« 晴れた日の西新宿でレンズを買う | トップページ | 東武伊勢崎線伊勢崎駅周辺を歩く »

2005年2月 6日 (日曜日)

新宿三丁目付近を歩く

050206-144629
 冬晴れの今日は野暮用で新宿へ。
 新宿駅を出たところから新宿通りを見る。新宿通りは日曜祝日に歩行者天国になっており,大道芸人がたくさん繰り出していて楽しい。

050206-150448

050206-150144
 新宿といえば伊勢丹,伊勢丹と言えば新宿,かどうかは知らないが,新宿通りのこの伊勢丹の存在感はすごいものがある。

050206-151446
 伊勢丹横の明治通りを渡ると,そこは末広通り商店街である。明治通りと御苑大通りの間に挟まれたエリアが末広通商店街と要通り商店街になっていて,周辺よりもビルの高さが低く,落ち着いた印象がある。
 そして,末広通りといえばこの新宿末廣亭である。いわゆる「寄席」の雰囲気いっぱいの中で,落語や漫才を気楽に楽しむことができる。出演者も有名無名とりどりで楽しい。

050206-151531

050206-151642

050206-152010

050206-152528
 末広通り商店街,そして要通り商店街には飲食店が多いが,歌舞伎町のような「がさつな」若者が集まることもなく,落ち着いた感じの商店街になっている。

050206-153714
 御苑大通りを南へ,新宿二丁目の交差点を渡ると,すぐ先には新宿御苑が広がっている。

# 今日は,先週買ったばかりのPENTAX DA40mm/2.8Limitedレンズ一本だけで撮ってみた。

|

« 晴れた日の西新宿でレンズを買う | トップページ | 東武伊勢崎線伊勢崎駅周辺を歩く »

・13 東京23区」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

落語好きなので、末廣亭は、ずっとそのままでいてほしいです。

投稿: 栗坊 | 2005年2月 8日 (火曜日) 01時50分

こんばんわ。また深夜におじゃましまっす。
田舎も良いけれど、東京の街、町をぶらぶらも楽しいものでしょうね。今昔入り混じっていて、やっぱりお江戸は日本人はもちろん、外国人も面白く感じられる大都会です。
大道芸と聞いて思い出すのは、今はなくなってしまった、あるテーマパークで見たロシア人の一行の芸を懐かしく思います。一つは音楽家のグループで、 トロイカやモスクワ郊外の夕べを唄ったり、一般客と一緒に楽しいダンスを踊ったり。また別のものは、その昔、体操をしていて、オリンピック予選に挫折してこの道へ来たんじゃないかと思われるほど(なんて想像力たくましく(^_^;))アクロバットの上手い美人の女性らのと、コミカルなピエロの演技でした。
また『道』という映画の”ザンパノ”の胸の筋力で鎖を引きちぎるアンソニークインを思い出します。
この末廣亭の写真を見て、昔、札幌のある蕎麦屋さんが落語が好きで、その二階で寄席をやっていて、その建物の外観はこれほど立派ではないものの、ちょっと似ていたような記憶があります。
クレマチス(テッセン)が好きで、ニックネームにしていました。でもこの名前、多くの方々が使っていることに最近、気が付きました。変える事は簡単ですが、本当はあまり変えたくなかったのですが。
Bellはあるものの名前でした。それでBellとマチスを組み合わせました。長くなりまして。
それではまた。

投稿: | 2005年2月 9日 (水曜日) 00時32分

「落語好き」という言葉で栗坊さんのBlogを思い出しました。並の落語好きじゃないですもんね,栗坊さんは。栗坊さんのような落語好きがいれば,末廣亭も心強いですね。

 ベル・マチスさんのお名前は花の名に由来するものだったんですね。無粋な人間なもんで,ぜんぜん気が付きませんでした。
 都会の街並みでも,計画的な街並みより,それぞれの人間の欲望のままに街が形成されたようなところは,極端に言えば,見事に並べられた北山杉や区画整理された田んぼよりも「自然」を感じられて面白いです。東京にはそういう「自然」が多いように思います。

投稿: 三日画師 | 2005年2月10日 (木曜日) 02時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/2832265

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿三丁目付近を歩く:

« 晴れた日の西新宿でレンズを買う | トップページ | 東武伊勢崎線伊勢崎駅周辺を歩く »