« 三連休の初日 常陸国の日立へ | トップページ | 水戸の宮下銀座商店街 »

2005年3月20日 (日曜日)

日立電鉄の雄姿を記録に残す

 日立電鉄は,常陸太田市の常北太田駅と日立市の鮎川駅を結ぶ鉄道である。他社に先駆けて電車のワンマン運転を行うなど,経営合理化の努力が続けられてきたが,とうとうこの2005年3月末で廃止されることになってしまった。今日は一日,その日立電鉄に,乗って,撮って,のんびりすることにする。日立電鉄には一日乗車券(フリー切符)があるので,心置きなく楽しむことができる。あいにくの曇り空なのが残念だ。ちょうど一年前の今日も日立電鉄に乗りに来ているのだが,そのときには季節外れの雪だったから,それに比べればマシかもしれない。

IMGP0021_2_resize
 大甕(おおみか)駅で常磐線から日立電鉄に乗り換える。大甕駅の側線には,昔の日立電鉄の車両に似た塗装に塗り替えられた車両が放置されている。
 鉄道ファンで混雑しているだろうと思っていたが,ホームには人影がまばらだった(鉄道グッズ即売会が行われていたホームの待合室の中が,鉄道ファンで満員だったことを後で知った)。

IMGP0016_resize
 大甕駅のホームに鮎川行きの電車が入ってきた。車内は鉄道ファンや地元の人々で満員である。

IMGP0060_resize
 大甕から電車に乗り,まずは茂宮で下車。国土地理院の地形図で目をつけておいた場所から俯瞰する。3階分の階段を登るだけで息が切れるほどの情けないカラダなのに,こういう高いところからの俯瞰が好きなのは困ったものである。
 茂宮駅上方からの俯瞰だが,中央右寄りに有名撮影ポイントである大橋の鉄橋を渡る電車が見える ──Blogの小さい写真ではよく見えないかな──。こういう写真を撮ることになるなら,*ist Dじゃなくて,解像度の高い画像を作り出すFinePixS2Proを持ってくるんだった,と少しだけ後悔する。

IMGP0086_resize
 大橋駅を出た電車が茂宮駅に入ってきた。

IMGP0097_resize
 茂宮駅の北側,大橋寄りの田園の中を走る。

IMGP0114_resize
 川中子駅で下車し,西側の平宿の集落あたりで撮影する。このあたりには木々に囲まれた家々が並んでいる。

IMGP0120_resize
 平宿の集落の裏側を川中子方面へ電車が走り去る。

IMGP0134_resize
 警報機も遮断機も無い,小さな踏切を電車が通る。

IMGP0144_resize

IMGP0154_2_resize
 平宿の集落を抜けたところに梅の木があった。田んぼに水が張られていて,ひょっとしたら水鏡になるかと期待したが……。

IMGP0158_resize
 常北太田方面に電車が走り去る。もうすぐ走らなくなる電車を,地元の方も思い思いに見送る。
 カメラのファインダーから覗いた電車の車内は満員だった。名残を惜しんで乗車する人が多いのだろう。廃止間際の鉄道では,沿線に鉄道ファン(いわゆる「撮り鉄」)が押し掛けてカメラと路上駐車の放列ができることも少なくないが,この日立電鉄沿線ではほとんど見かけなかった。寄せ集めのような雑多な電車が走っていた時代には鉄道ファンに人気のあった日立電鉄だが,地下鉄銀座線の車両に統一されてからは鉄道ファン的には面白みが無くなってしまったのだろう。経営的にはぎりぎりの最低限のところで生き延びていけるかと思われた日立電鉄が,沿線の自治体にも見放され,あっけなく廃止されてしまうわけだが,実に複雑な気分である。

IMGP0167_resize
 川中子駅に戻る途中に小さな地蔵さんを祀った祠があった。花が飾られ,周囲もきれいになっており,この平宿地区の人たちのゆったりした生活を垣間見たような気がした。

IMGP0171_resize

IMGP0176_resize
 大甕~鮎川方面への電車を悠然と見送る。この後,川中子から常北太田行きの電車に乗るつもりだったが,その電車は休日運休だった。

IMGP1594_resize
 夕暮れの川中子駅に鮎川行きの電車が入ってきた。ホームで待つのは私一人だった。
 常北太田へ向かう予定を変更して,鮎川行きの電車に乗り,大甕で常磐線に乗り換えることにする。

IMGP0187_resize
 常磐線のホームから常北太田行きの電車を撮影する。
 廃止まで,あと2週間足らず。たぶんこれが最後の日立電鉄訪問になるだろう。後ろ髪を引かれる思いで,上野行きの各駅停車に乗り込んだ。

|

« 三連休の初日 常陸国の日立へ | トップページ | 水戸の宮下銀座商店街 »

・08 茨城県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日立電鉄の雄姿を記録に残す:

» 日立電鉄 廃線 [豆日刊いばらき]
本日3月31日をもって、日立電鉄が廃線になります。 77年の歴史のある、日立電鉄 [続きを読む]

受信: 2005年3月31日 (木曜日) 03時00分

« 三連休の初日 常陸国の日立へ | トップページ | 水戸の宮下銀座商店街 »