« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の11件の記事

2005年10月30日 (日曜日)

旧東海道の小さな集落 ── 宇津ノ谷

 岡部から新静岡行きのバスに乗り,宇津ノ谷入口バス停で下車する。宇津ノ谷には峠道に沿って江戸時代の名残を残す集落が残っているということで,非常に楽しみである。
 宇津ノ谷という地名は,一般的には国道一号線の「宇津ノ谷トンネル」や道の駅「宇津ノ谷峠」で知られている程度だが,平安時代からの宇津ノ谷峠越えの歴史があり,数々のトンネルの歴史があることでも有名である。
 旧東海道でもある国道一号線に沿って,「明治のトンネル」「昭和初期のトンネル(宇津ノ谷隧道)」「昭和中期のトンネル(新宇津ノ谷隧道)」「平成のトンネル(平成宇津ノ谷トンネル)」の4本のトンネルが並ぶ。さらに,海側に数キロ離れたところには,東名高速の「日本坂トンネル」,東海道新幹線の「日本坂トンネル」,国道の「新日本坂トンネル」,東海道本線の「石部トンネル」,さらには海沿いの大崩海岸の道路にも多数のトンネルが並んでおり,トンネルが並列に並んでいるということでは日本でも比類がない。

051030-113720
 宇津ノ谷へ向かう途中,おじさんおばさんの集団とすれ違う。古い街並みや旧街道巡りは人気のようだが,若い人が混じっていることはほとんど無い。

051030-114236
 宇津ノ谷集落の入り口。ここは旧東海道である。

051030-114442
 軒先に「車屋」「伊勢屋」「角屋」というふうに屋号が掲げられている。

051030-114605

051030-114821

051030-115029
 宇津ノ谷へ来る途中で観光客の集団とすれ違ったため,集落にはたくさんの観光客が集まっているのかと思ったが,歩いている人は少なく,地元のおばあちゃんが世間話をしているのんびりした雰囲気だった。

051030-115633
 どんどん坂を登り,集落を見おろす。愛おしくなるような雰囲気の家並みである。

051030-123730

051030-123646
 丘の上に草むらがあったのでそこに座り,家並みを見ながら焼津駅で買った握り飯を食う。こういう風景を見ながら何もせずぼんやりとする……,まさに至福のときである。

051030-121011

051030-121325
 さらに坂を登るとレンガ造りの明治のトンネルが残っている。赤レンガが見事である。明治時代に7人の有志が出資して作ったトンネルで,資金回収のために通行料を徴収したことから,我が国初の有料トンネルだったらしい。

051030-124258
 坂を途中まで下り,途中から分岐している江戸時代までの旧東海道を登る。

051030-125231
 旧東海道の峠近くにある展望広場から集落を見おろす。昔の人も同じような風景を見ていたに違いない。

051030-125419r
 展望広場の案内板(石製)に,昔の写真が焼き付けられていた。個々の家々は建て替えられているが,集落としての景観はあまり変わっていないことがよくわかる。

051030-130251
 さらに旧東海道を歩いて宇津ノ谷峠を越え,岡部町側に降りることも考えたが,私には「健康のために歩く」という趣味はないので,そのまま宇津ノ谷の坂を下る。

051030-130727

051030-130643
 そのまま街道筋を下るのでは芸がないので,川が流れる裏道にまわってみた。なんということもない普通の風景だが,観光客を多少意識した表通りとは違った落ち着きを感じる。

051030-133821
 宇津ノ谷入口バス停から新静岡センター行きのバスに乗り込む。後にちょっとだけ見えているのが,現役バリバリ国道一号線の新宇津ノ谷隧道(上り車線),平成宇津ノ谷トンネル(下り車線)である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東海道岡部宿を歩く

 東海道の宿場町は静岡から丸子(まりこ),岡部,藤枝と続く。今日の目的地である宇津ノ谷(うつのや)は丸子と岡部の間にあるが,焼津から直接向かうバスがないため,まずは岡部町を目指すことにする。

