« きれいは汚い 汚いはきれい マクベスお前もか | トップページ | 里山の残る小野路町を歩く »

2005年4月17日 (日曜日)

巨大商圏を誇る町田を歩く

 朝から快晴,大量の花粉が舞っている今日は,昼からのんびりと町田に買い物に行くことにする。

050417-125628
 読売ランド駅前のバス停で下車。小田急沿線で,駅前のバス停がこれほど賑やか(の反対)なのは読売ランド前駅ぐらいだろう。

050417-133600
 小田急線町田駅を出たところから,現在の町田で最も賑やかなパークアベニュー商店街方向を見る。
 町田の原町田地域は,武蔵の国の国府だった府中と幕府のあった鎌倉とを結ぶ鎌倉街道の宿場町であり,江戸時代から「二の市」「六の市」が立つことで賑わい,商店街が形成された。明治以降には,生糸の生産地だった八王子と横浜港とを結ぶ「絹の道」の中継点として賑わうようになり,さらには横浜線の原町田駅と小田急線の新原町田駅(後に双方とも町田駅に改称された)ができてからは,東京西部,神奈川北部の商業地として大きく発展している。

050417-133824

050417-133906

050417-134936
 レンガ通り商店街は小田急線町田駅の東側に広がっている。大型の商店はないが,きれいに区画された商店街である。

050417-134423

050417-134505
 小田急線町田駅北口前には小さな広場があり,待ち合わせ場所になっている。駅の出口前だが,周囲は自動車の乗り入れができないこともあって,のんびりすることができる。

050417-134714
 広場の傍らには八王子と横浜を結んだ「絹の道」の碑がある。
 ドトールが入っているところには,以前珍しい馬肉料理専門店の柿島屋が入っていたが,手狭になったためだろうか,移転してしまった。

050417-135047
 一番街商店街は絹の道に沿って形成されている。とても賑やかな商店街であり,一日中人通りが絶えない。

050417-135404
 二番街商店街は府中と鎌倉を結んだ鎌倉街道に沿って形成されている。日曜日でも歩行者天国にならず,車が通行するため,一番街のようにのんびり歩くことができない。空中の通路は長崎屋。

050417-135621
 一番街と二番街の分岐点。ここからは原町田中央商店街となる。数年前にJR町田駅前から町田街道までを結ぶ広い道路ができて商店街が分断されてしまっている。活力のない商店街だったら,あっさり商店街がつぶれてしまいそうな暴挙だと思われるが,町田の商店街にはまだまだ余力がありそうだ。
 この道路の開発にともなって,写真の左側に残っていた小さな商店街「都南デパート」がなくなってしまった。デパートとはいうものの,市場形式の小さなアーケード商店街で,戦後のにおいが残るような感じがする懐かしいところだった。
 この新しい道路が広いのは,いずれ多摩センターからモノレールが延びてくる予定だからだそうだが,実現するのはいったいいつになることやら。

050417-135723

050417-140017

050417-140130
 原町田中央通り商店街。老舗の乾物屋も残っているが,全体的には新しいチェーン店系のショップが多い印象だ。街が繁栄して地価が上昇し,家族経営の店はどんどん厳しくなった結果,チェーン店系の店が増えたのだろうと思われる。

050417-140330

050417-140256
 こんな感じで老舗も新しい店に挟まれるかたちで残っている。個人的に猥雑な外観は嫌いではないが,目立てばよいというのにも限度があるだろう。それに比べると,さすがに老舗の店構えの存在感にはすごいものがある。

050417-140614
 同じビルでも塗装が変わるとこれだけ印象が変わってくる。

050417-140726
 町田仲見世商店街。都南デパートと同じ形態のアーケード商店街である。

050417-140810
 町田仲見世商店街の原町田中央通り商店街側の入り口。

050417-140826

050417-140903

050417-140926

050417-141041

050417-141145
 町田仲見世商店街には,懐かしさがこみ上げてくるような古い店と,若い人が経営していると思われる新しい感覚の店が混在している。この商店街の店のような小さな店であれば,若い人でも店が開きやすいのだろう。吉祥寺のハーモニカ横丁に若い人が経営する店が増えているのと同じだ。
 都南デパートがなくなってしまった現在,この仲見世商店街にはずっと残ってほしいものである。

