« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の7件の記事

2006年12月31日 (日曜日)

東海道の宿場町 ── 二川を歩く

061231161734edit

東海道の宿場町 ── 二川を歩く


 島田駅で乗った電車は豊橋行きだったが,ひとつ手前の二川(愛知県豊橋市)の町が気になったので下車してみた。
 二川は東海道の宿場町である。街並みに沿って東海道本線が敷設されたが,二川駅が町の西端に設置されたことと,自動車の通行量の多い国道一号線他の代替道路が旧東海道の南北に平行して設けられたことから,宿場町内の旧東海道の幅員が狭いままになっていて,昔ながらの街並みが残っていそうな予感がする。

061231153805
 橋上駅となっている二川駅から東の浜松方を見る。

061231154522
 さっそく旧東海道を東に向かって歩く。

061231155709
 二川駅を出てからしばらくは道路が拡幅されていて,家並みも疎らだったが,数百メートル程度のところから幅員が狭くなり,古い街並みが残っている。

061231155735
 大晦日の夕方だが,意外に車の通行量が多く,安心して歩くことが困難な状態だった。

061231160027
 できるだけ車が写真に写り込まないようなタイミングでシャッターを切ったが,次から次に車が走ってくるので困ってしまった。狭い通りなので,時折自動車同士の行き違いに時間が掛かって車の流れが止まり,そのおかげでシャッターを押すタイミングが取れたのは皮肉である。

061231160200

061231160304
 ヘルメットをかぶっていても,この通りを子供が自転車で走るのはちょっと怖い感じがした。

061231160633

061231160822
 町の中程には二川宿の本陣跡を改修した本陣資料館がある(写真右側)。こういう資料館の整備は,形として見える文化行政のひとつだし,それなりの観光客を集めることにはなるだろうが,肝心の二川宿の姿は風前の灯火であるように見える。

061231160935

061231161039

061231161511
 国土地理院の地形図等の地図では真っ直ぐに見える二川の町だが,本陣の前後には小さな鍵曲り(曲尺手)が設けられている。道路を拡幅すればすぐに消えてしまうほど小さな鍵曲りだが,こういうのも文化財として残してほしいものだ。

061231161539

061231161629
 二川駅から東側にだいぶ歩いた。宿場町の匂いがあまり残っていないので,「次の区画まで歩いたら引き返そう」というのを繰り返していたが,町の東側になればなるほど古い家並みが残っているため,なかなか駅に引き返せない。

061231161846

061231161927

061231162058

061231162128

061231162158

061231162329
 二川宿本陣資料館付近には古い家並みがほとんど残っていないが,町の東側にはまだまだ江戸から明治時代のものと思われる家並みが残っている。

061231162438

061231162554

061231162637

061231162908

061231163004

061231163056

061231163110

061231163141

061231163223
 宿場町の東端。見事な建築物である。

061231163312

061231163610
 二川駅に向かって夕暮れの宿場町を引き返す。家々には明かりが灯り始めた。

061231163752

061231164040

061231164257

061231164449

061231164644

061231170124
 JR二川駅に到着。

061231172811
 隣駅の豊橋駅(愛知県豊橋市)へ。今日は豊橋のビジネスホテルに宿泊することにする。

061231173032
 豊橋といえば豊橋鉄道の路面電車。JR豊橋駅前から若干離れたところに位置していた駅前電停が,約10年前に本当の駅前であるペデストリアンデッキの下に移設された。各地で廃止・縮小傾向にある路面電車が「伸長」されるのは全国的にも珍しい。

061231173011_1
 ふと駅前を見ると,西武百貨店のビルが無くなっている。

061231174724
 豊橋鉄道渥美線の新豊橋駅。駅名に「新」が付いているのは,JR豊橋駅からほんの少し離れているからだと思われる。路面電車と同様に,ペデストリアンデッキの下に渥美線の駅を移設できれば,本当に便利になるはずだが……。