051030-101016
 焼津駅前から玉取行きのバスに乗る。バスの乗客は私とおばあちゃんの二人だけだったが,途中のバス停での乗り降りはかなり頻繁だった。

051030-104407
 岡部町役場前で下車し,旧東海道を歩く。地図を見たときには旧道として道路拡幅を免れた区間に古い建物が残っている予感がしたのだが,残念ながら旧東海道の古い宿場町の面影を残そうという雰囲気は無く,特徴のない街並みになりつつあるようだった。

051030-104901
 大正モダン(?)風な建物。実際はいつ頃の建築なのだろうか。

051030-105019
 街並みに宿場町の面影はなくなりつつあるが,曲がりくねった道路には歴史が残る。

051030-105258

051030-105844
 野菜類の無人販売所。種類が豊富だ。

051030-105941

051030-110908
 歩道橋の上でぼんやりしていたら,乗ろうとしていたバスが通過していった……。

051030-113155
 小坂(こざか)バス停から新静岡行きのバスに乗る。ここからは5分程度で宇津ノ谷峠の下を通るトンネルをくぐり,宇津ノ谷への入り口に到着する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月29日 (土曜日)

秋雨降る静岡へ

 最近栃木県の宇都宮(うつのみや)に行く機会が多かったので,今週末は西へ向かうことにする。ウツノミヤから連想して,一字違いの静岡市宇津ノ谷(ウツノヤ)にでも行ってみようと思う。

051029-141554
 小田急線で西へ向かい,小田原へ。小田原駅の新幹線口は賑やかな表口である東口とは違って駅前には何もなく,自動販売機が並んでいる。東口側では巨大な高層ビル建築の工事が進められているが,こちら新幹線口はノンビリしたものである。
 とは言え,市役所や税務署などは新幹線口側にあり(駅から遠いけど),駅の大改装で東西の自由通路も完成し,新幹線口側が開発される条件は整ったようだ。

051029-143520
 新幹線小田原駅のホームで線路を見ていたら,枕木の「76K700M」「D76-700 01」という表記が目に付いた。どうやら起点の東京駅からの距離が76.7kmであることを示しているらしい。

051029-143732
 静岡までは新幹線であっという間だが,列車に乗ったらやっぱり駅弁……である。

051029-150606
 富士市付近に林立する煙突。煙がたなびく方向が煙突によって異なっていて面白い。

051029-153137
 静岡駅前では北口のリニューアル工事中。「政令市にふさわしい賑わいと風格のある街づくり」「明るく開放的な地下広場」……。想像力に欠ける私には,そのイメージが湧いてこない。

051029-153443
 静岡名物(?),駅前の細い地下商店街。チラシ配りやティッシュ配りに募金活動が加わって,異様な光景に感じた。

051029-155919
 静岡鉄道の電車に乗ってみようと思い,起点となる新静岡駅へ。
 新静岡駅前は大きなバスターミナルになっている。地上が新静岡センターという商業ビル,地下は生鮮食料品スーパーとなっている。
 が,ここまで来てから,静岡鉄道の新静岡駅が奇妙な構造になっていることを思い出した。ホームが地上にある終端駅なのでバリアフリー化が非常に容易なはずなのだが,あえてバリアフリー化に真っ向から逆らう構造になっているのである。電車を降りた乗客はそのまま地上に降りることを許されず,階段もしくはエスカレーターで地下の生鮮食料品売り場に誘導される。JRと私鉄の駅を少し離れたところに設置し,商店街に客を誘導するという姑息なやりかたはあちこちで見かけるが,地下の生鮮食料品売り場に誘導するというのは,ここ新静岡ぐらいだろう。

