« 京王線代田橋駅周辺を歩く | トップページ | 昭和のにおい/吉祥寺ハーモニカ横丁 »

2005年3月 5日 (土曜日)

ホヤホヤの新駅/はるひ野で下車してみる

 小田急多摩線の「はるひ野」駅で下車してみる。
 この駅は昨年末にできたばかり,できたてホヤホヤの駅である。駅の近くに住宅や工場などがあって,鉄道の利用客が見込めるために駅ができたのではなく,駅の周囲には何もない。何もないところに駅を作り,そこに街を開発するという,昔ながらのニュータウンの手法である。

050305-164308

050305-164349
 最近の小田急の駅舎によく見られる,曲線を多用した駅舎である。太陽光発電や風力発電の設備を持ち,環境負荷の縮小を図っている。風が弱かったためだろうか,風力発電機の羽根は回っていなかった。単なるポーズでないことを期待したい。
 地上にある改札を入るとそこがホームになっている。安易に橋上駅にしなかったことは高く評価したい。

050305-164803
 隣駅の黒川方面から宅地化が進んできてはいるが,はるひ野駅の周辺にはまだ何もない。

050305-164844
 小田急永山駅方には小さな丘があり,その尾根筋を「よこやまの道」が通っている。
 よこやまの道は,古くは武蔵と相模を結ぶ道だったようだが,近年は鬱蒼とした林の中に埋もれた雰囲気の良い(人によっては寂しすぎて怖いとも)道であった。小田急多摩線と京王相模原線を俯瞰できる場所として何度か利用している。その「よこやまの道」が公園の中のハイキング道として整備され ──雰囲気的にはぶち壊されてしまったわけだが── 一般的には利用しやすくなったが,その手前には複数のビルが工事中であり,その見晴らしの良さは風前の灯火かもしれない。

050305-165920
 京王線の代田橋を歩き回るのに時間を費やしたため,はるひ野に付いたときにはすでに夕方だった。天気は下り坂で,空には分厚い雲が広がっており,露出が非常に厳しい状況になってしまった。
 右奥には京王相模原線の線路も見える。

|

« 京王線代田橋駅周辺を歩く | トップページ | 昭和のにおい/吉祥寺ハーモニカ横丁 »

・14 神奈川県川崎市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/3190694

この記事へのトラックバック一覧です: ホヤホヤの新駅/はるひ野で下車してみる:

« 京王線代田橋駅周辺を歩く | トップページ | 昭和のにおい/吉祥寺ハーモニカ横丁 »