« 火砕流にも負けず今日も走る島原鉄道 | トップページ | 「歩っ都」八女市福島をほっつき歩く »

2006年5月 3日 (水曜日)

島原鉄道の終点・加津佐へ

 朝,島鉄本社前駅近くのビジネスホテルの窓から外を見る。

060503094822_1
 背後に聳えるのは雲仙岳の眉山。島原大変のときには,この眉山が崩壊した。

060503094922_1
 視線を右側に移すと,島原城が見える。

060503103702_1
 いつものように,チェックアウト時間ぎりぎりまで部屋でごろごろして過ごす。
 島鉄本社前のホームで加津佐行きの列車を待っていたところ,島原方面へ回送列車が走っていった。

060503105117_1
 加津佐行きの列車がホームに入ってきた。車内はサッカー部の高校生で満員だった。練習試合のために遠征してきたらしい。高校サッカーの国見高校に代表されるように,島原半島はサッカーの盛んな土地である。

060503120626_1
 加津佐駅に到着。

060503120946_1
 加津佐の町を歩いてみる。浜町,入船町いう地名が続き,漁業が盛んだったことがわかる。

060503121014

060503121315_1
 旧加津佐町役場。

060503121649_1
 万国旗がはためく本町商店街。

060503121813_1
 農協の建物は見事な造りである。

060503122424_1
 加津佐の町は堀川の河口の両岸に広がっている。

060503122558_1

060503122734_1

060503123319_1
 列車の発車時刻が近づいてきたので,加津佐の街中の路地を通って駅に戻ることにする。

060503123445_1
 車がやっと通れるほどの路地だが,もともとはここが加津佐のメインストリートだったと思われる。

060503123704

060503124409_1
 加津佐発,諫早行きの列車に乗る。諫早まで約3時間乗り続けることになる。

060503130638

060503132658
 渡るのに多少勇気が要りそうな手製の橋……

060503134337
 深江町に近づくと,車窓に普賢岳と眉山が見えてくる。左側に聳えるのが雲仙普賢岳。10年前の火山活動で成長した溶岩ドーム(平成新山)は想像以上の規模であり,遠くから見ても恐怖心を感じる。

060503135336
 火砕流や土石流の被害が多発した水無川には大規模な改修工事が施されている。その名の通り,この日,水は流れていなかった。

060503145752
 車窓に麦畑が広がる。

060503150724

060503154712
 諫早駅で特急白いかもめ号の博多行きに乗り換える……

060503170409_1
 鳥栖駅に到着。

 さて,今晩は博多周辺に宿をとり,明日は博多や福岡のあちこちを散策してみようと考えていたのだが,博多周辺の宿が軒並み満室である。ビジネスホテルは週末や連休中は空いていることが多く,目的無しの旅では重宝しているのだが,今日のように軒並み満室というのは,何か理由がありそうだ。鳥栖駅のホームでノートパソコンを開き,調べてみたところ,有名な博多どんたく祭りが行われているようだ。さすがはゴールデンウィーク中に全国で最も人が集まるイベントである。これほど有名なイベントに気が付かないとは……,我ながらナサケナイ。
 というわけで,Webの宿予約システムで八女市の宿を予約し,さっそく八女市に向かうことにする。

 行き先を八女に決めた強い理由は特にない。Webの宿リストで「八女」という文字が目に入ったときに,お茶の産地,古い町並み,確かライブドア元社長の堀江氏の出身地…というのが頭をよぎり,鉄道が走らない(過去には鉄道があったが廃止になった)街なので,こういう機会でもないと訪問することもないだろうという程度の理由である。

 八女市の中心街,福島までのバスが発着する鹿児島本線の羽犬塚(はいぬづか)駅を目指す。

060503171949_1
 鹿児島本線に平行して九州新幹線の工事が盛んに行われていた。
 橋脚がやけに細く感じるのは気のせいか……。

060503174600_1
 堀川バスのバス乗り場は羽犬塚の駅前にある。八女市福島を通る矢部行きのバスが遅れて駅前に到着した。
 鉄道やバスを使う旅は大好きだし,あれこれ慣れているつもりだが,バスを利用するときには戸惑うことが多い。乗り方や料金の支払方法が千差万別だし,行き先の表示にも決まりが無いからである。この写真のバスの表示,黒木と矢部と柴庵の関係が理解できるのは,いつもこのバスを利用している人だけだろう。

060503182412_1
 駅前で福島までの切符を買っていたのだが,八女学院前付近で八女市福島の中心街に近いという匂い?がしたので八女学院前で下車。少し歩くと,古い建物が並ぶ街並みが現れた。
 明日,この街をぶらつくのが楽しみだ。

【使用したカメラ】
・Nikon D2X + AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G
・PENTAX Optio WP

|

« 火砕流にも負けず今日も走る島原鉄道 | トップページ | 「歩っ都」八女市福島をほっつき歩く »

・42 長崎県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。ずいぶん遠方の鉄道の旅をしてこられたのですね。
長崎は観光地だけ歩いたことがあります。でも諫早湾めぐりをした記憶もあります。”あご”と呼ばれるトビウオの干物を買ったような覚えがあります。長崎は台風の多いところですが、ホームのすぐ下まで満潮時は波が寄せているという駅、ちょっと怖いですね。
諫早の萱葺き屋根、面白いですねえ。今でもそういうものが残っているということですね。島原と聞くと、やはり、普賢岳。それに天草四郎...言葉(方言)わかりましたか?それではまた。

投稿: べる.まっちす | 2006年5月 9日 (火曜日) 20時49分

 行き帰りに飛行機を使うと,遠くまで旅をしたという実感が少なくて困ります。個人的には寝台特急なんかを使うのが理想なのですが,JRの列車は前日の夜中に唐突に予約したりできないのが残念です。

 西日本ではトビウオが身近な魚なんですよねぇ。私は東北の,しかも内陸部出身なので,トビウオを食べるというイメージがわかないです。トビウオの卵を寿司ネタとして食べた記憶がかすかにある程度です。

 古部(こべ)駅のホームに打ち寄せる波ですけど,波といっても典型的な内海の有明海ですから,大きな湖に生じる波とどっこいどっこいかもしれません。

 最初の島原訪問は今から二十数年前で,当時は島原城や武家屋敷跡などの観光コースを歩いたのでした。そのときに話をしたのは,同じように旅をしているひとばかり(内容もその場限り…)で方言の記憶はありませんが,今回は島原の浜の川湧水周辺の路地裏等を歩き回ったおかげで,方言はたっぷり味わいましたよ。
 「ニイちゃんはどこから来たの?(正確には「オジさんは…」ですが,皆さん気を使ってくれているようです)」という会話で始まり,遠くから来たことがわかるので,たぶん聞き取りやすく話してくれるからでしょうか,言葉はほとんど問題なく聞き取れました。

投稿: 三日画師 | 2006年5月10日 (水曜日) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/9975120

この記事へのトラックバック一覧です: 島原鉄道の終点・加津佐へ:

« 火砕流にも負けず今日も走る島原鉄道 | トップページ | 「歩っ都」八女市福島をほっつき歩く »