061231175813
 豊橋鉄道新豊橋駅の構内。10年前に架線の電圧を1500Vに昇圧した際,一斉にステンレスタイプの車両に切り替わったが,駅の施設は昔から変わらないようだ。

061231181820
 宿泊したビジネスホテルの窓からは豊橋駅の構内が一望できた。

070101005446

【使用したカメラ】
・PENTAX K10D + smc PENTAX-DA18-55mm F3.5-5.6 AL
・Canon IXY DIGITAL 800IS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

由比桜えび通りと由比漁港

061231121653edit

061231112213edit

由比桜えび通りと由比漁港


061231095834
 沼津駅から東海道本線浜松行きの電車に乗り込む。

061231103735
 東海道本線の車内から,由比宿の古い家並みとたくさんの大漁旗が立ち並ぶ漁港が見えた由比駅(静岡県由比町)で下車する。跨線橋からは富士山の頂も見えた。

061231103942
 由比駅前。東海道本線と平行に延びている旧東海道由比宿跡。現在は「由比桜えび通り」と名付けられている。由比漁港は日本でも有数の桜えびの水揚げ高を誇り,町内には桜えび関連の店が多い。

061231104204
 同じく由比駅前から南側を見る。

061231104605
 駅から北側,旧由比宿である今宿,町屋原方面に歩く。富士山もちらりと見えてくる。

061231105329

061231105453

061231105612
 写真の左側が由比漁港に向かう道になっている。

061231105713
 由比付近では急峻な山が海岸近くまで迫っている。東名高速道路は由比漁港のさらに海側を通っているが,東海道新幹線は由比トンネルで山の下を通過する。

061231110453

061231110544

061231111410

061231111616

061231111745

061231112124

061231112416

061231112654

061231112815

061231113220
 正月を迎える準備が整ったようだ。
 家並みが多少疎らになってきた気がしたので,引き返して大漁旗がはためく由比漁港に向かう。

061231114515
 由比漁港。

061231114616

061231114748
 陸側から漁港を見る。奥に見えるのは,漁港の海側を通る東名高速道路である。

061231114824

061231115231
 たくさんの漁船が大漁旗を掲げている。

061231115707

061231115841

061231121905
 富士山と漁船が一緒に写るかもしれないと思って,漁港の海側(東名高速道路の袂)突端まで行ってみたが,残念ながら「ほら,この白いのが富士山だよ」と説明しないとわからない状況だった。

061231123741
 由比駅に戻る。途中で電車が走ってきたのでカメラを構えたところ,東海道本線では珍しくなった特急列車だった。

061231124324
 由比駅の駅舎。

061231124911
 熱海行きの上り普通列車。

061231135445
 由比駅から東海道本線の普通列車を乗り継いで,さらに西へ向かう。静岡駅で乗った電車は島田駅(静岡県島田市)止まりだったので乗り換える……。

【使用したカメラ】
・PENTAX K10D + smc PENTAX-DA18-55mm F3.5-5.6 AL
・Canon IXY DIGITAL 800IS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土曜日)

沼津の仲見世商店街を歩く

061230172735edit

沼津の仲見世商店街を歩く


 正月休み。ここ4〜5年は実家のある福島に帰省していないような気がする。まったく親不孝者だ,と自覚はしているが,まとまった休みが取れる滅多にない機会なので,旅に出ることにした。「旅は目的の無い旅こそが一番であり,帰路は『家に帰る』という目的が生じるから良くない」ということを言ったのは内田百閒(門構えに月)だが,私はそれに強い共感を覚える。一泊や二泊の旅では,半分近くは「帰路」になってしまうので面白くないのだ。

 とは言うものの,この時期の新幹線はいずれも帰省ラッシュで混雑している。前もって切符を買うという行為が好きではないので(指定席の切符を買ってしまうと,「その列車に乗る」という目的ができてしまうから…かも),とりあえず帰省ラッシュを避けて,在来線の東海道本線の電車に乗り込んだ。