051029-160350
 ホームのすぐ横にある新静岡鷹匠口。すぐに電車に乗れそうな位置だが,ここから電車に乗るには大変な遠回りをしなければならない。
 静岡鉄道は静岡市と清水市を結ぶ路線だったが,数年前に両者が合併して静岡市となったため,静岡市内を走る路線となった。両端が規模の大きな都市となっているだけでなく,途中駅の都市化も進み,大都市並の高密度運転を行っている。乗客に不便を強いることができるのも,地方ローカル私鉄とは一線を画す状況が背景にあるのかもしれない。

051029-161041

051029-161204
 雨も降り続き,静岡鉄道に乗る元気がなくなってしまったので,新静岡駅の周りをぐるりと回ってみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火曜日)

事故の多い交差点

051025-215330
 二人の若い男が,すっかり日本の警官のかたちをして,ぴかぴかする警棒をかついで,赤熊のように大きなをレッカー車つれて,川崎市北部の,ユリの木の落葉のかさかさした道路を,こんなことを言いながら,歩いておりました。
「ぜんたい,ここらの道はケしからんね。安全運転するやつが一台も居いやがらん。」
「白いミニバンの横っ腹なんぞに,二三発お見舞もうしたら,ずいぶん痛快だろうねぇ。くるくるまわって,そりからどたっと倒れるだろうねぇ。」
 ────────────────────────
 宮沢賢治作「注文の多い料理店」を勝手に大幅改変

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月曜日)

雨・雨・雨……

 雨,雨,今日も雨,明日も雨である。

051017-212912
 新百合ヶ丘のバスターミナルでバスを待つ。いつまで待ってもバスは来ず,周囲には雨音だけが響いている。雨が降ると駅周辺の渋滞がひどくなり,バスがいつ来るのかわからなくなってしまうのだ。
 今年の秋雨前線はしつこく,雨ばかり降っているように感じる。東京の9月と10月の降水量は梅雨の6月7月よりも多いのだから(9月と10月の降水量には台風によるものも含まれるが),秋雨がしつこくても不思議ではないのだが,こう雨が多いとグチのひとつも言いたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日曜日)

栃木県烏山 ── 龍門の滝

 晴れの天気を求め栃木県に来たのだが,残念ながら昼近くなっても分厚い雲が取れない。天気予報は「朝方まで雨が残るが,日中は回復して晴れ」だったが,昨日とは逆に悪い方に外れてしまったようだ。まぁ,天気に文句を言っても仕方がないので,予定通り烏山線に乗って龍門の滝を見に行くことにする。

051016-112335
 宇都宮から東北本線に乗り,二つめの宝積寺駅で烏山線のディーゼルカーに乗り換える。烏山線の列車をわずか二駅先の宇都宮駅まで走らせれば格段に便利になるのだが,乗客は不便な乗り換えを強いられている。東北本線の宇都宮以北の列車本数は少なく,烏山線の列車はさらに少ない。烏山線の列車が宇都宮まで乗り入れることを阻むものは何なのだろうか。

 宝積寺から乗った烏山線のディーゼルカーには,大きな三脚を抱えた,いかにも「鉄ちゃん」風の乗客が多かった。車窓から見た沿線にも,カメラを構えた人達がちらほら。イベント列車での混雑があまり好みではないので,なんだか悪い予感がする……。この週末は各地で鉄道記念日がらみのイベント列車が走るため,イベントとはあまり縁がなさそうな烏山線を選んだのだったが,ひょっとしたらハズしたかもしれない。
 途中の大金駅ですれ違った対向列車は,いわゆるトロッコ列車風の開放的な車両だった。この列車が烏山線を走るため,鉄道ファンが集まっているようだった。

051016-120622
 終点烏山駅のひとつ手前の滝駅で下車する。この駅のすぐ近くに,駅名の元となった龍門の滝がある。烏山線を紹介する記事があると,この龍門の滝の上を走るディーゼルカーの写真が必ずと言っていいほど掲載される。有名撮影ポイントである。
 イベント列車は走り去ったので,撮影ポイントに鉄ちゃんがあふれていないことを期待しつつ,龍門の滝を目指す。

