« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月の4件の記事

2004年12月31日 (金曜日)

東海道本線に沿った中山道の古い町並みを歩く

 今年もとうとう最後の一日になってしまった。
 今日は大垣から西へ,東海道本線に沿った中山道の古い町並みを歩いてみようと思う。気になるのは天気。予報は最悪で,低気圧が日本列島南岸をかすめるように通過するため,全国的に大荒れになり,平野部でも雪が降るとのこと。大垣から米原と言えば,名だたる積雪地帯,関が原,伊吹越えの難所である。

IMGP0448
 朝起きたときにはまだ雪は降っていなかったが,宿でボケッとテレビを見ているうちに本格的な雪になっていた。

IMGP0461
 車窓から見える家並が以前から気になっていた柏原駅で下車する。柏原は中山道の宿場町だが,中山道は国内でも有数の幹線だったこともあって,狭い旧道に平行する広い道路が早い時期に建設され,古いままの町並みが残っている。写真は柏原の見事な街並み。雪は激しく降っているが,消雪装置のおかげで道路に雪は積もらない。

IMGP0008
 国土地理院の地形図をチェックして,柏原駅から少し離れたところにある清滝の集落と東海道線の電車を絡めて撮影しようと,清滝の集落を目指して歩いた。が,歩いている途中で,雪が強く降っているため遠景がかすんでしまい,清滝の集落からは東海道線がまともに見えないことがわかってきた。どこで撮影しようかウロウロしているうちに米原行きの電車が走ってきてしまったので,とりあえず撮影。

IMGP0009
 米原方面に電車が走り去る。写真の左側に,かすかに清滝の集落が……見えない。

IMGP0013
 開き直って,東海道線の線路に近づいて,鉄道写真風に撮影。雪がやまないばかりか風がどんどん強くなってきて,そのうち雪だるまになってしまいそうなので,駅に戻ることにする。

IMGP0024
 雪がやみそうにないので,今日は写真撮影はあきらめて電車での移動に専念しようと決心し,柏原駅で電車に乗った。しかし,昨日のBlogにも書いたが,大垣-米原間は利用客数に対して電車の本数が少なすぎる状況である。やってきた電車は,なんとたった2両編成で満員電車並みの大混雑。下車する人がほとんどいない柏原駅から乗り込むのに苦労するほどだった。あまりの混雑に,米原まで乗り続ける気力がなくなり,すぐ次の近江長岡駅で下車した。
 天気が良ければ,柏原,近江長岡,醒ヶ井と下車するつもりだったので,予定通りの下車と言えなくもない。
 近江長岡駅には貨物専用線があったり,雰囲気のある工場があったりして,それぞれ興味深いのだが,駅の東側に見える鳥居や古い家並にもそそられる。写真の道路の奥に特急しらさぎが走っているのだが……。
 この鳥居をくぐって,万願寺の集落の坂を駆け上ったところが加茂神社である。

manganji
 近江長岡駅の東側,万願寺の見事な家並である。

IMGP0046
 万願寺の家並の横を東海道線の下り電車が走る。はっきり言って,雪の日に撮るような構図ではない。

IMGP0490
 醒ヶ井で下車するのはあきらめ,今度こそ電車に乗るのに専念。ボケッと車窓を見たり,ウトウトと居眠りしているうちに大阪駅へ到着。体調も万全ではないため,あちこち歩き回らずに大阪で宿を取ることにする。

IMGP0493
 私は旅行時の宿泊にビジネスホテルを多用している。土日休日は,メインユーザーであるビジネスマンの利用が少ないこともあって,その日の夕方以降に電話しても宿泊できるのが便利である。しかし,正月とゴールデンウィークは営業しないビジネスホテルもあるので,注意が必要だったりする。というわけで,大阪で定宿にしていたところが,今日は2軒とも休みだったため,仕方なく尼崎の宿に泊まることにした。

IMGP0499
 尼崎の中央商店街。立派なアーケードが続く,活気ある商店街である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月30日 (木曜日)

帰省ラッシュに紛れて西へ…

 ずっと体調を崩していたため,久しぶりのBlogである。体調はまだ完全に快復していないが,せっかくの連休なので出かけることにした。
 九州方面へのブルートレインで西へ向かおうと考えていたが,先日のブルートレイン削減&A個室廃止の報道の影響なのか,切符が取れずに昨日は退散……。今日はとりあえず東京駅へ。

IMGP0416
 盆暮れにはいつも混雑する東京駅のみどりの窓口。横の自動券売機はガラガラなのだが,なぜか有人窓口の行列がすごい。以前には,係員が声をあげて自動券売機へ誘導する光景も見られたが,JRも最近はあきらめたのか…。
 行列を厭わない人たちに紛れて自由席の行列に並ぶのは苦痛なので,とりあえずこだまのグリーンで名古屋へ向かうことにする。こだまの利用率が低いのがJRの悩みの種だという話を聞いたが,先を急がず,窓際の席に座って,のんびり移動したい私のような人間にとって,帰省ラッシュ時にもその場で窓側の席を確保できるこだまは非常にありがたい列車である。

IMGP0418
 切符を確保してから東京駅構内を見回したところ,なにやら行列ができている。握り飯の店だろうか。たいそうおいしい握り飯を売っているのだとは思うが,行列に並ぶ人の気持ちが私にはわからない。

IMGP0430
 名古屋到着。名古屋駅の太閤口では,いつの間にかビックカメラが幅を利かせるようになっている。
 さて,ここからどこへ向かおうか……。今日は家を出たのが遅かったため,周囲はすでに薄暗くなってしまっている。岐阜方面か三重方面か迷ったが,とりあえず在来線で岐阜方面へ向かうことにする。

IMGP0431
 岐阜駅で大垣行きの電車に乗り換える。

IMGP0433
 いつも感じるのだが,東海道本線の大垣から米原の間は,利用客の数に対して列車の本数が少なすぎるので,いつも混雑している。さらに今日は帰省客も混じり,大垣から先へ向かう電車は混雑していた。体調も気分もあまり良くないので,今日は大垣で宿を取ることにする。
 大垣駅前の写真。最近はどこの駅前にもこのようなLEDによるイルミネーションが施されていて,代わり映えしない。

IMGP0445
 大垣は大垣城を中心にして栄えた城下町であり,都市の規模もかなり大きい。一年間でもっともにぎわっていても良い時期だが,駅周辺の賑わいはそれほどでもない。岐阜や名古屋に近いこともあって,商業的には厳しい状況にあるように見える。
 大垣城址の堀(の役割をしていた川)の両側には,地元の学校の生徒等が作ったイルミネーションが光っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月11日 (土曜日)

PowerMacG5を買って部屋に籠もる

 Macintosh IIcx以来,約15年ぶりにデスクトップパソコンを買った。
 詳しくは,こちら(三日画師のかすかだり)にて。
041211-111147

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 5日 (日曜日)

欲望の迷宮・新宿歌舞伎町

 発達した低気圧の通過によって未明まで大荒れの天気だったが,低気圧の通過後には見事な晴れ間が広がった。まさに「台風一過の晴天」といった感じ。南からの風は温かく,気温はぐんぐん上昇。東京都内でも夏日になりそうなほどだった。今年は台風の当たり年で,数多くの台風が日本を通過していったものの,意外にも「台風一過の晴天」はほとんど無かった。それが12月になってこんな天気になろうとは……。

041205-140920.jpg

041205-140710.jpg
 新宿駅西口前。世の中はクリスマス&歳暮商戦真っ盛りで,さらに日曜日ということもあって人出が多い。

041205-142059.jpg

041205-141329.jpg
 天気が良いと色の綺麗な写真が撮れるので嬉しいのだが,あまりピーカンな快晴も,コントラストの高い写真ばかりになってしまって困りモノだったりする。最近のレンズは性能が良く,盛大なフレアが出るようなことは無いし,太陽をフレームに入れて撮影しても画質が大きく破綻することも無くなった。よく見ると,あちらこちらに奇妙なゴーストが発生しているが,あまり気にならない。
 ちなみに,今日のデジカメ写真のほとんどは,*ist DにDA16-45/F4で撮影している。

041205-141714.jpg
 ハルク横の歩道橋の上から小滝橋通り方面を見る。右側には思い出横丁が広がっている。

041205-154234.jpg

041205-145357.jpg

041205-145633.jpg
 大ガードをくぐり抜け,西武新宿駅の駅前に出る。横の通りは靖国通り。大ガードの上を,山手線,中央線,埼京線,りんかい線の電車がひっきりなしに通り過ぎる。

041205-150535.jpg

041205-151015.jpg

041205-153253.jpg
 靖国通りの北,西武新宿駅の東側一体に広がるのが歌舞伎町。映画館や飲食店やバーやキャバレーなどの風俗店が雑然と並んでおり,人通りが多い。

041205-152518.jpg
 歌舞伎町の中心に建っているのが新宿コマ劇場である。以前ほどの求心力はないが,歌舞伎町のシンボル的な存在だ。歌舞伎町という名前は,戦後復興事業でこのあたりに歌舞伎の演舞場を作る計画があったことに由来するらしいが,新宿コマ劇場はその名残かも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »