« 水戸の宮下銀座商店街 | トップページ | 小田急バスがストライキ決行 »

2005年3月21日 (月曜日)

関東鉄道常総線でのんびりする

 今日は関東鉄道の常総線に乗り,古い駅舎を見たり,田園風景の中で一日のんびりしようと思う。
 関東鉄道常総線は,常磐線の取手と水戸線の下館を結ぶ私鉄の非電化鉄道である。途中には水海道や下妻などの街がある。10kmぐらい東側には,かつて常磐線の土浦と水戸線の岩瀬を結ぶ筑波鉄道──経営は関東鉄道と同じだった──が走っていたが,筑波鉄道は1987年に廃止されている。常総線も筑波鉄道と同じ運命かと思っていたが,その後,流れが大きく変わったのだ。茨城県の南部にまで首都圏の都市化の波が押し寄せ,関東鉄道常総線は廃止どころか水海道まで複線化され,朝のラッシュ時には10分程度の間隔で長編成のディーゼルカーが走る──非電化の複線は非常に珍しい──通勤路線に変貌したのである。筑波鉄道も,あと数年,バブル景気の時代まで頑張っていれば,ひょっとしたら……と思ってしまう。
 水海道から下館の区間は単線のローカル線で,運転本数も少ない。取手駅で「下館行き」を名乗る列車も,実際には下館まで直通する列車はなく,水海道駅で乗り継ぎ用の車両に乗り換えることになる。

050321-124047
 関東鉄道常総線下館駅は水戸線下館駅の南側に併設されている。下館駅からはSL列車で知られる真岡鐵道が出ており,それに比べると常総線はちょっと地味な印象である。

050321-133554
 当初は黒子駅で下車しようと思っていたが,楽しみにしていた古い駅舎が無くなり,新しい駅舎に建て替えられてしまっているようだったので,次の騰波ノ江(とばのえ)駅で下車する。ここには存在感のある駅舎がまだ残っている。

050321-131036

050321-131157
 古い駅舎の典型的な造形である。

050321-130824
 無人駅だが,きれいに掃除され,一輪挿しの花が飾られている。地域の方々に愛されていることが良くわかる。この駅舎は「関東の駅百選」に選ばれているが,駅舎の造形だけではなく,こういった地域の人々との関わり合いも含めての選定だと思われる。

050321-140519
「関東の駅百選」に選ばれたからといって,駅舎が保存されるわけではない。無人駅になり,手入れもままならない状況では,あっという間に廃墟になってしまうだろう。

050321-135510

050321-135515
 騰波ノ江駅の周囲は梨の産地であり,梨畑が広がっている。あちらこちらで枝の剪定作業が行われていた。

050321-141212
 水海道行き(車内や駅の案内には「取手行き」の表示もあるが,水海道で取手行きに乗り換えるという意味である)に乗る。青い塗装を施した古いディーゼルカーを期待していたのだが,今日は新しいディーゼルカーしか走っていないようだ。

050321-143745

050321-143749
 次の大宝駅で下車し,駅近くの大宝八幡神社横で撮影する。このあたりには葦や蒲(枯れているが)が繁っている。
 それにしても,APSサイズなのにこれだけ周辺減光があるとは……。

050321-151227

050321-151236

050321-150033
 この梅の木,線路の反対側は満開なのだが,線路側には枯れ枝も多く,花も五分咲き程度だった。

050321-150524
 大宝八幡神社の隣(同じ敷地?)には大宝城跡があるが,立ち入り禁止どころか「ちかづくな」である。国指定の史跡らしいのだが,有刺鉄線が張り巡らされていて,案内板にすら近づけない状態である。土地の所有者と何かトラブルでもあったのだろうか。

050321-152616
 大宝駅。騰波ノ江駅との駅舎の差は大きい。
 周辺の子供達の遊び場になっているらしく,私が列車を待ってホームでボケーッとしている間にも,何人もの子供が入れ替わり立ち替わり現れる。しかもみんな人なつっこい。嫌な事件も多い昨今,こんなに純粋に育って大丈夫だろうか,と心配してしまうほどである。

050321-153528
 そうこうしているうちに,列車がやってきたので乗り込む。さて,次はどこで下車しようか……。

|

« 水戸の宮下銀座商店街 | トップページ | 小田急バスがストライキ決行 »

・08 茨城県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

騰波ノ江駅は、ノックアウトですね。こんなにも旅情を誘う駅がまだまだあるのですねえ。行ってみたくなりました。
でも、電車は、結構新しいですね。

投稿: 栗坊 | 2005年3月22日 (火曜日) 14時18分

騰波ノ江駅へ行くなら,早めのほうが良さそうです。無人駅になってしまうと,どうしても痛むのが早いです。
隣の黒子駅にも2〜3年前までは古い駅舎が残っていましたが,新しくなっていました。

投稿: 三日画師 | 2005年3月22日 (火曜日) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関東鉄道常総線でのんびりする:

« 水戸の宮下銀座商店街 | トップページ | 小田急バスがストライキ決行 »