« 岩出から和歌山線に乗って… | トップページ | 大和二見から五條まで (その2) »

2007年5月 6日 (日曜日)

大和二見から五條まで (その1)

070506113245edit

070506113748edit

大和二見から五條まで (その1)


070506111811
 古い街並みが残っていることで知られる二見の街を歩くため,大和二見駅(奈良県五條市)で下車する。電車に乗っているうちに雨が上がることを期待していたが,残念ながらやむ気配はなかった。

070506111841
 電車が走り去るのを見送る。線路が撤去された対向式ホームが残っていて,線路跡の具合を見ると,線路は最近引き剥がされたようだ。

070506111924
 無人駅だが,駅舎内は意外に広い。

070506112047
 大和二見駅の駅舎。

070506112258
 駅前からのびる遊歩道。廃線跡と思われる。この廃線跡と思しき曲線は,吉野川(奈良県内では吉野川,和歌山県内に入ると紀ノ川と名前を変える)の河原まで延びている。吉野川を使った水運と鉄道輸送の接点が吉野川の河原にあったのかもしれない。

070506112317
 駅前を国道24号線が通っている。駅前から国道24号線を横切り,先に続いている細い道が旧紀州街道だと思われる。

070506112454

070506112848
 旧紀州街道の二見一丁目付近の家並み。

070506112949
 交差点から先が下り坂になっている。

070506113223
 二見一丁目と新町二丁目の境界付近から古い家並みが続いている。

070506113245
 旧紀州街道に沿った街並みは見事だ。

070506113354

070506113433

070506113444
 二見一丁目側の坂を振り返る。

070506113512
 雨は降り続ける。K10Dで綺麗な写真を撮っておきたいところだが,傘が手放せない状況では一眼レフは扱いにくい。K10Dは防滴仕様になっているが,人間の私は残念ながら防滴仕様になっていないのだ。
 しかたなく,左手に傘,右手にIXY DIGITALというスタイルで,片手で撮影を続ける。片手撮影は,写真の撮り方を説明した本などでは「絶対にやってはいけない撮り方」と記されていることが多いのだが,こうやって手を伸ばして撮ると,一眼レフでは(簡単には)撮ることのできないフレーミングの写真が簡単に撮れる。写真の撮り方に,「絶対にやってはいけない」なんてことは無いのだ。

070506113722

070506113748

070506113800
 泊まってみたくなるような旅館。

070506113834

070506113959
 細かなところにも職人の気配りが感じられる。

070506114105

070506114144

070506114345

070506114357
 遠くから見たときには,アーケード商店街が通りを横切っているのかと思ったが,どうも様子が異なるようだ……。

070506114601
 とにかく,この新町二丁目付近の街並みは凄く,江戸時代からのものと思われる家屋が多く残っている。

070506114717
 アーケードのように見えた構造物は,鉄道の高架橋だった。しかも,吉野川の手前で途切れている。

070506114831
 意外に新しい感じの高架橋である。連続したアーチが美しい。通りがかった人に尋ねたところ,大塔村の阪本までを結ぶ予定で建設中だった鉄道の未成線(坂本線)とのこと。Webで検索してみたところ,坂本線は五條市と紀伊半島南部の和歌山県新宮市を結ぶ五新線という壮大な計画の一部らしい。五條市と新宮市の間に広がる地域は吉野熊野国立公園であり,急峻な地形を縫うように蛇行して流れる吉野川の渓谷と,一帯の人口密度の低さを鑑みれば,とても鉄道を通して採算が取れるようには思えないのだが,戦前には既に計画があったそうだから驚きである。

070506115014
 寿命川を渡ると新町一丁目となる。

070506115144

070506115328

070506115558

070506120138

070506120434

070506120512
 吉野川の河原。雨は降り続ける。風が無く,雨に濡れた鯉のぼりがじっとぶら下がっていた。

【使用したカメラ】
・Canon IXY DIGITAL 800IS

|

« 岩出から和歌山線に乗って… | トップページ | 大和二見から五條まで (その2) »

・29 奈良県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/15126746

この記事へのトラックバック一覧です: 大和二見から五條まで (その1):

« 岩出から和歌山線に乗って… | トップページ | 大和二見から五條まで (その2) »