« 読売ランド前駅のホームから見える… | トップページ | 信越本線長鳥駅周辺を歩く »

2005年7月16日 (土曜日)

日本一の花火大会が近づく長岡を歩く

 ただなんとなく出雲崎の街並みが見たくなった。
 とりあえず上越新幹線で長岡へ向かう。

IMGP0096_400
 東京駅のホームで新潟行き「とき」の入線を待つ。

IMGP0109_400
 ホームに入ってきた「とき」は古いタイプの車両だった。昨年の中越地震では走行中の新幹線が地震の揺れで脱線したことが話題になったが,そのときの車両がこのタイプだった。脱線した車両がひっくり返ったり,高架線から落下したりしなかったのは,この車両のボディマウント構造がしっかりしていたからだという検討結果もあり,なんとなく安心感がある。

IMGP0162_400

DSC_0001_400
 長岡駅到着。
 長岡市は今年4月に周辺町村を合併し,人口23万人の都市となった。JR長岡駅はその表玄関である。

DSC_0018_400

DSC_0021_400
 駅前の地図から判断すると,駅の西側から南西側が繁華街になっているように思われたが,まずは北側からぐるりと歩いてみる。
 やっぱり目立つのが雁木(がんぎ)である。雁木といえば上越市高田の雁木通りが有名だが,ここ長岡も雪国の都市らしく,商店街には雁木が設けられている。

DSC_0041_400

DSC_0045_400

DSC_0052_400

DSC_0054_400

DSC_0058_400

DSC_0060_400

DSC_0069_400
 スズラン通りからセントラル通りへとつながる中心商店街には雁木は無く,立派なアーケードが設けられている。高さが高く,雪を防ぐという意味は薄れているように思われる。ここ長岡でも,雁木が必要だった昔に比べると,冬の積雪量が減っているのだろう。

DSC_0072_400
 駅前にまっすぐのびる大手通りとスズラン通りの交差点。
 長岡は城下町(長岡駅一帯が城跡らしい)として発展し,油田や軍需産業で栄えた街である。大規模な空襲で街が焼け野原になった後,道幅の広い碁盤の目状の市街地を作り上げたが,中心商店街にとっては厳しい時代を迎えている。

DSC_0081_400
 駅の南西に位置する花の町通り。

050716174916
 駅前の大きなビルの壁にこんなものが……。
 平野部とはいえ長岡の積雪量は少なくないはず。北海道や東北よりも,重い湿った雪が多いだろう。それにしても,わずか2mの雪で(もちろん凄い積雪だけど),大きなビルの雪おろしが必要とは……。

|

« 読売ランド前駅のホームから見える… | トップページ | 信越本線長鳥駅周辺を歩く »

・15 新潟県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

緑色のラインの新幹線久しぶりに見ました。
いつも青いラインのばかり見ていますが、緑色も良いですね。ところで、私自身、最近日本語の使い方を大幅に間違っていたことを、あるテレビ番組のおかげでわかりました。四十路と書きましたが、四十路を大きく越えて、あと数ヵ年で五十路です。三日画師様よりはお姉さんです。三十路は30歳、四十路は40歳、五十路は50歳ちょうどのことを言うのですね。私は30代、40代、50代に突入したことをいうのだと思っていて、いかに読書が足りなかったかということを痛感しています。コメントも注意して書かなきゃと。それでは、また。

投稿: BellMatis | 2005年7月17日 (日曜日) 09時09分

 BellMatisさん,コメントありがとうございます。
 勘違いってありますよねぇ。不思議なことに,文章を書いてすぐには何度見直しても見つからず,何日かしてから読み直すと大きな間違いに気付くことも多いです。まぁ,多少の間違いを気にしていたら何もできませんから,気にしないことにしましょう。

投稿: 三日画師 | 2005年7月18日 (月曜日) 23時43分

5年近く経ってからのコメントになりますが、書かせてください。私は2008年8月3日、花火大会を見ました(それ以前にも1999年8月2日と2001年8月3日の2回見ています)。その時、左岸側から花火を見たのですが、対岸を見たとき中心市街地が大都会に見えたのです。しかし、実際は私が住んでいる旭川よりも人口が少なく、人口密度も高くありません。それどころか、旭川以上に中心市街地の空洞化が進んでいるということです。関東地方との結びつきが強いことも影響しているのでしょうか?

投稿: 旭川の自称美女 | 2010年6月24日 (木曜日) 10時40分

 コメントありがとうございます。
 長岡の花火大会をご覧になったんですね。うらやましいです。

 長岡の街は,鉄道も街も信濃川に沿って長く形成されてるので,対岸から見ると視界いっぱいに市街地が見えたんだと思います。

 長岡の人口は30万人近くなってますが,栃尾市などの周辺市町村を合併しての30万人で,長岡の中心部分は20万人ぐらいの規模ですね。旭川は35万人ぐらいが中心市街地に集まっているので,旭川のほうが2倍近く大きいことになります。

 旭川は地図を見ても,やっぱり大きな街だと感じます。旭川は20年ぐらい行ってないんですが,丸井今井が閉店してしまったとは言え,「買い物公園」でショッピングモールの先駆けとなったほどの街なので,賑わいが残っているんだと思います。

 実は,旭川駅の高架化工事について,ブログを途中まで書いたまま,長らく放ってあります。部外者&素人目に見て,駅の両端は既に高架化されて踏切がほとんど無く,しかも駅の南側には大きな忠別川が流れていて,駅を高架にしても忠別川の河原に出られるだけだと思うんですが(つまりは無駄な高架化工事に見える),実際問題,旭川の方はどのように感じているのか,教えていただけると嬉しいです。

投稿: 三日画師 | 2010年6月24日 (木曜日) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/4999802

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一の花火大会が近づく長岡を歩く:

« 読売ランド前駅のホームから見える… | トップページ | 信越本線長鳥駅周辺を歩く »