« 台風に水を差された三連休 | トップページ | いわき市の商店街を歩く »

2004年10月11日 (月曜日)

千歳船橋の商店街を歩く

041011142125
 今日は,小田急線の高架化と複々線化がほぼ完了した千歳船橋駅周辺の商店街を歩いた。
まずは千歳船橋駅の写真。
 千歳船橋駅周辺の商店街は,小田急線が高架化される前はホームすぐ横の踏切で駅の北側と南側が分断されていたが,高架化に伴って両者が連続したものになった。
 商店街が繋がったのは良いことだが,よそ者である私の印象では,小田急線の踏切待ちのたくさんの人並みが無くなった分,商店街が寂しくなったような感じがしないでもない。便利になったのは確かなので,このあたりは微妙なところである。

041011141737
 千歳船橋駅から商店街を見たところ。
 昔ながらの商店街であり,賑やかなのも昔ながらである。

041011142038
 小さな商店街ではあるが,のんびりと歩くことができるせいか人通りが多い。
 こういう賑やかな商店街を見ると,地方の中堅都市の商店街が軒並みシャッター通りと化しているのと素人ながら比較してみたくなる。
 商圏の人口はどうだろうか。千歳船橋は東京都世田谷区の街であるが,何駅も先から客が集まってくるわけではなく,基本的には地元の住人を相手にしている。地方の人口10万人から20万人の都市であれば周辺の町村からの集客もあり,商圏の人口は差は無いだろう。
 シャッター通りと化している商店街の多くは昔ながらの中心商店街であり,モータリゼーションに伴って商店をセットバックし,道幅を広げて車が通りやすくし,商店街の中に駐車場を設ける等々,大変な努力をしているように見える。
 だが,それで良かったのだろうか。私には,シャッター通りというかたちで,その疑問に対する答えが出てしまっているように思う。地方の中堅都市の商店街が見習うべきは,この千歳船橋や豪徳寺の商店街のような地元の住人相手の商店街ではなかっただろうか。そんな気がする。

041011134022
 千歳船橋駅の南側の商店街。
 このような細い路地の小さな商店街が,駅の周辺に網の目のように広がっている。

041011134313

041011134405

041011134420

041011134618

041011134830

041011135145

041011140900
 小田急線の車内から外を見ていると,千歳船橋駅の近くに気になる道路がある。
 ちょっと広めの道路なのに,センターラインが一本引かれているだけなのだ。
 もちろん,こんなことが気になるのは普通の感覚とは異なった変な人間(もちろん私はそのひとりである)だけかもしれない。
 まだ自動車が少なかった時代を思わせるような道路である。

|

« 台風に水を差された三連休 | トップページ | いわき市の商店街を歩く »

・13 東京23区」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/1798424

この記事へのトラックバック一覧です: 千歳船橋の商店街を歩く:

« 台風に水を差された三連休 | トップページ | いわき市の商店街を歩く »