050417-141439

050417-141523
 仲見世商店街の東急ハンズ側の入り口。左側には仲見世飲食店街がある。ここには有名なカレー屋があり,カツカレーが名物になっている。

050417-141713

050417-141831
 商店街の裏側に大きなケヤキが残っている。

050417-142044
 ケヤキにつられて行き止まりの路地に入っていくと,タイムスリップしたような建物が残っていた。

050417-142933

050417-143009
 東急ハンズ前の交差点付近。このあたりは国鉄原町田駅の駅前だったが,小田急線の新原町田駅に近づけるように駅が移動してしまい,現在のJRの駅からは離れてしまった。しかし,駅の移転補償として,バスターミナルと東急ハンズが誘致されたこともあって,人通りは絶えない。

050417-143519
 大和通りを通って中央通り商店街に戻る。原町田中央通り商店街も,小田急線の駅から少し離れたこのあたりまで来ると,人通りも落ち着いた感じになる。

050417-143548
 ここにも老舗の乾物屋がある。八王子から横浜に生糸が運ばれた絹の道を通って,横浜からは海産物が長期保存可能な乾物のかたちで運ばれたため,町田の商店街に乾物屋が多い。
 この周辺の建物には,巨大なイラストが描かれていて驚かされる。

050417-143859
 右側の壁が老舗の乾物屋である。

050417-144544
 古い建物と新しい派手なイラストのコラボレーション,か。

050417-145139
 さらに原町田中央通り商店街を歩くと歩行者天国が終わり,一方通行だが車が乗り入れるようになる。このビルには100円ショップのダイソーが入っている。私が初めてここを歩いたときには,このビルにはトポスが入っていた。その後トポスが撤退し,コンピュータ関係の大型ショップ「メディアバレー」となり,今はダイソーが入っている。

050417-150602
 東急ハンズの前から商店街を見る。

050417-152927
 左側がDoCoMoショップ,右側がドン・キホーテ。以前は左側がパソコン関係の上新電機,右側がディスカウントショップキムラが入っていた。栄枯盛衰は世の常であるが,ここまで激しいと落ち着かない感じがする。

050417-153506
 JR町田駅のルミネから駅前のペデストリアンデッキと東急デパートや109のある通りを見下ろす。
 町田市の人口は約40万人。隣の相模原市の人口は約60万人であるが,相模原市には明確な中心地がなく,しかも相模原市を通るJR横浜線と小田急線は町田で交差していることもあって,実質的に町田の商業施設集積度は100万都市並の規模を誇っている。
 今日の写真はワイコンを付けたCaplio GXで撮影している。ワイコンのアダプタ部分に滑り止めのラバーを巻いたことでちょっと気分が変わり,あっという間に大量の写真を撮ることになった。おかげでBlogもまとまりがなく,長々としたものになってしまった。反省。

【かつての都南デパートの写真を追加/2007年6月12日】
 都南デパートの周辺の写真が出てきたので追加。東急百貨店の連絡通路から俯瞰した写真もあるはずなのだが,検索できなかった(情けない)。6枚とも,1999年2月6日にFinePix700で撮影したものである。

990206154206a
 左が都南デパート(ショッピング街)。南側の入口に「一龍」というラーメン屋があって人気だった。

990206154236

990206154737a
 都南デパート横の仮設通路には絵が描かれていた。町田デザイン専門学校のフェスタ町田ウォールペイントコンテストだった。

990206155607
 都南デパートの北側。

990206155627a

990206160233

|

« きれいは汚い 汚いはきれい マクベスお前もか | トップページ | 里山の残る小野路町を歩く »

・13 東京都内」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

町田仲見世商店街。いいですね、ここ。シンガポールへ1度だけ行ったことがありまして、大都会と、古い中国人の商店街と、歩きまわりました。その中国系商店街の様がよく似ています。アジア人はもっと仲良くして欲しいですね。仲良きことは美しきかな、休日の散歩も素晴らしきかな。商いの店屋がにぎやかだけにあきない街なのかも(^_^;)

投稿: BellMatis | 2005年4月20日 (水曜日) 11時02分

 なるほど,シンガポールの商店街に似てますか……。面白いですね。アジア人が作り上げる雑多な感じの風景は,どこか通底するものがあるんでしょうね。
 とにかく,町田は良いまちだと思います(^^;)

