────────────────────────────────
【2004年1月24日 (土曜日) 復刻版】
040124145320
 鶴見線の鶴見駅(横浜市鶴見区)。扇町行きの電車が発車を待つ。

040124145505
 鶴見線の電車は103系ばかりで味気ない感じだが,この大量生産の権化的103系も首都圏では急速に減少し,希少価値を持ちつつある。

040124145726
 先頭車両も撮影。

040124150233
 鶴見駅から一駅目の国道駅で下車する。国道駅は昭和の雰囲気を残すことで有名な駅である。

040124151450
 反対側のホームに鶴見行きの電車が入ってきた。

040124152141
 そうこうしているうちに鶴見からの次の海芝浦行きの電車がホームに入ってきた。

040124152554
 国道駅構内の跨道橋から見事なアーチ状の天井を持つ商店街(?)を見る。放置自転車が山のように積まれている。

040124152813
 ホームの階段を下り,改札口へ。

040124153157
 改札を出ると,そこはまさに昭和30年代。映画のセットのようなたたずまいである。

040124153823

040124154545
 昭和の雰囲気をそのまま残す国道駅は有名だが,実はそこから50メートルほど歩いた鶴見川河岸には,古い時代にタイムスリップしたような雰囲気があって,私の大好きな場所だった。
 が,しかし約5年ぶりに訪れて驚いた。雰囲気のある河岸の風景は一変し,護岸工事の真っ最中だった。

040124155217
 鶴見川の河口方向に200mぐらい歩くと,まだ工事が進んでいない区域となる。

040124155357
 堤防工事が進む鶴見川に架かる鶴見川橋梁を電車が走る。

040124155622
 河岸に建っていた住宅やバラックは,既にほとんどが立ち退いている。

040124155726

040124155820

040124155850
 ここはわずかに以前の街の面影を残している。

040124155903
 あちこちに「ここは国土交通省が管理する国有地なので柵の中に入るな」という案内板が掲示されている。

040124155940

040124155959

040124160022
 このあたりも数年後には新しい住宅地となるか,あるいは堤防の外側となり,鶴見川の流れの中に取り込まれるのだろう。

040124160403
 この付近の鶴見川の河岸には堤防が無く,古い街並みが川と接していた。河岸には小さな漁船や釣り船が並び,子供たちが川で遊んでいる,そんな町だった。たくさんの貝殻が混じった白っぽい細い道だけが以前の古い家並みの面影を残している。

040124160456

040124161031
 この風景が見られるのもあとわずかだろう。

040124161040

040124161138

040124161455
 遠くの鶴見川橋梁を電車が走る。

040124161541
 この付近の河岸は貝殻でできている。「貝浜」「貝殻浜」とか「生麦貝浜」と呼ぶらしい。

040124161602
 少しアップで撮るとこんな感じになっている。

040124161643

040124161808

040124162208

040124162326
 今日は一日曇り空だったが,静かな河岸でのんびりしていたら,晴れ間から夕日が……。

040124162336
 この風景が2004年の今日まで京浜工業地帯のど真ん中に残っていたこと,それ自体が奇蹟だったのだと,今頃になって気づいた。

040124163504

040124164150
 国道駅に引き返すことにする。

040124165245
 国道駅のホームに鶴見行きの電車が入ってきた。

040124165622
 鶴見駅に到着。

040124170044
 鶴見駅の跨線橋から,鶴見線の電車が発車していくのを見る。

040124170054
 鶴見駅を貨物列車が通過する。

 ── PENTAX *ist D + smc PENTAX-DA16-45mm F4 ED -AL-

|

« 鶴見線国道駅【モノクロ版】 | トップページ | 大船大東橋交差点 »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

横須賀のしんべえです。国道駅は見に行ったことがありますが、近くの鶴見川まで足を伸ばしたことはなかったです。貝浜見てみたかったです。

投稿: しんべえ | 2008年4月12日 (土曜日) 11時16分

 しんべえさん,こんばんは。

 貝浜の一部は残す,という話を聞いていたのですが,残念ながら現在残っているところには貝殻の密集は見あたりませんでした。

投稿: 三日画師 | 2008年4月13日 (日曜日) 04時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/40824379

この記事へのトラックバック一覧です: 国道駅から生麦貝浜へ【復刻版】:

« 鶴見線国道駅【モノクロ版】 | トップページ | 大船大東橋交差点 »