061230170452
 沼津駅に到着。家を出たのが遅かったため,すっかり暗くなってしまった。

061230171152
 沼津駅前。

061230171326
 駅前の西側区画では再開発ビルの建築中。どのようなビルが建つのだろうか。

061230171418
 大型店の撤退が続いた沼津駅周辺だが,それでも静岡県東部の商業の中心である。

061230171444
 沼津駅の駅舎。沼津駅の高架化の計画もあるらしく,現在の駅舎は暫定版的な様相である。

061230171814
 建築中の再開発ビルの横から仲見世商店街を見る。仲見世商店街は沼津の中心となる商店街で,アーケードの付いたパルナードとその両側に広がっている。

061230172032
 既に正月モードになっている。

061230172122

061230172302

061230172555

061230172647

061230172735
 巨大な焼き餅からは,時々湯気が立ち上る。

061230173004
 商店街の一端には巨大な日の丸も掲げられている。

061230173218

061230173503

061230173823

061230174153
 道路がカギ形に交差している大手町付近。沼津の地図を見ると真っ先に目が行くところだ。

061230174705

061230181916
 沼津駅には駅の南北を繋ぐ自由通路がないため,南北の行き来には駅西側のガード下の薄暗い歩道を利用することになる。

【使用したカメラ】
・PENTAX K10D + smc PENTAX-DA21mm F3.2 Limited
・Canon IXY DIGITAL 800IS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土曜日)

平間〜中丸子〜向河原

061223145550edit

061223145614edit

平間〜中丸子〜向河原


 一昨日,飲み会で武蔵中原に向かう際に,南武線の電車の中から平間駅〜向河原駅間に続く商店街があることに気付いた。両駅から近いわけではない場所に商店街があるということは,昔ながらの由緒ある商店街に違いないと勝手に判断し,歩いてみることにした。

061223141916
 JR南武線の平間駅(川崎市中原区)で下車する。非常にシンプルで好感の持てる駅舎である。

061223141958
 駅前には商店街が広がっている。

061223142151
 天気は快晴。天気が良すぎて写真のコントラストが強くなり,影の部分がつぶれかけている。冬の斜光なので印象的な写真にはなりやすいが,記録することをメインにした私の写真には向かない天気だ。

061223142354
 平間駅の南側へ。

061223142436

061223142643

061223142749

061223143149
 平間駅の北側へ。ここから北隣の向河原駅まで商店街が続いている。

061223143330

061223143558
 平間駅北側の踏切。

061223143631

061223143859
 平間商店街を北上する。

061223143925

061223144130

061223144212
 ちょっとだけ商店の並びが途切れ,そこから先には北谷町通商店街となる。

061223144336
 昔ながらの商店街である。平間駅からはちょっと離れているが,そこそこ賑わっているように見えた。周辺には新しい高層アパートも建っており,うまくいけば面白いポジションの商店街になれそうだ。

061223144432

061223144521

061223144553
 商店街の名前が南武通り商店街に変わる。

061223145120
 南武通り商店街の西側に平行してJR南武線が走っている。
 南武線をくぐる通路があり,その付近がちょっとした広場になっている。自転車が多いのは,駅から多少離れているためだと思われる。

061223145306
 平間駅と向河原駅の中間付近に最も商店街らしい雰囲気の区画がある。

061223145333

061223145550

061223145614
 南武ストアーは町田の仲見世商店街などと同じ,昔ながらのアーケード型集合商業施設である。

061223145638

061223145711
 駅やスーパーマーケットの集客力に依存しない,こういう商店街がしっかり生き残っているのは嬉しい。

061223145854
 商店街の周辺には住宅地が広がっている。

061223150006

061223150306
 いつの間にか商店街は中丸子商店街になっている。

061223150744

061223151539

061223152244
 向河原駅が近づくと向河原商店街となる。

061223152539

061223152630
 駅に近づくと周辺に大きなアパートが増えてくるが,徐々に商店街としてのまとまりが薄れてきた感じだ。

061223152753

061223152917

061223152955
 向河原駅の北側を東西にのびた向河原商店街。奥に見えるのはNEC玉川事業所の高層ビル。

061223153341
 インパクトのある看板……に引き寄せられたが,残念ながら開いてなかった。

061223153402
 下沼部の交差点。

061223153819
 下沼部の交差点を渡り,さらに東へ歩くと多摩川に突き当たる。手前の道路は多摩川に沿った多摩沿線道路。この「多摩沿線道路」という名称は何故かピンと来ない。

