« フォッサマグナ糸魚川 | トップページ | 仕事始め »

2007年1月 7日 (日曜日)

猛烈な低気圧で列車が止まる

070107115724edit

猛烈な低気圧で列車が止まる


070107111954
 今日から二日間で能生や筒石の港町を歩いてみようと思っていたのだが,糸魚川駅に来てみると,台風並みに発達した低気圧の影響で列車のダイヤが乱れ,運休列車も多いことがわかった。強風の影響らしい。雪による被害ばかり考え,風による影響が頭になかったのは甘かったようだ。
 山形県の羽越本線で発生した特急列車脱線転覆事故や,日豊本線の延岡で発生した特急列車の転覆事故はいずれも竜巻の強風が原因だと推測されていて,その影響もあって風による運休が増えているのかもしれない。国鉄時代に設計された重くて安定した車両が転覆するのだから,風による事故を未然に防ぐために列車の運転を止めざるを得ないことはよくわかる。

070107114238
 天気予報では,低気圧の影響はこれからさらに強くなるらしい。列車の運休や遅れも増えている。今回は無理をせず,列車が動いているうちに帰宅することにした。幸いなことに,越後湯沢までの特急「はくたか」のグリーン車指定席窓側の切符が取れ,早速ホームへ。

070107114557

070107115537
 数分遅れでひとつ前の停車駅,泊駅(富山県朝日町)を発車したとの説明があった特急「はくたか」だったが,到着予定時刻になっても列車が来ない。泊駅と糸魚川の間には,難所として有名な親不知,子不知の海岸があるなぁ……,でも難所のほとんどはトンネルで通過するはずだしなぁ……と,いろいろ考える。結局,駅ホームのアナウンスがあり,青海駅付近の鉄橋で風速が25m/sを越えたため,運転を見合わせていたとのことで,20分程度の遅れで糸魚川駅に特急「はくたか」が到着。

070107115724
 列車に乗り込む。隣の大糸線のホームにもディーゼルカーが入線。ディーゼルカーは早速被写体になっていた。

070107121910
 特急「はくたか」は順調に走り,直江津駅に到着。北陸本線は,米山−柏崎間が不通になっていて,代行バスが運転されているとのアナウンスが何度も流れた。特急「はくたか」は直江津の先から北越急行線(ほくほく線)に入るため,不通区間の影響は無い……。と,高を括っていたのだが,ほくほく線内でも風速30m/sを越えているので,しばらく運転を見合わせることになる。
 まぁ,今日中に帰らなければならない理由はないので,のんびり待つことにする。

070107134510
 電車は直江津駅で1時間半程度停まったままだった。ぼんやりiPodで音楽を聴いていたが,突然ヘルメットをかぶったおじさんが車内に入ってきて一言,「バスの用意ができましたので,これから皆さんには長岡までバスで移動していただきます」とのこと。車内アナウンスをちゃんと聞いていなかったので,一瞬事態が飲み込めなかったが,どうやら代行バスで長岡まで行き,そこから上越新幹線で東京を目指すことになるらしい。
 非常事態の中,不謹慎ではあるが,これから何が起こるかわからない状況にワクワクしてしまった。

070107135321
 車外に出ると,ものすごい風が吹き付ける。真っ直ぐ立っているのが困難なほどの突風もある。

070107135819
 バスの一番後に席を確保した。できるだけ早くバスを降りたいと考えているひとが多いらしく,前の方の席は混雑していたが,後の方にはまだ空席が残っていた。乗客が概ね乗り終わると,すぐにバスは発車した。

070107140214
 直江津駅を出てすぐ,関川に架かる関川大橋を渡る。波浪(風浪)が尋常ではない。

070107140618
 上越ICから北陸自動車道へ。
 代行バスが車列を作る。列車の輸送量の大きさを実感する。

070107142316
 バスは高速道路を疾走する。ハイデッカータイプのバスなので,横風にあおられて時々少し蛇行するのが気になる。よく見ると,前を走るバスも風にあおられて蛇行している。もちろん,強風のため50km/h規制は敷かれているのだが。
 考えてみれば,強風のためバスやトラックが横転する事故は,列車が脱線転覆する事故よりも遙かに多く発生している。事故に遭う確率,事故で怪我をする確率,事故で死亡する確率……,どう考えても,そのまま列車を走らせた場合よりも,バスに乗って高速道路を走るほうがリスクは増えているではないか。列車の横転事故は珍しいので事件性が高く,人々の関心を集めるが,バスの横転事故は比較的多いため,注目を集めないだけではないだろうか……。

070107142430
 米山付近のトンネル。

070107142521

070107143829
 時々雨も強くなる。

070107154019
 長岡駅で新幹線に乗り換える。新幹線の代行列車が運転されるわけもなく,長岡から東京までの後続列車に乗り込むことになる。越後湯沢から東京までの指定席の切符を持っていても,席は確保されない。ホームのアナウンスも,「……指定席の切符は既に完売しております」と繰り返す。旅慣れない人には可哀想な事態となった。

070107154956
 長岡駅から乗った新幹線のデッキからの車窓。
 私は元々越後湯沢駅始発の新幹線をあてにして,新幹線は自由席の切符しか持っていなかったため,当初の予定通り次の越後湯沢で下車して,後続の始発列車に乗り換えることにする。越後湯沢駅始発なので,当然ゆったり座れるのだ。

070107170429
 熊谷駅。日本海側の嵐が嘘のように夕日が綺麗だった。

【使用したカメラ】
・PENTAX K10D + smc PENTAX-DA18-55mm F3.5-5.6 AL
・Canon IXY DIGITAL 800IS

|

« フォッサマグナ糸魚川 | トップページ | 仕事始め »

・15 新潟県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。めずらしい経験をしたのですね。やはり、これだけ電車を使って移動する長旅を度々していれば、天候に左右されるということもありえるのでしょうね。それにしても、三日さんはの旅は、昨日はあそこ、今日はここ、明日はあちら、とどちらへ行くのか三日さんの心のままに、見ている者には予測つかない面白さがありますね。

投稿: べる まっちす | 2007年1月21日 (日曜日) 11時38分

 今までいろいろ経験しましたが,代行バスは初めての経験でした。明確な目的を持った旅行でないことが多いので,辛い思いをする事故等でなければアクシデントはあっても良いかな,と思ってます。

 行き先の予測が付かないのは,私自身も同じだったりします。多少は計画性を持ったほうが楽しい旅になるかもしれないと実感することも多々ありますが,長年の行動を変えるのはなかなか難しいですね。

 どこをどのように歩いたのかを記録する備忘録のような位置付けのブログにしたいと思っていますので,撮った写真をあまり選別もせず,撮った順番に大量にアップしただけになってしまってますが,勘弁してください。いつも見ていただいて感謝しております。

投稿: 三日画師 | 2007年1月22日 (月曜日) 01時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猛烈な低気圧で列車が止まる:

« フォッサマグナ糸魚川 | トップページ | 仕事始め »