« 阪堺電車で浜寺公園へ | トップページ | 水間鉄道に乗る »

2007年5月 2日 (水曜日)

毛織物の町 ─ 泉大津を歩く

070502161820edit2

毛織物の町 ─ 泉大津を歩く


 今晩の宿は泉大津市のビジネスホテル。堺市と和歌山市の間の都市は,今までは通過するばかりであまり縁のない土地だったが,この機会にいくつかの街を訪ねてみようと思う。

070502160136
 南海電鉄泉大津駅前(南東側)のロータリー。大都市郊外の都市の駅前に典型的な景観である。

070502160605
 泉大津の市街地側,北西側の駅前から駅ビルを見る。泉大津駅は現在高架工事の真っ最中であり,元々南海電鉄関係の商業施設だったと思われる駅ビルは移設のためなのか,それとも営業不振のためなのか,理由は不明だが営業している雰囲気はなかった。
 賑わいの中心は駅の東側に移りつつあるように感じた。

070502160634

070502160818
 泉大津駅の西側の市街地を歩く。

070502160933
 アーケードのある中央商店街。Googleマップによれば,このアーケードが旧紀州街道になっている。

070502161004

070502161116
 立派な商店街だが,歩行者よりも自転車の方が目立つ。商店街の利用者の住居が,中心市街地から郊外に移りつつあるのが原因だと思われる。

070502161304
 各商店が工夫を凝らしている。

070502161435
 路地に入るといろいろなかたちの煙突が見えた。泉大津は古くから毛織物の生産地として知られ,関連の工場も含めて大小の工場が多い。泉大津市のキャッチフレーズは『毛布・ニットと港湾のまち泉大津』である。

070502161608

070502161616

070502161626

070502161800
 中央商店街のアーケードを抜けたところにある神明通商店街。

070502161820
 雰囲気のある商店街だ。

070502161950

070502162116

070502162134

070502162221
 街の中を流れる川(名称不明)。

070502162356
 橋の反対側は暗渠化されている。

070502162427
 神明町付近を歩く。

070502162616

070502162757

070502162909

070502162941

070502163103

070502163122
 本町付近には神社が多い。

070502163305
 古い工場の建物に多いギザギザの屋根(ノコギリ屋根)があちこちに残っている。

070502163646

070502163725
 東港町付近には,黒塗りの漆喰壁を持つ落ち着いた家並みが多く残っている。

070502164159

070502164236
 こういう建築物は大きな工場の敷地内に残っていることが多く,部外者は近づくことができないのが普通だが,ここ泉大津ではそれが街の中に点在しているため,歩いていて新鮮な感じがする。

070502164347

070502164415

070502164940
 工場が臨海部に移ってしまったためか,ほとんどの建物はひっそりとしている。

070502165512

070502170415

070502170544

070502170631

070502170755
 泉大津駅の東側には高層アパートも建ち始めている。泉大津から難波(なんば)駅までは普通列車でも約30分。敷地の大きな工場跡地に高層アパートが建ち並ぶ日は近いかもしれない。

070502171253

070502171429

070502171601

070502171609

070502172715

070502172803

070502183854
 駅前のビジネスホテルの窓から外を見ると,特徴的なギザギザ屋根(ノコギリ屋根)が並んでいるのが見えた。

070502183954

070502184157

070502194156
 日没後,すぐに大きな月が出てきた。

【使用したカメラ】
・縦横比2:3の写真…PENTAX K10D + smc PENTAX-DA16-45mm F4 ED -AL-
・縦横比3:4の写真…Canon IXY DIGITAL 800IS

|

« 阪堺電車で浜寺公園へ | トップページ | 水間鉄道に乗る »

・27 大阪府」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/15043309

この記事へのトラックバック一覧です: 毛織物の町 ─ 泉大津を歩く:

« 阪堺電車で浜寺公園へ | トップページ | 水間鉄道に乗る »