061223153917
 多摩川。川の向こう側は東京都大田区である。多摩川をはさんで東京都と神奈川県の地名には共通点が多く,このあたりも神奈川県側が上丸子,中丸子,東京都側が下丸子となっている。

061223154038
 多摩川の土手はサイクリングロードとして整備されていて,ジョギングやサイクリングをする人で賑わっている。
 遠くに見える鉄橋は東海道新幹線・横須賀線の鉄橋である。

061223155243
 向河原駅前に戻る。

061223155344
 向河原駅。

061223155948
 上丸子のNEC工場跡でも巨大なビルの建築中。一帯は武蔵小杉駅にも近く,また横須賀線の駅が新設されるという話もあり,5年後には大きく変貌しそうな勢いである。

061223160046

061223160343

061225001447
 今日使用したのは,K10D + DA16-45mm F4ED。*ist D専用の標準ズームレンズとして2年ぐらい前に購入したレンズである。PENTAXのWebサイトや各所の評価記事で,K10Dの標準レンズであるかのように登場するため,今日は一日付けっぱなしにして使用してみた。
 結果には大満足だった。細身の鏡胴で,ズーム全域F4固定なので扱いやすい。厳密な数値上の画質比較をしたわけではないが,画面の隅から隅まで破綻の無い画像が得られるという意味では,ニコンの大口径標準ズームレンズAF-S DX Nikkor ED 17-55mm F2.8Gよりも優れているように感じた。

【使用したカメラ+レンズ】
・K10D + smc PENTAX DA16-45mm F4ED AL

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日曜日)

ぷらむろーど杉田商店街を歩く

061210151411edit

ぷらむろーど杉田商店街を歩く


 今日は横浜市磯子区にある「ぷらむろーど杉田」商店街を歩く。

 ぷらむろーど杉田商店街は,京浜急行の杉田駅とJR根岸線新杉田駅の間に延びる古くからの商店街である。
 最初に駅の案内板を見たときには,「ぷろむなーど」と勘違いしていた。「ぷらむ」は杉田付近が梅の名所だったことに由来するという。アプリコット(apricot)ならまだしも,梅からプラム(plum)……スモモに繋げる発想は,ぶっ飛んでると思う。
 昨晩からの雨が上がって午前中には晴れ間も見えたが,京急杉田駅に着いた頃には曇り空になってしまった。

061210143641
 京急杉田駅(横浜市磯子区)と一体化し,東急ストアなどが入った商業ビル「プララ杉田(誰を対象としたどういうマーケティングをするとこのような奇妙な名前になるのだろうか)」を出ると,眼下にぷらむろーど杉田商店街が広がっている。

061210143822
 プララ杉田の東側。客待ちのタクシーが並ぶ。

061210144003

061210144238
 商店街の定番,今川焼き。

061210144358
 横須賀方面からの電車が走ってきた。

061210144742
 京急杉田駅西口側から踏切を見る。京急のシンボル,赤い電車が頻繁に通り過ぎる。

061210145106

061210145548
 商店街を逸れると古くからの住宅地になっているが,その周囲には高層アパートが徐々に増えている。

061210145914
 ぷらむろーど杉田商店街のメインストリート。

061210150032
 この商店街には賑わいがある。京浜急行杉田駅とJR新杉田駅間の乗り換え客も多いようだ。

061210150127
 歩行者の多い狭い商店街だが,通り過ぎる自動車の数がかなり多く,スッキリした写真を撮るのに苦労した。京急本線の踏切を渡ってくる車が多く,踏切で堰き止められた車が間欠的に繰り返して走ってくる。

