« 博多へひとっ飛びして宮地岳線 | トップページ | 火砕流にも負けず今日も走る島原鉄道 »

2006年5月 1日 (月曜日)

肥前浜の歴史ある街並み

 今日は長崎本線に乗って諫早を目指す。

060501102837
 スタートは博多駅。駅前にはたくさんの鯉のぼりが泳いでいた。

060501111333_1
 博多から長崎行きの特急かもめ号に乗る。運良く先頭車両の前から2番目の席が取れたので,前面展望を楽しむことができそうだ。
 先頭車両には記念写真を撮ったり電車を見るために何人もの人が集まってくるが,残念ながら先頭車両の前は立ち入り禁止になっていた。博多駅のしかるべき人にとって,特急列車の先頭車両で記念撮影を撮るために集まってくる人々は,駅構内の安全を脅かす厄介なひとに見えるのかもしれない。

060501113552
 昼飯は博多駅で買った明太子弁当。明太子が別容器に入っていて,美味なり。

060501122737_1
 肥前鹿島駅で特急かもめ号を降りる。隣の肥前浜駅近くの古い町並みを訪問するため,各駅停車に乗り換える。

060501123742_1
 肥前鹿島駅のホームで各駅停車を待つ。

060501130638_1
 肥前浜駅に到着。凝った形の駅舎だ。
 無人駅だが,駅舎の半分は宅配便会社の事務所になっている。

060501131129
 肥前浜の駅前には,巨大な鳥居がある。数km離れたところにある祐徳神社の鳥居である。

060501131747_1
 肥前浜(宿)は,江戸から明治,大正時代に港町そして宿場町として栄えた町である。周辺では米作りが盛んだったという背景を元に酒造りが盛んに行われたため(積み出し港が隣接していたことも理由のひとつか),立派な白壁の酒蔵が並んでいることでも知られている。

060501131945_1
 レンガ造りの煙突も見える。

060501132040_1
 特徴的な屋根の形状。以前草葺だった屋根を覆ったものと思われる。

060501133527_1

060501133542_1

060501133618_1
 古い蔵の裏側にも懐かしい感じの風景が残っている。

060501133715
 元気の良い園児たちばかりで,挨拶に応えるのが大変だった。

060501133833_1
 地区の公民館。

060501134534
 浜の土蔵は白壁が特徴だ。残念ながら痛みも激しくなっている。観光地化されていないこともあって,補修の費用を捻出するのも難しいのだろう。このまま朽ちさせてしまうのはもったいない……。

060501135045

060501140208
 立派な杉玉(酒林)。うまい酒が出来上がったに違いない。

060501140309
 魚市場の文字が残る建物。
 近くを流れる浜川は,現在は河口までしか船が入れないが,昔はこのあたりまで船がさかのぼることができたらしい。船着場もあったと,町を歩いていたおじさんが教えてくれた。

060501140652
 この店にも立派な杉玉が。

 町の説明をしてくれたおじさんは,私が町の写真を撮っているのを見て,追いかけてきてくれたのだった。本当に有り難いことである。そのおじさんが,「浜川を渡った南側の庄金地区には,この白壁土蔵造りとは異なる草葺屋根の街並みがある」と教えてくれたので,さっそく行ってみることにする。

060501142708
 庄金地区では草葺屋根の民家があちこちに残っている。先ほどまで歩いていた白壁土蔵造りの街並みが商人町ならば,この庄金地区は漁師町だったと思われる。

060501142831
 草葺屋根の一軒家がぽつんと残っている姿はときどき目にするが,防火の面からも集落として残っているのは非常に珍しいのではないだろうか。

060501143008
 とは言え,防火上の理由などから草葺屋根を覆った民家も多い。

060501143432

060501143947

060501144156

060501144703
 集落を歩いていて,あまりのすごさに声を失ってしまった……。

060501150854_1
 近くの事比羅(ことひら)神社の石段を登って,庄金地区を俯瞰してみた。集落内を歩いていると草葺屋根の印象が強いため,もっと多くの草葺屋根が残っているように感じたのだが,こうやって俯瞰するとそれが風前の灯火状態だと言うことがわかる。

060501152340_1
 諫早方面から特急かもめ号が走ってきた。白い車体が風景に映える。

060501152350_1
 特急列車は庄金地区のすぐ横を走りぬけ,浜川に架かる鉄橋を渡る。

060501152754_2
 同じ事比羅(ことひら)神社の境内から,白壁土蔵の多い中町,八宿地区を俯瞰する。

060501154515_1
 事比羅神社への石段はこんな感じである。石段を登っていて,「怖い」と強く感じたのは初めてかもしれない。

060501171252
 再び長崎本線の電車に乗り,諫早を目指す。肥前浜から諫早までの区間,長崎本線は有明海に沿って走っている。有明海と言えば干潟が有名だ。有明海が陸の中に入り込んだ形状をしていることから汐の干満の差が非常に大きく,それにともなって大きな干潟が生じるのだが,確かに水のない船だまりに漁船やボートが並んでいる姿を見ると干満の激しさを強く実感する。

060501171455
 干潟に立つ塔。何の施設だろうか?

060501180856_1
 諫早駅に到着。諫早は長崎本線のほかに,大村線と島原鉄道が分岐する長崎の交通の要衝である。今日はここ諫早に宿をとることにする。市の中心は諫早駅周辺ではなく,島原鉄道の本諫早駅のほうにあるため,商店街めぐりとはいかないが,駅前に立派なスーパーもあり,買い物には困らない。

060501181146_1
 諫早駅で発車を待つ島原鉄道のディーゼルカー。明日は一日中,この島原鉄道に乗って,撮って楽しもうと思う。

 ところで,島原駅にはバスターミナルが二つあり,いずれも駅前のロータリーではなく,一本の道路を挟んだ向かい側にある。改札口のすぐ前にはなぜか自家用車用の駐車場があるのだが,やはりここは公共交通機関であるバスターミナルを駅に隣接させるべきだろう。
 また,二つのバス会社が別々のバスターミナルを持っている状況も,理想を言えばひとつのバスターミナルに統合すべきだと感じた。

060501181915_1
 諫早駅から見て右手側のショッピングセンターの1F部分にあるのが,諫早バスのバスターミナル。

060501184244_1
 諫早駅から見て左手側のビジネスホテルの1F部分にあるのが,島鉄バスのバスターミナルである。

【使用したカメラ】
・Nikon D2X + AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G
・PENTAX Optio WP

|

« 博多へひとっ飛びして宮地岳線 | トップページ | 火砕流にも負けず今日も走る島原鉄道 »

・40 福岡県」カテゴリの記事

・41 佐賀県」カテゴリの記事

・42 長崎県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/9937612

この記事へのトラックバック一覧です: 肥前浜の歴史ある街並み:

« 博多へひとっ飛びして宮地岳線 | トップページ | 火砕流にも負けず今日も走る島原鉄道 »