051016-121731
 駅から滝に向かって歩いていくと,ちょうど滝の上に出る。国土地理院の地形図を見て,滝の下,左岸から撮影しようと思っていたが,滝の上から見る限りでは右岸のほうが滝の正面になり,見物台もあるようだ。歩いてきた道を引き返して右岸へ渡ることにする。

051016-124113
 烏山で折り返してきた列車を撮影する。雨天が続いたためか滝の流量が多く,水しぶきも凄い。

051016-131021r
 最初のポイントで撮影し続けるとずぶ濡れになりそうなので,少し下流側から撮影してみる。
 やってきたディーゼルカーはイベント列車だった。カメラを構えていた人も少なく,まさかイベント列車が戻ってくるとは思わなかった。どちらかというと,いつも走っている列車をそのまま撮影するのが好みなので,ちょっとがっかり……。イベント列車を楽しみにしている鉄道ファンの人には,わかってもらえそうにない心情かもしれない(もちろん自分も鉄道ファンのひとりだと思ってはいるのだが)。
 30分ぐらい待って烏山で折り返してくる列車も同じイベント列車になるので,撮影ポイントを変えることにする。

051016-134323r
 滝駅の西側,田んぼの中の築堤を走る区間へ。

051016-134336r
 列車が江川にかかる鉄橋を渡る。龍門の滝の上流とは思えないほど小さな鉄橋である。

051016-140522r
 宝積寺からの普通列車が築堤を下ってくる。

051016-140527r
 小さな鉄橋だが,流量は意外に豊かだ。列車を待っている間,カルガモの親子(5,6匹いただろうか)が上流に向かって必死に泳いでいった。

051016-140536r
 列車は築堤の上で速度を緩める。築堤の先には滝駅がある。

051016-144746r
 烏山駅で折り返してきた列車が滝駅に入ってくる。駅の周辺にはリンゴ畑が広がっている。

051016-144755
 列車に乗り込む。

051016-170210
 宇都宮から湘南新宿ライナーに乗って新宿へ(写真は蕨付近の高層アパート群。その昔,東北本線で上京するときには,列車がこのあたりを通過するときに「やっと東京に着いた」と感じたものである)。
 途中の古河駅付近を走行中,電車が急停車した。地震だった。横を見上げると,新幹線の架線がまだ揺れていた。震源は茨城県南部。古河はほぼ震源地だった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土曜日)

小田急線鶴川駅近くに残る田んぼ

 小田急線の鶴川駅周辺には,新宿−町田間では珍しくなってしまった田んぼがわずかながら残っているが,今年になってその一部が埋め立てられ,その姿も風前の灯火となっている。
 その田んぼに「はさがけ」が組まれているのを発見,さっそく撮影しに出かけた。

051015-133406
 天気予報が外れて,晴れ上がった空がまぶしい。田んぼが埋め立てられたあたりで撮影する。

051015-135348
 旧タイプの電車(5000系?)を狙ったのだが,来る列車来る列車,ステンレスの電車ばかりで,旧タイプの電車は本当に数が少なくなった。

051015-135544
 ロマンスカーとは言え,このEXEは絵にならないので困ってしまう。

051015-141745

051015-143156
 逆光が綺麗だ……と思っていたら,あっという間に雲が出てきて曇ってしまった。

051015-144430
 なにやら変わった電車……と思ったら,小田急自慢(?)の試験用車両,テクノ・インスペクターだった。車内の広告では見たことがあるが,実際に走っているのを初めて見た。

051015-145356

051015-145537
 なんだかんだ言って,このロマンスカー(LSE)は絵になる。

051015-145827
 まだ伝統的な農家もわずかながら残っているが,この付近で伝統的な生活を続けるのは並大抵の苦労ではないはずだ。

 明日の日曜日の天気予報を見たところ,関東近辺で晴れマークが付いているのは北関東だけだった。雨と晴れのどちらが良いか,と問われれば,やっぱり晴れが良いので,北関東に向かうことにする。思い立ったが吉日である。