061210150304
 商店街の街路灯は「梅」ではなく「杉」をイメージした三角形になっている。

061210150459
 横の路地(杉田商店街仲通り)にも商店街が延びている。

061210150605
 仲通り入口にあるゲートを撮影したかったが,目の前の携帯電話ショップの女性店員が非常に目立つ格好で呼び込みをしていて,その女性を撮影しているように見られてしまいそうだったので(私にはそういう趣味はない),このあたりで撮影するのが限界だった……。

061210150746
 買い物客で賑わう八百屋。店員も元気がよい。

061210150858

061210151344

061210151411

061210151547

061210151657
 ここの魚屋にもたくさんの客が集まっていた。こういう元気な店は商店街にも活気をもたらすことだろう。

061210151948
 三叉路。三叉路は計画的な街づくりではなく,「(人間の欲望のままという意味での)自然」に形成されることが多いためか,なんとなく心が和むような気がする。

061210152238

061210152328
 聖天橋センター。釣具屋があるのは,昔このあたりが東京湾に近かったためだろう。釣りエサの自動販売機(青イソメと書いてあった)は珍しい。現在海岸線は大幅に埋め立てられ,IHI(石川島播磨重工)などの大きな工場が建ち並んでいる。

061210152448

061210152527
 聖天橋センター横の路地を入ると,カレー,そば,うどんの文字が並ぶ。

061210152851
 ホッピーの提灯が掛かった飲み屋。夕方4時前だが,既に賑わっていた。

061210153240
 JR新杉田駅(横浜市磯子区)駅前の大商業施設「らびすた(La vista)新杉田」。ここも平仮名だ。「らびすた」という名称は一般公募で多数の応募の中から選ばれたとのことだが,どう考えても出来レースだろう。

061210153502
 新杉田駅前のらびすた新杉田からぷらむろーど杉田商店街の入口を見る……という字面を見ても,安易な平仮名の名称は美しくない。漢字仮名交じり文の美しく読みやすいリズムが崩れてしまうのだ。平成の大合併で各地に誕生しているひらがな地名にも同じことが言える。

061210154244
 高架線を走るのは根岸線(京浜東北線)の電車。

061210160306
 JR新杉田駅の駅舎。見事なまでに安っぽい外観である。駅の高架下には「アルカード(アーケード Arcade のことか?)」という商業施設が入っている。

061210160537
 JR新杉田駅の東側には新交通システム「金沢シーサイドライン」の駅が併設されている。この駅舎も,なぜここまで安っぽく作ってしまうのだろうかと不思議に感じるほどの外観である。金沢シーサイドラインは,ここ新杉田駅と金沢八景駅(横浜市金沢区)の区間を結んでいる。

061211012504
 今日はK10Dのバッテリーグリップを外した本体のみに,PENTAXの古い(と言ってもクラシックレンズというわけではないが)MFレンズM24-35/F3.5を付けて撮影してみた。ズーム全域でF3.5の(当時としては)超広角ズームレンズで,しかも驚くほどコンパクトだ。写りのほうは,さすがに今どきのズームレンズと違って周辺までしっかり解像するようなことはなく,周辺部では大きく解像度が劣化するが,ピントリングやズームリングを回すときの「ねっとり感」というか「まったり感」は,現代の最高級AFレンズをも遙かに凌駕する。

 新杉田駅でK10Dをバッグにしまい込み,根岸線で港南台へ。港南台と自宅のある上永谷までを結ぶバスに乗ってみようと思う。以下の写真はすべてIXY DIGITAL 800ISで撮影。

061210162919
 JR港南台駅(横浜市港南区)に到着。駅に隣接する場所で新しい商業施設か何かの工事が行われている。駅構内でバスターミナルの案内が見つけられず,とりあえず上永谷に近い側に出てみたが,タクシー乗り場しかなかった。

061210163024
 南口へ移動。

061210163034
 南口側にはバスターミナルと複数の大規模商業施設があり,買い物客などでごった返していた。

061210163057

061210163200
 バスロータリーを囲むように商業施設が建ち並ぶ。

061210163223
 港南台から上永谷まではバスで10分程度の距離なのだが,港南台駅周辺の違法駐車の数が半端ではなく,ひどい渋滞のため時刻通りの運行ができていなかった。

