« 謎の発光体 | トップページ | つくば出張 ─ TXにも乗る ─ »

2006年11月30日 (木曜日)

K10Dで試し撮り ─ 上大岡

 11月29日水曜日,帰宅するとヨドバシカメラからの留守電が入っていた。予約していたPENTAXの新一眼レフデジカメK10Dが入荷したとのこと。11月30日が発売予定日(10月下旬の発売予定が,予想外の受注数に生産が追いつかず,11月30日に再設定されていた)だったのだが,まさか前日に入荷するとは……。

 というわけで,今日11月30日はさっさと仕事を切り上げて上大岡のヨドバシカメラに向かい,待望のK10Dを入手。バッグに忍ばせていたレンズ(職場へはカメラやカメラ付き携帯電話の持ち込みが禁止されているが,レンズだけなら問題無いだろうと勝手に判断)DA21mm F3.2を付けて,上大岡のヨドバシカメラの周辺で試し撮りをしてみた。

【PENTAX K10Dを使ってみての些細な印象などは別のブログ「三日画師のかすかだり」参照】

061201210922
 DA21mm F3.2を付けたK10D。FinePix S2Pro,*ist D,D2Xに続く4台目のデジタル一眼レフとなる。
 ファインダー倍率0.95倍という(一眼デジカメの中では)高倍率を誇るK10Dだが,さらにそのファインダー倍率を上げるオプションの拡大アイカップO-ME53も当然装着。さらには,個人的な好みではあるが,ピントスクリーンも方眼分割マットLL-80にしている。蛇足だが,このクラスのデジカメでピントスクリーン交換ができるのはPENTAXのみである。

061130210230
 京浜急行上大岡駅の前で,記念すべき一枚目の撮影。新しいデジカメを手にしたことによる興奮状態だったためか,PENTAX自慢の手ぶれ補正機構SR(Shake Reduction)をONにし忘れてしまった。それでも,ホールディングしやすいグリップ形状と表面に貼り付けられた皮革風のラバーの効果が相まって,意外にブレのない写真が撮れたようだ。

061130210344
 クリスマス商戦が始まった上大岡駅周辺には,今や猫も杓子もと言った感じのイルミネーションが輝いている。白色や青色の発光ダイオードが安価に出回るようになって,ハッとするような印象的なイルミネーションも増えてはいるが,素人が街路樹にワイヤを掛けただけのような安直なものも多く,いささか食傷気味に感じる。

061130211145
 メシを食いに上大岡の商店街へ。今年の8月に修理後のIXY DIGITAL800ISの試し撮りしたところと同じ場所を撮影する。

061130211244
 良い感じの被写体ならば何で撮っても雰囲気のある写真になるのだが,それにしてもこのK10DとDA21mmレンズが作り出した写真の雰囲気は見事だと思った。

061130211306

061130211609
 ……手ぶれしてしまった。手ぶれ補正機能が働いていると思って漫然と撮影したのがマズかったようだ。

061130212017
 上大岡中央商店街のアーケード。

061130212300

061130212709
 ヨドバシカメラが入った京急百貨店の前。

061130212832
 横浜市営地下鉄の上大岡駅の階段を下りる前に最後の一枚。左上の発光ダイオードの点光源部分に強いコマ収差が見られる。DA21mmの描写はシャープで破綻がないことから,各種の収差が低く抑えられたレンズだと思っていたので,このコマ収差の大きさは意外だった。ちょっと残念。でも,コマ収差は絞れば小さくなるはずなので,日中の撮影ならまず問題無いだろう。

【使用したカメラ】
・PENTAX K10D + DA21mm F3.2 Limited

|

« 謎の発光体 | トップページ | つくば出張 ─ TXにも乗る ─ »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

K10Dいきましたか。
うらやましいです。
私が今一番欲しい機種です。
我が家のα7Dも5万枚を超えてから時々
シャッターの動作不良が出るのです。
もうすぐシャッターユニットいかれるでしょう。
そのときはK10Dにいこうかなと思ってますが、
転職して外に出ることが多くなり、
リコーの新しいGRも期待してます。

しかしさすがにいい絵ですねえ。
DA21mmにコマ収差ですか、意外ですね。
でも私は個人的にはコマ収差大好きです。
だから今でもライカの古い低性能といわれるレンズを
わざわざ選んでコマ収差を楽しんでます。
あとは昼間のグルグル巻きとか。

funamyu

投稿: funamyu | 2006年12月 3日 (日曜日) 10時32分

 funamyuさん,こんばんは。
 α7Dで5万枚ですか……。それは凄いですね。短期間にそれだけ使ってもらったら,α7Dも幸せでしょう。

 K10Dはなかなか良いカメラですが,αマウントからの乗り換えというのも決断が難しそうです。αマウントには他社マウントユーザーがうらやむようなレンズも多いですし,来年にはα7Dの後継機(とにかく「7」を冠したやつ)が期待できそうですし。K100DあたりでPENTAX Kマウントを追加していじくりまわしつつ,本命のα-7DIIかα-9D?の登場を待つというのも良いんじゃないでしょうか。

 DA21mmのコマ収差には正直驚きました。あまりそういう話を見聞きした記憶がないので,Googleで「DA21mm コマ収差」で検索したら,いきなり自分のWeblogが表示されて面食らいました(笑)。コマ収差を気にしない人が多いのか,私が持っている個体に不具合があるのか……。少なくとも,世の中には私なんかよりもレンズの性能や描写にウルサい人がたくさんいるので,前者ではないと思うのですが。

投稿: 三日画師 | 2006年12月 5日 (火曜日) 00時05分

はじめまして。K10Dで撮影された上大岡商店街の写真はすばらしく綺麗ですね。順番に見てきて、思わず見つめてしまいました。
貴ブログは時折拝見させていただいていますが、これからも風情のある写真をよろしくお願いします。

投稿: 鉄と馬 | 2006年12月 8日 (金曜日) 00時38分

 鉄と馬さん,こんばんは。コメントありがとうございます。
 上大岡商店街のように思わず撮りたくなってしまう場所はあちこちにありますが,手持ち撮影できる明るさがないのであきらめてしまいことも多いと思います。その点,手ぶれ補正機能が付いたカメラだと,撮りたいと思ったら気楽に撮ることができて嬉しいです。K10Dには,なんとなく良い写真が撮れそうな雰囲気というか,感触というか,何かそんなものが感じられ,長い付き合いになりそうな予感がします。

投稿: 三日画師 | 2006年12月 9日 (土曜日) 03時00分

 ある匿名さんからDA21mmのコマ収差の件でメールをいただきました。
 日本カメラ誌の12月号に(K10Dではなく)K100Dのテストリポートが掲載されており,ボディと一緒にDA21mmの評価も行われているそうです。その記事には,優秀なレンズだとの前置きの後で「周辺部ではコマ収差特有のコメット状のハロが現れる。この量は比較的大きく像コントラストに影響している。F5.6に絞れば、この欠点は縮小し、画面周辺でも鮮明な描写が期待できる」という記述があるとのこと。
 というわけで,少なくとも私が持っているレンズ個体の問題ではなさそうなので安心です。

投稿: 三日画師 | 2006年12月 9日 (土曜日) 03時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/12896279

この記事へのトラックバック一覧です: K10Dで試し撮り ─ 上大岡:

« 謎の発光体 | トップページ | つくば出張 ─ TXにも乗る ─ »