« 常磐湯本温泉に宿泊 | トップページ | 「iのあるまち」岩沼の街を歩く »

2006年8月 8日 (火曜日)

湯本から相馬へ

 常磐湯本温泉の温泉街をぶらつきながら,湯本駅へ向かう。

060808091317

060808091412

060808091444

060808091640
 小さな旅館が多い他は,温泉街の特徴は少なめである。

060808091715

060808091809

060808091907

060808092043

060808092424

060808092440

060808092548

060808092810

060808093006

060808093151

060808093211

060808093647

060808093839
 駅前広場の一角にある足湯。最近はこのような足湯をあちこちで目にするようになった。

060808094000

060808094936

060808101017
 湯本駅のホームへ。ホームにも足湯がある。裏側には手湯があり,手を浸してみるとかなり熱く,朝からうだるような暑さの中ではかえって気持ち良かった。

 湯本から電車に乗り,相馬駅で下車する。
060808114804
 相馬駅まで乗ってきた電車が走り去る。

 相馬市は相馬藩の城下町として栄えた町で,福島県の北東部に位置する。勇壮な相馬野馬追いで有名だが,祭のメインとなる古式甲冑競馬や神旗争奪戦は,隣の南相馬市の雲雀ヶ原で行われる。
 ちなみに,南相馬市は旧原町市と周辺の町が合併して誕生した新しい市だが,相馬よりも都市規模の大きかった原町市がその名前を捨ててしまったのには驚いた。

060808114910
 相馬駅の駅舎。

060808114853
 相馬駅前。相馬の城下町としての中心部は駅から少し離れているため,次の列車が来るまで駅周辺をぶらつくことにする。

060808115016
 駅前にある(旧?)旅館の見事な建物。

060808115316

060808120056

060808120643
 再び常磐線に乗り,さらに北を目指す。

【使用したカメラ】
・KONICA MINOLTA DiMAGE A2
・Canon IXY DIGITAL 800IS

|

« 常磐湯本温泉に宿泊 | トップページ | 「iのあるまち」岩沼の街を歩く »

・07 福島県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 湯元の駅はまだ降りたことがなかったんですが、案外こう、いい感じの町並みだったんですね。ストラクチャーハンティングをやりにいく価値はありそうですねえ。

投稿: 猫が好き♪ | 2006年10月18日 (水曜日) 21時46分

 猫が好き♪さん,お久しぶりです。
 湯本の町は,今夏歩くことができなかった地区のほうが多くて(後で地図を見て,もう一本先の通りまで歩いてみれば良かったという思いが残ります),よくわからないんですが,「街並み」の面では消失寸前という印象です。もちろん,常磐炭鉱で栄えた頃の名残がわずかながらも残っているから,なんとなく雰囲気のある町になっているんだとは思います。

投稿: 三日画師 | 2006年10月19日 (木曜日) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/11444141

この記事へのトラックバック一覧です: 湯本から相馬へ:

« 常磐湯本温泉に宿泊 | トップページ | 「iのあるまち」岩沼の街を歩く »