【使用したカメラ】
・京急杉田〜JR新杉田…PENTAX K10D + M24-35mm F3.5
・港南台…Canon IXY DIGITAL 800IS

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土曜日)

横須賀ストーリー Part 2

061202135650edit

061202135115edit

横須賀ストーリー Part 2 横須賀中央


 10月に横須賀の街を歩いたときには,京急の横須賀中央駅から北西方向にどぶ板通りを通って汐入駅にたどり着いたのだが,今日は横須賀中央駅の南東方向を歩いてみることにする。地名で言うと,若松町,米が浜,安浦あたりである。
 横須賀中央駅から県立大学前駅(元京急安浦)までは1998年3月に歩いたことがあって,そのときには汐入から横須賀中央,京急安浦までを隈無く歩いていて,その好奇心の旺盛さ(言い換えれば「物好き」)には我ながら驚いてしまったりもするのだが,さすがに今はそこまでの元気はない。

061202134717

061202134743
 まずは横須賀中央駅へ。

061202134819
 ペデストリアンデッキから若松飲食店街を見下ろす。

061202135115
 商店街の裏側では重機を使った工事が行われていた。正面には龍本寺へ続く階段がある。

061202135410

061202135603

061202135650
 龍本寺の袂に軒を連ねる若松飲食店街。

061202135734

061202135658

061202135807

061202135828

061202140005

061202140154
 横須賀らしく,切り立った崖で商店街が途切れるかたちになっている。

061202140305

061202140528

061202140955

061202141059

061202141420

061202141526
 綺麗に整備された米が浜通り商店街へ出る。

061202141609

061202141907

061202141944
 横須賀共済病院に続く道が分岐する交差点。

061202142050

061202142236

061202142337
 高校の推薦入学の面接試験でもあったのだろうか。たくさんの中学生やその父兄と思われる人達が駅に向かって歩いていた。

061202142455

061202142600
 横須賀共済病院の周辺に薬局が多いのはわかるが,なぜだか飲食店の数もかなりのものだ。

061202142832

061202143210

061202143348
 右側は横須賀市中央消防署。

061202144050
 国道16号線の米が浜交差点に近い安浦一丁目バス停付近。地図を見ると,既存の街並みを国道16号線が斜めに横切っているのがわかる。

061202144559

061202144757

061202144826
 安浦町の海側には高層アパートが林立しつつある。米が浜や安浦は,その地名が示すように元々は海岸沿いに位置した土地だと思われ,その外側の埋め立て地にまとまった土地があったことから規模の大きな開発が可能になったのだろう。

061202144929

061202145230
 安浦町二丁目にある歩道橋から西側の京浜急行本線方向を見る。

061202145512
 歯抜けになってしまったところも多い。

061202145655

061202145816

061202145849
 路地の奥に県立大学前駅と思われる建物が見えたので向かうことにする。

061202150310
 新装成った県立大学前の駅舎。京急安浦という旧駅名や雰囲気のあった旧駅舎が懐かしい気がしないでもない。

061202150431

061202151256
 やってきた上り電車に乗り込む。

# 本日の写真はすべてK10Dに格安ズームDA18-55mm F3.5-5.6で撮影。

【参考写真】
 以下は1998年3月29日に撮影した横須賀中央〜安浦付近の写真。当時は銀塩フィルムカメラがメインだったため,ろくな写真がないのはご愛敬……。

980329142239
 若松飲食店街。
[1998年3月29日 FinePix700で撮影]

980329144852a
 国道16号線,米が浜交差点付近にある料亭。交差点に面した壁の造形が珍しかったので撮影した。料亭は現存するが,この壁は撤去されている。
[1998年3月29日 FinePix700で撮影]

980329150611
 安浦町二丁目交差点に架かる歩道橋から。現在高層アパートが建っているあたりには,たくさんの自動車(トラック)が並んでいる。同じ型の自動車が多いところを見ると,荷積み前の新車だと思われる。
[1998年3月29日 FinePix700で撮影]

