« 粉河寺の門前町 - 粉河 | トップページ | 那賀の中心 ─ 岩出の街を歩く »

2007年5月 5日 (土曜日)

引き返して打田

 粉河に向かう電車の中から見た打田(うちた)駅周辺の雰囲気が気になってしかたなくなり,和歌山行きの電車に乗って引き返した。

070505160718
 打田駅に到着。

070505160818

070505160906
 旅に持ってきた国土地理院の地形図(国土地理院のWebページを印刷したもの)では,打田駅周辺の家屋密集地域は非常に小さく,粉河や名手市場,そして岩出のような市街地は存在していない。地形図で下車駅を大ざっぱに絞り込んでいたが,打田駅はまったく興味の対象外だった。しかしながら,駅前の商店の並びは,電車の中からちらっと見ただけで,引き返したくなるだけの魅力に満ちていた。
 よく見れば,打田駅の北側には紀の川市の市役所がある。紀の川市は,名手市場のある那賀町,粉河町,昨日乗った和歌山電鐵貴志川線の終点貴志のある貴志川町,桃山町そしてここ打田町が合併して出来た市だが,その市役所がここ打田にある。町の位置的要因からの選択だろうか。町の規模からすると不思議な感じがしておもしろい。

070505160928
 駅の南側には大きな倉庫がある。昔は貨物の取り扱いもしていたのだろう。

070505160948

070505161038
 打田駅のホームと駅南側の倉庫。

070505161116
 小さなローカル駅的風情の打田駅。

070505161154
 打田駅前の商店。

070505161220
 駅前から北にのびるメインストリート。

070505161344

070505161417

070505161504

070505161619
 駅から少し離れると,すぐに家屋が少なくなる。粉河に比べて,遙かに小さな街である。

070505161659

070505161959

070505162028

070505162243
 駅前広場を俯瞰する。

070505162344

070505162438
 肉眼では魅力的な家並みが見えるのだが,残念ながらなかなか良い撮影ポジションが得られない……。しかたなく,跨線橋の小さな隙間からIXY DIGITALで撮影する。コンパクトデジカメはこういうときに重宝する。

070505162515

070505162933
 こういうハンドルの自転車に乗っていたことを5年後ぐらいに思い出すと,とても恥ずかしい思いをするんだろうなぁ。

070505163826
 打田駅から和歌山線の電車に乗り,岩出駅を目指す。今日は橋本(和歌山県橋本市)か五條(奈良県五條市)あたりに泊まろうかと思ったのだが,なかなか宿がとれず,粉河から逆戻りしたついでにさらに和歌山方面に逆戻りして,岩出(和歌山県岩出市)のホテルに泊まることにした。

【使用したカメラ】
・縦横比3:4の写真…Canon IXY DIGITAL 800IS
・縦横比2:3の写真…PENTAX K10D + smc PENTAX-DA16-45mm F4 ED -AL-

|

« 粉河寺の門前町 - 粉河 | トップページ | 那賀の中心 ─ 岩出の街を歩く »

・30 和歌山県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 旅行で和歌山線をご利用される方がいらっしゃるとはうれしい限りです。よほどの鉄道ファンでも関西以外の方はなかなか利用しづらい様ですから…和歌山線は昭和47年まで蒸気機関車が走っていて幼少のころ祖父が駅の東側の踏切まで連れって行ってくれたのを思い出します。当時は打田駅が近辺の主要駅で急行列車も停止し、たまねぎ等の農作物の集荷場(裏の倉庫もそうであったと思われる)で貨物車もよく行き来していました。最近は隣町の岩出市(関西空港へ勤務される方が多く居住)の繁栄と逆行し過疎化が進んでいます。市役所はご推察のとおり合併した五町の位置関係で旧役場が昇格し、近くに不釣合いな程立派な図書館などできたりして、誰が納税してんだと疑いの声が聞こえてきます(年寄りばかりで現金収入あるやつはほとんどいません…)。万が一魔が差して再びおこしになられることがございましたら是非お声をかけてください。近所に居住可能な空き家(私の家よりずっと立派)がいっぱいあります。  紀の川市在住のおっさんでした。

投稿: きんた | 2007年6月11日 (月曜日) 23時49分

 きんたさん,コメントありがとうございます。
 打田が農作物の集散地で急行停車駅だったと聞いて,駅前の雰囲気や駅裏の大きな倉庫の由来がわかったような気がします。
 同規模の町が合併して市になった紀の川市の状況は,なんとなくわかります。中心が決まらないと,なかなかひとつにまとまりにくかったと思いますが,市名の元となった紀ノ川がまとめ役になったという感じでしょうか。

 岩出市が和歌山県内でも珍しい人口増加都市だというのは,後で知って驚きました。駅前にはその片鱗も見られませんでしたから。地図を見ると,岩出市から関空はそれほどの距離でもないですし,大阪の南部でしたら十分通勤距離なんですね。鉄道だけで移動していると,そういう距離感が全然わからなくて,岩出市の実態を知っている方から見ると,本当に的外れな内容になってしまったようです。

投稿: 三日画師 | 2007年6月12日 (火曜日) 02時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/15123748

この記事へのトラックバック一覧です: 引き返して打田:

« 粉河寺の門前町 - 粉河 | トップページ | 那賀の中心 ─ 岩出の街を歩く »