« この冬 何回目の雪だろう…… | トップページ | ホヤホヤの新駅/はるひ野で下車してみる »

2005年3月 5日 (土曜日)

京王線代田橋駅周辺を歩く

 小田急沿線に住んでいることもあって京王線の電車を利用する機会は多くないが,そんな京王線の車窓からちょっと気になる街があった。駅を通過する電車の車窓から,一瞬だけ見える「懐かしい街並み」,それが代田橋だった。

050305-142537
 代田橋駅北口。駅は地下化されているが,駅の横には踏切が残る。

050305-142414

050305-142602

050305-143146

050305-143504
 北口の前には,このような小さな商店街が広がっている。なんとも魅力的な商店街ではないか。

050305-143346
 駅の西側には,このあたりの地名の元になった大原稲荷神社がある。

050305-143915
 商店街の横,代田橋駅の東側下には玉川上水が流れている。いや,正確に言うと水は流れていなかった。玉川上水もかなりの部分は暗渠化されているが,代田橋駅付近では普通の川のような姿を残している。玉川上水は元々,東京の街中に飲み水を提供するために作られたものであり,代田橋の南側には東京都水道局の給水所があるのも,それと縁のないことではないだろう。

050305-145315
 玉川上水の測道を歩いて京王線の線路をくぐり,代田橋南口商店街に出る。

050305-150052
 この南口商店街を真っ直ぐ伸ばすと,京王線の線路を挟んで,大原稲荷神社の参道にそのまま繋がっていることがわかる。

050305-150149
 南口商店街側から,踏切の先,北口の商店街を見る。実にこぢんまりして魅力的な街だということがわかる。

|

« この冬 何回目の雪だろう…… | トップページ | ホヤホヤの新駅/はるひ野で下車してみる »

・13 東京23区」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

随分、二つの大きな黄色のちょうちん、...残りますねぇ..

投稿: ベル.マチス | 2005年3月 6日 (日曜日) 23時26分

小さな入り口に大きな提灯が二つというのはヤリすぎだろ、とも思いましたが、嫌みになっていないのが良いです。
急行が停まらない駅の駅前に、小さくて魅力的な商店街がある……、個人的にすごく好きな条件の街でした。
駅名のもとになった「代田橋」という橋がどこなのか、最後まで気付かなかったのが心残りです。

投稿: 三日画師 | 2005年3月 7日 (月曜日) 18時18分

友達を捜しています当時駅前の水道局の方面の駅前付近に小さいストアがあったんですがそこの名前が判りましたら教えて下さい

投稿: iwai | 2010年9月 5日 (日曜日) 22時40分

 小さいストアというと,小さいマーケット(市場)みたいなところということでしょうか?
 残念ながら,手元の写真には写ってないですね。気づかずに通り過ぎてしまったかもしれません。

投稿: 三日画師 | 2010年9月 5日 (日曜日) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/3188861

この記事へのトラックバック一覧です: 京王線代田橋駅周辺を歩く:

« この冬 何回目の雪だろう…… | トップページ | ホヤホヤの新駅/はるひ野で下車してみる »