980329151015
 歩道橋から京急本線方向を見る。
[1998年3月29日 FinePix700で撮影]

980329152103
[1998年3月29日 FinePix700で撮影]

980329152333
 「コミュニティー・センター」ならぬ「こみゅにてぃー・せんとー」。ここは今でも存在するのだろうか。
[1998年3月29日 FinePix700で撮影]

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金曜日)

つくば出張 ─ TXにも乗る ─

 今日は筑波の某所に出張。

061201115538
 東京駅から高速バスに乗る。
 東京駅−筑波間の高速バスは,つくばエクスプレス開通前は10分間隔で運行されていて,しかも積み残しが出るほど乗客が多かったが,今は30分間隔に減便されている。

061201120155
 定刻に東京八重洲口のバスターミナルを発車。
 今日はCanon IXY DIGITAL 800ISであれこれ撮影する。この縮小画面ではわからないが,このIXY DIGITAL 800ISの画像は左側がボケたり,右側がボケたりと,画面の端から端までスッキリ撮れることが少なく,不満を感じる。ボケ(画面の流れ)が生じる位置が固定しないことからすると(左側に発生することが多いが),手ぶれ補正のためにレンズが動くのが周辺のボケの一因ではないだろうか。Nikonの一眼レフ用の手ぶれ補正機能付きレンズAF-S24-120mm F3.5-5.6でも周辺のボケ(画面の流れ)が多発して不満を感じることが多く,なんだか手ぶれ補正に不審を抱いてしまいそうである。

061201122236
 浅草の対岸,墨田区役所付近を走る。流れているのは隅田川。筑波某所での待ち合わせ時刻に余裕で間に合うバスに乗ったと思ったのだが,江戸橋ジャンクションから箱崎ジャンクションあたりの渋滞が酷く,常磐自動車道を降りる頃には待ち合わせ時刻になってしまった……。

061201170040
 いつものように居眠りすることもなく,打ち合わせ終了。帰りはまだ乗ったことがないつくばエクスプレスに乗ることにし,路線バスでつくばセンターへ。

061201170151
 つくばクレオスクエアの前を自転車に乗った高校生の大軍団が通り過ぎる。公共交通機関がずいぶん整備されてきた筑波ではあるが,もともと計画的に施設や住宅を広い土地にゆったりと配置し,徒歩での移動は考慮していない(幅広い歩道に街路灯がまったく設置されておらず,日没後は徒歩での移動が困難になるところも多い)ため,車を使うことができない高校生には自転車の利用者が多い。

061201170244
 つくばエクスプレス(略称TX:Tsukuba eXpress?)つくば駅(茨城県つくば市)の出入り口。駅は地下に設けられているようだ。

061201170334
 つくばターミナル。大きなバスターミナルがある。

061201170755
 商業施設が集中したセンター地区だが,歩行者は少ない。都市の構造が車中心になっているつくば市では,商業施設の利用者は駐車場から直接店舗内に移動するため,表の歩道を歩く機会が少ないのかもしれない。

061201171029
 華やかな商業施設の前の歩道にすら街路灯が少なく,薄暗い。

061201171226

061201171259

061201171509
 つくば駅の構内。非常にゆったりとした構造になっているが,なぜか改札口や階段は狭い。

061201182950
 秋葉原駅に到着。

061201183425
 JR秋葉原駅の中央改札口前。見慣れた秋葉原駅から大きく変貌してしまい,秋葉原駅と言えば昭和通り口と電気街口しか思い出せない私は,どこがどうなっているのか異邦人になった気分だった。

061201183701
 秋葉原駅のホームから見える光景も様変わり。ヨドバシカメラが秋葉原に進出したことは知っていたが……

061201184556
 東京駅のホームで電車を待つ。電車を一本見送って,のんびり座って帰ることにする。

【使用したカメラ】
・Canon IXY DIGITAL 800IS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »