« 富士重工の企業城下町太田(群馬県) | トップページ | 張りぼて浅草からディープ浅草へ »

2005年2月13日 (日曜日)

邑楽郡一帯をうろつく(太田−西小泉−館林−多々良)

 今日は太田−館林間の東武伊勢崎線,小泉線の電車に乗ったり,昨日目を付けておいた多々良駅付近で電車を撮影しようと思う。
 太田駅前のビジネスホテルをチェックアウトしたのは11時過ぎだった。テレビ番組のサンデープロジェクトにライブドアの堀江社長が生出演していて,田原総一郎をはじめとするレギュラー陣のツッコミを軽く跳ね返す堀江氏を見ていたら,あっという間に11時を過ぎていたのだった。
#堀江氏は頭が良いね。成功するかどうかは頭の出来とは別だけど。

050213-115518
 まずは伊勢崎線で多々良駅に向かおうと思ったのだが,浅草行きの準急が発車したばかりで電車がない。先に発車する東小泉行き(たった2駅走るだけの電車)に乗り込んだ。
 東小泉駅で西小泉駅行きの電車を待つ。やってきた電車は,昔急行列車に使われていた車両だった。廃車にされてしまうよりは,こういう第二の人生(?)も良いものだ。

050213-120051
 西小泉駅到着。ちょっと奇妙な面構えの電車だが,やっぱり風格が感じられる。
 折り返しの電車が発車するまで時間が少なく,西小泉駅周辺をぶらぶらすることが出来なかった。

050213-123259
 小泉線の電車で館林駅へ。館林駅で伊勢崎線の電車に乗り換え,目的の多々良駅を目指す。
 多々良駅を通る電車が来るまで時間があったため,隣のホームで停車中の東武佐野線の電車を撮影する。

050213-125530
 多々良駅到着。無人駅かと思ったが,なんのなんの立派な駅である。東武鉄道には無人駅が少ない。

050213-131452
 多々良駅から館林方向に少し歩いたところで電車を撮影する。
 農家の建物が実に見事である。左端の農機具置き小屋までもが立派な瓦屋根である。田んぼは田起こしがしてあって,藁や雑草と土が混ぜ込まれている。水が入って水鏡になった田んぼや稲が生い茂った田んぼと電車を組み合わせた写真はよく見かけるが,土の田んぼが電車より目立つ写真は滅多に見ない。希少価値があるから良いということにしておこう。

050213-131802

050213-131815
 続いてやってきた特急列車。流線型でカッコイイ。
 三脚無しの手持ち撮影なので,電車が走り去るまで思う存分撮影することができる。カメラの連写機能は使わず,架線柱が適当な位置になるところでシャッターを押すようにしている。

050213-133453
 多々良駅の太田寄りに場所を移して撮影しようと思っていたが,多々良駅に戻って朝買った握り飯を食べていたら急に帰りたい気分になり,やってきた浅草行きの準急に乗り込むことにした。

050213-134105
 隣の館林駅でちょっとした停車時間があり,車外に出て乗っている電車を撮影する。古いタイプの電車が多い群馬県内の東武路線であるが,こうやって古いタイプの電車が並ぶ確率もだいぶ少なくなっているようだ。

|

« 富士重工の企業城下町太田(群馬県) | トップページ | 張りぼて浅草からディープ浅草へ »

・10 群馬県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 東武ローカルの駅舎ですけど、有人駅はサイディングを貼るなどのリフォームを受けていて、原型をとどめている無人駅は解体が進められていて、けっこうやばいなーという印象があります。ひととおり見て回ったんだけど、ときおりパトロールにいかないと現存しているかどうかがわからないのがつらいのだなあ。
 ひとまわりしたあとは車窓からチェックする程度になっていますが、大桑・堀米など、解体されてなくなっちゃったのがそこそこあります。

投稿: 猫が好き♪ | 2006年4月12日 (水曜日) 22時11分

猫が好き♪さん,コメントありがとうございます。

 ローカル線の古い駅舎等は,価値あるものとは一般的には考えられていないので,あっという間に解体されてしまいますね。
 アニメに登場した古い家を模したという仮設建築物に保存運動が起こることと,どこにでも存在したものがどこにも存在しなくなることの早さとのギャップに違和感を感じる今日この頃……です。

投稿: 三日画師 | 2006年4月17日 (月曜日) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/2916424

この記事へのトラックバック一覧です: 邑楽郡一帯をうろつく(太田−西小泉−館林−多々良):

« 富士重工の企業城下町太田(群馬県) | トップページ | 張りぼて浅草からディープ浅草へ »