« 東海道岡部宿を歩く | トップページ | D2X点検のため新宿へ »

2005年10月30日 (日曜日)

旧東海道の小さな集落 ── 宇津ノ谷

 岡部から新静岡行きのバスに乗り,宇津ノ谷入口バス停で下車する。宇津ノ谷には峠道に沿って江戸時代の名残を残す集落が残っているということで,非常に楽しみである。
 宇津ノ谷という地名は,一般的には国道一号線の「宇津ノ谷トンネル」や道の駅「宇津ノ谷峠」で知られている程度だが,平安時代からの宇津ノ谷峠越えの歴史があり,数々のトンネルの歴史があることでも有名である。
 旧東海道でもある国道一号線に沿って,「明治のトンネル」「昭和初期のトンネル(宇津ノ谷隧道)」「昭和中期のトンネル(新宇津ノ谷隧道)」「平成のトンネル(平成宇津ノ谷トンネル)」の4本のトンネルが並ぶ。さらに,海側に数キロ離れたところには,東名高速の「日本坂トンネル」,東海道新幹線の「日本坂トンネル」,国道の「新日本坂トンネル」,東海道本線の「石部トンネル」,さらには海沿いの大崩海岸の道路にも多数のトンネルが並んでおり,トンネルが並列に並んでいるということでは日本でも比類がない。

051030-113720
 宇津ノ谷へ向かう途中,おじさんおばさんの集団とすれ違う。古い街並みや旧街道巡りは人気のようだが,若い人が混じっていることはほとんど無い。

051030-114236
 宇津ノ谷集落の入り口。ここは旧東海道である。

051030-114442
 軒先に「車屋」「伊勢屋」「角屋」というふうに屋号が掲げられている。

051030-114605

051030-114821

051030-115029
 宇津ノ谷へ来る途中で観光客の集団とすれ違ったため,集落にはたくさんの観光客が集まっているのかと思ったが,歩いている人は少なく,地元のおばあちゃんが世間話をしているのんびりした雰囲気だった。

051030-115633
 どんどん坂を登り,集落を見おろす。愛おしくなるような雰囲気の家並みである。

051030-123730

051030-123646
 丘の上に草むらがあったのでそこに座り,家並みを見ながら焼津駅で買った握り飯を食う。こういう風景を見ながら何もせずぼんやりとする……,まさに至福のときである。

051030-121011

051030-121325
 さらに坂を登るとレンガ造りの明治のトンネルが残っている。赤レンガが見事である。明治時代に7人の有志が出資して作ったトンネルで,資金回収のために通行料を徴収したことから,我が国初の有料トンネルだったらしい。

051030-124258
 坂を途中まで下り,途中から分岐している江戸時代までの旧東海道を登る。

051030-125231
 旧東海道の峠近くにある展望広場から集落を見おろす。昔の人も同じような風景を見ていたに違いない。

051030-125419r
 展望広場の案内板(石製)に,昔の写真が焼き付けられていた。個々の家々は建て替えられているが,集落としての景観はあまり変わっていないことがよくわかる。

051030-130251
 さらに旧東海道を歩いて宇津ノ谷峠を越え,岡部町側に降りることも考えたが,私には「健康のために歩く」という趣味はないので,そのまま宇津ノ谷の坂を下る。

051030-130727

051030-130643
 そのまま街道筋を下るのでは芸がないので,川が流れる裏道にまわってみた。なんということもない普通の風景だが,観光客を多少意識した表通りとは違った落ち着きを感じる。

051030-133821
 宇津ノ谷入口バス停から新静岡センター行きのバスに乗り込む。後にちょっとだけ見えているのが,現役バリバリ国道一号線の新宇津ノ谷隧道(上り車線),平成宇津ノ谷トンネル(下り車線)である。

|

« 東海道岡部宿を歩く | トップページ | D2X点検のため新宿へ »

・22 静岡県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

お久、です。捨てられて?車通りの多い路上をうろついていた子猫を情にかられて拾ってしまい、世話にかかりきりでした。頭の良い猫なのでトイレのしつけなどもほとんどせずにすんでます。もとの飼い主に「何で捨てた?」と言いたいです。さて、いつもながらあちこち行かれるそのパワーに敬服しつつ・・・旧東海道ですが、屋号の文字が江戸から見ると漢字、上方から見るとひらがなになっている、という場所でしょうか?反対側からも撮っていただきたかったです。次に駅前、ですが政令都市にふさわしく・・・と言いながらどこも同じ駅前にしたがるのは何故でしょう?「顔」の意味を勘違いしてるのでは?と聞きたくなります。

投稿: 夢想人 | 2005年11月 3日 (木曜日) 16時03分

 お久しぶりです。
 捨て猫ですか……。最近は空前のペットブームとかの影響で,捨てられるペットの数も多いらしいですね。困った問題です。
 宇津ノ谷の屋号の文字ですが,江戸側が漢字,上方側がひらがなになっているところもありますが,基本的にはそういうルールは無いようです。たとえば6枚目の写真(画面の右側でおばあちゃんが世間話をしているやつ)は江戸側から見たものですが,右側が「角屋」,左側が「ことぶき」になってます。
 駅前の「顔」の件はよくわからないですね。人間にも顔をいじりたがる人がいるらしく,そういう人に聞けば理由がわかるかもしれませんね。

投稿: 三日画師 | 2005年11月 4日 (金曜日) 01時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/6803050

この記事へのトラックバック一覧です: 旧東海道の小さな集落 ── 宇津ノ谷:

« 東海道岡部宿を歩く | トップページ | D2X点検のため新宿へ »