投稿: 三日画師 | 2005年4月24日 (日曜日) 02時32分

昔の町田に関するコメントを
なつかしく思いながら拝見しました。

記憶とは不思議なもので、都南デパートの青いトタン壁と
その前でババシャツを打っていたことを鮮明に思い出しました。

投稿: なるこう | 2007年5月30日 (水曜日) 21時29分

 なるこうさん,コメントありがとうございます。

 小田急沿線から横浜に引っ越して1年以上経ち,久しぶりに町田の商店街の写真を見て私も懐かしさを感じました。

 都南デパートと言えば,私もオバちゃん向けの衣料店を思い出します。それと,東急側の入り口にあったラーメン屋(結構人気の店だった)も印象に残ってます。

 そういえば,都南デパートを撮った写真もあったはず……とHDDの中を探してみましたが,タグ等を付けていないため見つけられませんでした。残念。

 蛇足ですが,「ババシャツ」と聞くと,私は昔の水泳選手の「ババショフ」を思い出してしまいます。年齢がバレますね。

投稿: 三日画師 | 2007年5月31日 (木曜日) 02時14分

はじめましてサクと申します。僕も町田市民であり、現在も町田にすんでいます。自分が子供だったときを思い出させてくれるすばらしい写真です!さて、今回、機会があって町田の都市計画を研究しているのですが上記の写真をぜひ研究に使わせていただきと思っております。突然で失礼と存じますがよろしくお願いします。

投稿: saku | 2007年6月26日 (火曜日) 01時21分

 サクさん,コメントありがとうございます。
 私の写真が,多少なりとも記憶の助けになれたとしたら嬉しいです。ご希望に添える写真があるかどうかわかりませんが,ご自由に使っていただいてかまいません。
 サクさんの研究で,町田がさらに面白い街になったら楽しいですね。

投稿: 三日画師 | 2007年6月26日 (火曜日) 01時34分

僕も大学時代町田の都市計画の研究やっていました。改めて写真をみてみると懐かしいと思います。今はシンガポールに住んでおりますが、町田っておっしゃる通りアジアに似ていますね。

投稿: tom | 2007年10月 7日 (日曜日) 16時12分

 tomさん,コメントありがとうございます。
 町田って都市計画の研究対象になりやすいんでしょうか。面白いですね。横浜に引っ越してから町田に行く機会がなくなりましたが,コメントを拝見して,また歩いてみたくなりました。

投稿: 三日画師 | 2007年10月 8日 (月曜日) 18時29分

町田の住人です(^^)
仲見世飲食店街を検索してて、たどり着きました。
都南デパート無き今、B級グルメ欲求を満たしてくれる貴重な存在(笑)
街の様子うまく撮ってますね♪
他の街のを見てても行きたくなります。
お礼まで。

投稿: 電気屋 | 2008年4月18日 (金曜日) 00時49分

 電気屋さん,こんばんは。

 仲見世飲食店街(仲見世商店街)……確かに貴重ですよねぇ。こういうマーケット式(?)の商店街で賑やかなところは,ここ意外にはほとんど見なくなりました。町歩きをしていても,ほとんどが寂れてしまって,遺構のようになりつつあるところばかりです。

 仲見世商店街が良いのは,若い経営者の店がしっかり溶け込んでいることですね。

 地元在住でB級グルメを楽しめる電気屋さんが,本当に羨ましいです。

投稿: 三日画師 | 2008年4月18日 (金曜日) 01時52分

古い記事に申し訳ないですが、鎌倉街道の宿場があったのは原町田ではなく当時の“町田”(現在の本町田)と、七国山を挟んだ反対側の小野路の二箇所だけでした。
その当時、原町田は町田村の一部で、ただ延々と原野が広がっていたようです。
江戸時代後期に町田村から分離した原町田村は、本町田と決別し原野を開拓、市を開くようになりますが、この当時もやはり中心は本町田で、幾たびも住民同士の対立があったとされています。
実際に発展が始まるのは絹の道の中継地となる明治頃で、それ以降原町田は商業地として、本町田は住宅地として発展していく事になります。

現在、町田というと、多摩地域・武相地域最大の商業地というイメージがありますが、少し前までは本町田あたりの宿場町の事を指していました。
今となっては原町田が原野などとは考えられない事ですね(笑)

投稿: 熊沢 | 2010年7月19日 (月曜日) 19時30分

 熊沢さん,こんばんは。
 正確な情報,ありがとうございます。明治22年の町村制施行の時点で町田村だったので,本町田村も原町田村もほとんど一体化してたものと思い込んでました。宿場町だったのは本町田だけなのですね。

 現在はものすごく賑わっていますが,昔はそれほど賑わっていなかったというのは,だいたい想像できます。明治22年の時点で本町田村や原町田村が合併しても町田「村」ですからね。町田「町」になるのはだいぶ後になってからのことですね。

投稿: 三日画師 | 2010年7月19日 (月曜日) 20時04分

 Wikipediaで調べてみたら,本町田村・原町田村・森野村・南大谷村が合併して出来た町田村が,「町」になったのは大正2年ですね。本町田村や原町田村の町田街道沿いは,明治時代から多少は賑わっていたと思っていたので,ちょっと意外でした。

投稿: 三日画師 | 2010年7月19日 (月曜日) 20時08分

はじめまして。
都南デパートを検索していてこちらに漂着しました。
懐かしい写真の数々。
楽しませていただきました(^^)
ありがとうございます。

投稿: ぽっぽ | 2011年2月11日 (金曜日) 13時33分

 ぽっぽさん,はじめまして。
 有名な場所だったのに,なぜかWeb上には都南デパートの写真が見当たらないんですよねぇ。こんなことなら,もう少し丁寧に撮っておくんだったと,今になって後悔しています。

投稿: 三日画師 | 2011年2月12日 (土曜日) 15時00分

懐かしい商店街を分断してますね。
東急を作り出した。
でも ハンズは縮小し、東急百貨店は閉店しましたね。
恐らく、多摩モノレールは開通しないですよ。
運賃高いし、多摩ニュータウン過疎化してるのに あの破壊は なんだったんですかね。 無味乾燥な街を作っただけですね。

投稿: ケン 【武術日記】アメブロ | 2011年3月 9日 (水曜日) 21時35分

 東急百貨店周辺の様子は大きく変わったようですね。

 今の世の中の様子を見ると,多摩モノレールが町田まで伸びてくることはなさそうです。

 で,私は,現在計画が進み始めようとしているリニア新幹線の駅が相模原か橋本駅にできそうなんですが,それを町田に作ることで,小田急線からも横浜方面からも便利になるんじゃないかと思うのです。

 さらに,中央線沿線立川周辺の方も,リニア新幹線は品川始発なので,乗り換えが不便だと思いますが,町田までのモノレールができれば,町田でリニアに乗ることができるようになる……という妄想を持っています。あくまで妄想ですが。

投稿: 三日画師 | 2011年3月10日 (木曜日) 02時40分

昭和36年から3年間 八王子からやっと入れてくれた第二志望の町田高校に単線運転のハマ線で通いました。

国鉄原町田駅に降り立つと町田はまだ敗戦後の貧しい雰囲気が残っており、街中には有線放送から「ヤシの実」や「浜辺の歌」が流れていました。
あのきれいな歌声が忘れられません。

暗愚無能 恥ばかりの人生を送り今や70歳になろうとしていますが、私の中の町田は時間が来ないと改札が始まらないあの国鉄原町田駅の あの気だるい夏の午後の思い出です。

投稿: 不出来なボクチャン | 2014年6月26日 (木曜日) 08時51分

 電車の時間がこないと改札が始まらない駅って,ローカル線にはまだ残ってますね。

 私が初めて横浜線に乗ったのは,大学受験のときだったか,直前の下見の時だったか,福島県で首都圏の周遊きっぷを買って,受験のあいまに乗りまくったときです(周遊券があるので,基本的には乗り放題)。

 その当時の横浜線は,複線工事は始まったんだかこれから始まるのか,わからないような状況の単線で,どの駅のホームにもぽつんと小さな待合室だけがあるようなのんびりした路線でした。

投稿: 三日画師 | 2014年6月27日 (金曜日) 03時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/3761158

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大商圏を誇る町田を歩く:

« きれいは汚い 汚いはきれい マクベスお前もか | トップページ | 里山の残る小野路町を歩く »