« 餃子の街 ── 宇都宮へ | トップページ | 諏訪市上諏訪駅周辺を歩く »

2005年9月19日 (月曜日)

トンボ舞う宇都宮の商店街

 昨晩は餃子をたらふく食って,宇都宮駅前のビジネスホテルに宿泊。今日は宇都宮の商店街を歩いてみることにする。

050919-083518
 ビジネスホテルの窓からJR宇都宮駅方面を臨む。特に高層の部屋を予約したわけではないが,高いところに登りたがる煙や阿房と同類と思われたのか,運良く最上階の部屋だった。

050919-083502
 宇都宮の中心商店街はJR宇都宮駅付近ではなく,西側の東武宇都宮駅周辺に存在している。そのため,JR宇都宮駅前に大きな商業施設や商店街はない。

050919-093219
 駅の周辺にはたくさんの宿泊施設が集まっており,中にはこのような見事な唐破風のある旅館もある。

050919-094125
 駅前大通りは宮の橋で田川を渡る。

050919-094544
 駅前大通りは交通量が多く,商店街といえるほどの商業集積はない。ところどころにアーケードが設けられていたりして,かつては連続した商店街になっていたのかもしれない。

050919-095545
 裏通りに入る。一番町から三番町付近には古い建物が点在する。

050919-100034

050919-100623
 中央五丁目付近には小さな商店街が網の目のように広がっている。飲食店も多い。

050919-100737

050919-100843
 市街地の中央を流れる釜川は綺麗に整備されている。橋には東屋があり,川のせせらぎを聞きながら座って休むことができる。釜川の流量は意外に豊富である。

050919-101542

050919-101621

050919-101813
 屋台横丁である。細く曲がりくねった路地を人工的に作り,その両側に飲食店が並ぶ。中心商店街の空洞化は全国各地で進んでいるが,道路の拡幅が空洞化の一要因になっている事例が多いように思う。ここでは,あえて狭い路地を作るという発想が新しい(個人的には「商店街は狭くあるべし」と考え続けているが)。まだ午前中なので開いている店はないが,夜の賑わいが感じられる。

050919-102057

050919-102205

050919-102858
 宇都宮最大のアーケード商店街,オリオン通り。周辺には大型店も並ぶ。
 商店街では「ジャズの街 UTSUNOMIYA」を強くアピールしている。アルト・サックス奏者のナベサダこと渡辺貞夫が宇都宮出身であることからの便乗と思われるが,商店街のBGMにジャズが流れているわけでもなく,街にジャズ・スポットが多いわけでもなく,街頭でジャズ・ライブをやっているわけでもなく,なんとなく看板倒れになっているように感じた。また,渡辺貞夫の代表作は『マイ・ディア・ライフ』『カリフォルニア・シャワー』『オレンジ・エクスプレス』あたりなので,一般的にはジャズと言うよりフュージョンの人だからなぁ。

050919-103236
 オリオン通りとパルコの横の通りの先には石段があり,小高い丘の上には二荒山神社が鎮座する。参道の両側には老舗と思われる上野百貨店が建っているが,すでに閉鎖されている。

050919-111327s
 中央通りには古くからの商店街が残るが,交通量が多く,簡単に道路を渡れない現状はちょっと厳しい。

050919-111635t
 県庁前通り付近から,また釜川沿いを歩く。都市部にしては珍しく,トンボがたくさん飛んでいる。

050919-112504

050919-113208
 本町という地名からすると,古くは宇都宮の中心だったのだろう。飲食店が多い。

050919-115001
 大通りから東武宇都宮駅方面を臨む。この付近とオリオン通りが宇都宮で最も賑やかなところだ。

050919-115332

050919-115706
 正面のアーケードがオリオン通り,右側のビルが東武宇都宮駅が併設された東武百貨店である。東武宇都宮線は1時間に2本しか電車が走っていないのだが,それが信じられない。

050919-120011
 オリオン通りをそのまま西へ向かい国道を渡ると,通りの名前はユニオン通りと変わる。

050919-120721
 東武宇都宮駅の東南側には地上げで歯抜けになった商店街が一部だけ残っている。

050919-121627

050919-122539
 無惨な姿を見せる商店街の南側には,大谷石建築物として有名な松が峰教会がある。皮肉なことに商店街の建物が無くなっているため,遠くからでも立派な二つの塔が見える。地上げが済んで再開発が進めば,この二つの塔も新しいビルに見下ろされることになるだろう。

050919-123102
 東武宇都宮駅の改札口。JRではなく東武線でゆっくり帰ることにする。

050919-124548
 東武宇都宮駅に栃木からの電車が入ってきた。東武宇都宮線の電車は,日中は各駅停車が栃木駅と東武宇都宮駅の間を1時間に2本の間隔で往復している。

050919-151426
 新栃木駅で準急に乗り換え,尻が痛くなるほど乗り続けて,北千住駅で地下鉄千代田線に乗り換える。運良く,1本後の電車は小田急線直通の準急唐木田行きだった。

050919-173040
 明るいうちに帰宅。バス停横の土手に珍しい白い彼岸花(曼珠沙華 :マンジュシャゲ)が咲いていた。赤い花が一般的だが,仏教で曼珠沙華(マンジュシャカ)は,天上に咲く白い花で,見るものを清めるという。
 それを歌ったのが山口百恵の名曲『曼珠沙華(マンジュシャカ)』である。「涙にならない悲しみ」「形にならない幸せ」……不倫である。このような重い歌を,わずか二十歳にして歌いこなしてしまうのだから恐ろしい。

 涙にならない悲しみのあることを知ったのは ついこのごろ
 形にならない幸せがなぜかしら重いのも そうこのごろ
 あなたへの手紙 最後の一行 思いつかない
 どこでけじめをつけましょ
 窓辺の花が咲いたとき
 はかなく花が散ったとき
 いいえ あなたに愛されたとき
 マンジューシャカ 恋する女は
 マンジューシャカ 罪作り
 白い花さえ真紅にそめる
   ──曼珠沙華 作詞:阿木燿子──

|

« 餃子の街 ── 宇都宮へ | トップページ | 諏訪市上諏訪駅周辺を歩く »

・09 栃木県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

本当に素敵なブログですね^^
宇都宮もこうしてみるとすばらしいですね!
なんだかすごい癒されました!
ありがとうございました!

投稿: こん | 2010年2月 4日 (木曜日) 23時52分

 こんばんは。
 コメントありがとうございます。
 宇都宮は大きな街なので,歩いてみたいところがたくさん残っています。また今度と思っているうちに,あっという間に5年近く経ってしまいました。
 また写真を撮りに行くという口実で,餃子を食べに行きたいです。

投稿: 三日画師 | 2010年2月 5日 (金曜日) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/6026747

この記事へのトラックバック一覧です: トンボ舞う宇都宮の商店街:

« 餃子の街 ── 宇都宮へ | トップページ | 諏訪市上諏訪駅周辺を歩く »