051015-164130
 新幹線で栃木県の宇都宮へ向かう。

051015-174010
 あっという間に宇都宮到着。天気は……小雨。明日は回復するらしいので期待することにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金曜日)

朝の事故渋滞……

 朝,駅に向かうバスが渋滞にハマった。

051014-064815
 やっと渋滞の先頭にまでたどり着くと,事故処理中だった。
 朝イチから出たくない打ち合わせがあったので,これ幸いと「事故渋滞で遅れます」とメールする私……。遅れることで問題が生じなければ,あわてることもないし,気が楽である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日曜日)

雨の日の買い物は駅ビルで

 週末はずっと雨。鬱陶しくなる。パソコン用のトラックボールを買うため,駅ビル「ステーションスクエア」にさくらやが入っている小田急相模大野駅へ向かう。

051009-134335
 「積木の街」こと相模大野銀座商店街周辺を歩いてみようと思ったが,小降りとはいえ降り続いていたので歩き回るのはやめた。雨に濡れてもびくともしないデジカメOptioWPを持っているが,持ち腐れである。

051009-173346
 通せんぼ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月曜日)

近所の桜並木が枯れかけている

 近所にささやかな桜並木があって,春になると人々の目を楽しませてくれるのだが,数年前からそこの桜の木にまったく元気がなくなっている。

051002-124750
 一本は完全に枯れてしまい根元から切り倒された。空と電柱が見えるのは,並木が一本分だけ歯抜けになっているからだ。その両隣の木にも元気がなく,完全に枯れてしまった枝も多い。

 原因はいろいろ考えられるだろう。木の根元までアスファルト舗装されてしまったことが大きいかもしれないし,ソメイヨシノ短命説もあるだろう。しかし,何より川崎市の街路樹の管理のひどさ加減が,ここの桜並木にとっての不幸だと思われる。

 道路側の枝は無惨にも切り落とされ,逆に枯れた枝はいつまでも放置されている。桜の枝を安易に切ると病気になりやすいし(適当な剪定はすべきだと思うが),枯れた枝を放置することは残った部分への負担にもなるし,病気の蔓延を招くことぐらい,ちょっと考えればわかることだ。並木の半分ぐらい枯れてしまってからじゃないと気がつかないんだろうなぁ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日曜日)

野暮用ついでに西新宿に寄り道

 野暮用で都内へ行くついでに,ヨドバシ王国へと変貌しつつある西新宿をぶらつく。

050930-062531
 今日は朝から快晴で真夏のような暑さになった。10月だというのに,近所(川崎市北部の多摩丘陵)ではアブラゼミとツクツクボウシの鳴き声まで聞こえてきた。
 雑草のように見えるのはニラの葉。ちょっと前に刈り取られたのだが,あっという間に青々とした葉が伸びてきている。

051002-143658

051002-144148r
 新宿駅西口の高層ビル街の手前には雑多な店が集まっていて楽しい。

051002-144448r
 飲食店が多く,空腹を満たす手段に困ることはない。

051002-145002

051002-145225
 夏のような日差しに日陰が恋しくなる。

051002-145448r
 西新宿へ行くたびにヨドバシカメラの店舗が増えているような気がする。次から次に隣接するビルを飲み込む勢いはとどまるところを知らない。

051002-162526r
 10月になり,日が傾くのが本当に早くなった。東京都庁ビルの隙間から差し込む西日がまぶしい。

051002-164511r
 夕日といえば日本海や瀬戸内海に沈む姿が定番だが,都会の夕日の美しさも負けてはいない。夕日が赤くなるのは大気中の塵や水蒸気によるミー散乱やレイリー散乱によるものだから,塵の多い都会の夕日は赤さが格別なのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »