« 武豊線武豊駅周辺を歩く | トップページ | 名鉄常滑線の大野町で途中下車 »

2005年1月 9日 (日曜日)

ミツカン酢のふるさと 半田を訪ねる

 半田市は人口10万人を越える知多半島の中心となる都市である。古くから酒,醤油,そして酢の醸造が盛んであり,それらの黒い板塀の蔵が立ち並ぶさまは有名だ。中でもミツカン酢といえば,ここ半田市がふるさとである。

20050109_111407
 JR半田駅前の商店街。

20050109_112410

20050109_112436
 古い商店も若干は残っているが,特に保存に力を入れているわけではないので,風前の灯といった感じである。

20050109_114449
 醸造蔵群。黒板塀が特徴的である。

20050109_114834

20050109_115019

20050109_120314
 新旧のミツカン酢(中埜酢店)の本社ビル。

20050109_121429
 こちらはキッコウトミの蔵。

20050109_121601

20050109_121833

20050109_110907
 半田駅のこの跨線橋は,JRに現存するものとしては最古のものである。

|

« 武豊線武豊駅周辺を歩く | トップページ | 名鉄常滑線の大野町で途中下車 »

・23 愛知県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/2523726

この記事へのトラックバック一覧です: ミツカン酢のふるさと 半田を訪ねる:

« 武豊線武豊駅周辺を歩く | トップページ | 名鉄常滑線の大野町で途中下車 »