« 近江八幡の八幡堀周辺を歩く | トップページ | 北陸本線を乗り継いで福井へ »

2007年1月 5日 (金曜日)

近江商人の町 ─ 近江八幡

070105122352
 白雲橋を渡り,近江八幡の町に出るところに日牟禮八幡宮の鳥居がある。

070105122031
 日牟禮八幡宮の鳥居の前にある見事な洋風建築物が,白雲橋の名の元となった白雲館。元々は学校として建てられたとのこと。

070105122438
 大杉町から新町方向を見る。

070105122933
 新町通りの街並み。近江八幡市は,いわゆる「近江商人」発祥の地であり,江戸時代に商業の町として多いに繁栄したことが良くわかる。

070105123050

070105123459

070105123646

070105123827

070105124140

070105124543

070105124906

070105125130

070105125543
 新町や魚屋町の通りと直交する上筋商店街。

070105125859

070105130154

070105130317

070105130610

070105130921

070105131122

070105131928

070105132032
 仲屋町通りにも伝統的な家並みが残っているのだが,残念ながら路上駐車の車が多く,楽しめなかった。

070105132255

070105132536

070105134208
 大杉町のバス停で近江八幡駅行きのバスを待つ。

【使用したカメラ】
・PENTAX K10D + smc PENTAX-DA18-55mm F3.5-5.6 AL

|

« 近江八幡の八幡堀周辺を歩く | トップページ | 北陸本線を乗り継いで福井へ »

・25 滋賀県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

年末から新年にかけてあちらこちらへ行って来られたのですね。ゆっくり時間をかけた在来線を乗り継いでの旅をすることが出来て、なんとうらやましいことです。近江にこのような町並みが残っているとは知りませんでした。
京街道とは京都へ続く道なのでしょうか。タイムスリップしたような感覚になりそうですね。近江と聞いて写真を見ていて思い出したのが、”♪わては近江の子守りだす~...”という高石ともやではなく、その後で私が子供の時分に他の誰かが情緒豊かに歌っていた古いフォークソングです。あの歌のイメージの町ですね。三日さんは恐らく存じないと思いますが。晴れの良い天気に恵まれて良かったですね!
それではまた。
http://blog.livedoor.jp/enyachoice88/

投稿: べる まっちす | 2007年1月15日 (月曜日) 01時12分

 べる まっちすさん,コメントありがとうございます。
 今回の休みでは,時間がたっぷりあるということの幸せを,思う存分楽しんできました。天気にも恵まれましたし(まだブログを書いていない休みの後半では,台風並みに発達した低気圧の直撃を受けてしまいましたが),本当にのんびりできて良かったです。

#ココログがメンテナンスでしばらく使えなくなっていて,ちょっと驚きました。

投稿: 三日画師 | 2007年1月17日 (水曜日) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/13496979

この記事へのトラックバック一覧です: 近江商人の町 ─ 近江八幡:

« 近江八幡の八幡堀周辺を歩く | トップページ | 北陸本線を乗り継いで福井へ »