« 熊野古道の波田須で列車を撮る | トップページ | Uターンラッシュを避けて帰る »

2006年1月 3日 (火曜日)

御坊市の紀州鉄道

 新宮の朝。
 新宮市は紀伊半島南部の中心となる都市である。かつて捕鯨で栄えたこの町は,熊野信仰の中心でもあり,私の好きな作家中上健次を生んだ土地でもある。

060103-092225

060103-094723

060103-095804

060103-095900
 今日は紀伊半島の西側を北上し,御坊市を走る紀州鉄道に乗ってみようと思う。
 昼飯用に握り飯を買おうにも,駅周辺にコンビニエンスストア等開いている店が無く,駅弁も売っておらず,本当に困ってしまった。新宮から特急くろしおに乗り,車内販売に期待することにする。

060103-110035

060103-111653
 紀勢本線の特急くろしおは,複雑なリアス式海岸の横を縫うように走る。このあたりの海岸は,海風が強く草木が育たないことから「枯木灘」とも呼ばれる(同名の中上健次の小説が印象的)。

060103-131242
 御坊駅に到着。大阪方面に走り去る特急くろしおを見送る。

060103-132025
 紀州鉄道のホームはJR御坊駅の片隅に設けられている。
 紀州鉄道は御坊駅と御坊駅の市街地にある西御坊駅を結ぶ,わずか2.7kmの鉄道である。平日は新しいレールバス(と言っても北条鉄道の中古だが)が走っているが,休日には鉄道ファンに人気のある古い車両が使用される。

060103-132207

060103-132245

060103-134500

060103-133845
 あっという間に終点西御坊駅に到着。

060103-134037
 ここが終点であることを強調するかのように囲われている。

060103-134119
 かつては海岸に近い日高川駅まで線路が繋がっていたのだが,15年前に廃止された。

060103-134147

060103-134335

060103-134428
 西御坊駅構内。

060103-135035
 学門駅で下車し,走り去る列車を見送る。ここから御坊駅までの一区間を線路沿いに歩き,列車の走行シーンを撮影しようと思う。

060103-135946

060103-135949

060103-141812

060103-141818

060103-145046

060103-150048

060103-150051

060103-150052

060103-151204

060103-151208

060103-151837

060103-152821

060103-161428

060103-164928
 JR御坊駅のホームで和歌山行きの電車を待っていると,夕日の中を紀州鉄道のレールバスがやってきた。

060103-190907
 今晩は和歌山市内に宿を取る。

060103-190948
 ライトアップされた和歌山城が綺麗だった。

【使用したカメラ】
・Nikon D2X + AF-S VR Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G
・PENTAX Optio WP

|

« 熊野古道の波田須で列車を撮る | トップページ | Uターンラッシュを避けて帰る »

・30 和歌山県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御坊市の紀州鉄道:

» 紀州鉄道 [Day:2:Day]
素敵な写真が載せられていてよく見る三日画師の「さすけね」さんのWeblogエントリに「御坊市の紀州鉄道」が登場。遥々、和歌山にいらっしゃったようですが、14枚目の写真(日高川駅まで線路が繋がっていた…)が和歌...... [続きを読む]

受信: 2006年1月12日 (木曜日) 00時35分

« 熊野古道の波田須で列車を撮る | トップページ | Uターンラッシュを避けて帰る »