« 由比桜えび通りと由比漁港 | トップページ | 渥美半島の城下町 ── 田原市 »

2006年12月31日 (日曜日)

東海道の宿場町 ── 二川を歩く

 島田駅で乗った電車は豊橋行きだったが,ひとつ手前の二川(愛知県豊橋市)の町が気になったので下車してみた。二川は東海道の宿場町である。街並みに沿って東海道本線が敷設されたが,二川駅が町の西端に設置されたことと,自動車の通行量の多い国道一号線他の代替道路が旧東海道の南北に平行して設けられたことから,宿場町内の旧東海道の幅員が狭いままになっていて,昔ながらの街並みが残っていそうな予感がする。

061231153805
 橋上駅となっている二川駅から東の浜松方を見る。

061231154522
 さっそく旧東海道を東に向かって歩く。

061231155709
 二川駅を出てからしばらくは道路が拡幅されていて,家並みも疎らだったが,数百メートル程度のところから幅員が狭くなり,古い街並みが残っている。

061231155735
 大晦日の夕方だが,意外に車の通行量が多く,安心して歩くことが困難な状態だった。

061231160027
 できるだけ車が写真に写り込まないようなタイミングでシャッターを切ったが,次から次に車が走ってくるので困ってしまった。狭い通りなので,時折自動車同士の行き違いに時間が掛かって車の流れが止まり,そのおかげでシャッターを押すタイミングが取れたのは皮肉である。

061231160200

061231160304
 ヘルメットをかぶっていても,この通りを子供が自転車で走るのはちょっと怖い感じがした。

061231160633

061231160822
 町の中程には二川宿の本陣跡を改修した本陣資料館がある(写真右側)。こういう資料館の整備は,形として見える文化行政のひとつだし,それなりの観光客を集めることにはなるだろうが,肝心の二川宿の姿は風前の灯火であるように見える。

061231160935

061231161039

061231161511
 国土地理院の地形図等の地図では真っ直ぐに見える二川の町だが,本陣の前後には小さな鍵曲り(曲尺手)が設けられている。道路を拡幅すればすぐに消えてしまうほど小さな鍵曲りだが,こういうのも文化財として残してほしいものだ。

061231161539

061231161629
 二川駅から東側にだいぶ歩いた。宿場町の匂いがあまり残っていないので,「次の区画まで歩いたら引き返そう」というのを繰り返していたが,町の東側になればなるほど古い家並みが残っているため,なかなか駅に引き返せない。

061231161846

061231161927

061231162058

061231162128

061231162158

061231162329
 二川宿本陣資料館付近には古い家並みがほとんど残っていないが,町の東側にはまだまだ江戸から明治時代のものと思われる家並みが残っている。

061231162438

061231162554

061231162637

061231162908

061231163004

061231163056

061231163110

061231163141

061231163223
 宿場町の東端。見事な建築物である。

061231163312

061231163610
 二川駅に向かって夕暮れの宿場町を引き返す。家々には明かりが灯り始めた。

061231163752

061231164040

061231164257

061231164449

061231164644

061231170124
 JR二川駅に到着。

061231172811
 隣駅の豊橋駅(愛知県豊橋市)へ。今日は豊橋のビジネスホテルに宿泊することにする。

061231173032
 豊橋といえば豊橋鉄道の路面電車。JR豊橋駅前から若干離れたところに位置していた駅前電停が,約10年前に本当の駅前であるペデストリアンデッキの下に移設された。各地で廃止・縮小傾向にある路面電車が「伸長」されるのは全国的にも珍しい。

061231173011_1
 ふと駅前を見ると,西武百貨店のビルが無くなっている。

061231174724
 豊橋鉄道渥美線の新豊橋駅。駅名に「新」が付いているのは,JR豊橋駅からほんの少し離れているからだと思われる。路面電車と同様に,ペデストリアンデッキの下に渥美線の駅を移設できれば,本当に便利になるはずだが……。

061231175813
 豊橋鉄道新豊橋駅の構内。10年前に架線の電圧を1500Vに昇圧した際,一斉にステンレスタイプの車両に切り替わったが,駅の施設は昔から変わらないようだ。

061231181820
 宿泊したビジネスホテルの窓からは豊橋駅の構内が一望できた。

070101005446

【使用したカメラ】
・PENTAX K10D + smc PENTAX-DA18-55mm F3.5-5.6 AL
・Canon IXY DIGITAL 800IS

|

« 由比桜えび通りと由比漁港 | トップページ | 渥美半島の城下町 ── 田原市 »

・23 愛知県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/13386598

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道の宿場町 ── 二川を歩く:

« 由比桜えび通りと由比漁港 | トップページ | 渥美半島の城下町 ── 田原市 »