« 本を探しに神保町へ | トップページ | いつか見た風景 子安運河を歩く »

2004年9月11日 (土曜日)

いつか見た風景 子安運河を歩く

040911144850_2
 先月,北海道へ旅する際に,羽田空港へ向かうバスの車窓から見えたところを歩いてみたくなった。
 地図を開いてみたところ京浜急行線の子安駅からすぐ近くだと判明。京急子安駅を出て少し歩くと,場所はすぐに見つかった。

040911145011_2

040911145120_2

040911145545_2

040911150027
 北側には日本の大動脈,東海道線や国道一号線,南側には日本最大の京浜工業地帯が広がる。その間にはさまれるように,時代の流れから取り残されたような運河がある。

040911150803

040911151029_2

040911151130

 漁船だけでなく遊漁船や屋形船なども見られる。かつての賑わいは,ない。
 もちろん,かつての賑わいを知っているわけではないが……

040911151301_2
 高速道路を走り抜ける自動車の横で,時間が止まっているかのように思える。

040911152031_2

040911152548

040911152922

040911153012_2

040911153733_2
 かつて,この先には東京湾が広がっており,ここは東京湾のウォーターフロントだった。今は埋め立て地が沖まで続いている。
 海からも,陸からも,隠されているような運河である。

|

« 本を探しに神保町へ | トップページ | いつか見た風景 子安運河を歩く »

・14 神奈川県横浜市」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

突然のコメント、失礼いたします。
ネットサーフィンでたどり着いたものですが、すばらしいお写真ばかりで感動いたしました。
そして、タイトルの『さすけねがい?』福島の方がよくお使いになる方言ですよね!個人的な思い出なのですが、大変懐かしく、嬉しく感じ、コメントさせていただきました。
たくさんある記事の中でこの記事にコメントさせていただいたのは、子安は遠距離恋愛中の彼がすんでいる街で、何度か足を運んでいるものの、出会ったことのない風景の数々に感動したからです。
しかし、なぜだか、懐かしいというか‥風情というのでしょうか。心の奥がクッとなる、そんな場所ですね。
このあと、他のお写真も拝見させていただきます!
失礼いたします。

投稿: よしみ | 2010年11月24日 (水曜日) 01時19分

 コメントありがとうございます。

 福島の田舎町で生まれ育ったもんで,方言の「さすけねがい?」を使ってます。方言をご存じない方だと「サスケの願いって何だ?」と感じることもあるようですが,わかる人に伝わればいいかと思って放置してます。

 子安の風景には人を引きつけるものがありますね。上手く説明できないんですが,よしみさんのおっしゃる通り,なぜか懐かしい感じがします。
 私は舟や運河や海とは無縁な,福島の山の中で育ったので,本当なら子安のような風景に懐かしさを感じるはずはないんですけどねぇ。

投稿: 三日画師 | 2010年11月24日 (水曜日) 12時59分

早速のお返事ありがとうございます!またまた仕事の休憩時間に遊びに来てしまいました。

私は北海道生まれ、今は札幌でくらしており、去年まで北海道内をバスガイドとして案内してまわっていました。
まだまだまともに案内できなかった時、出会ったのが福島からのお客様。
桧原湖のお近くにお住まいの方々で、北海道との多くの共通点や、方言を、わたくしが教わって(笑)
それが申し訳なく、謝ってばかりのわたしにかけてくれた言葉が『さすけねぇ!』でした。
最初は『助けて!』かと思い、そんなにこの状況から逃げたいと思ってらっしゃるのかしら‥と不安に思いましたが(笑)

本当に日本にはいろんな風景がありますね。
私は北海道から離れて暮らしたことがないので、本州を旅すると驚くことばかりです。
いつも羽田空港から列車に乗りますが、線路沿いに、住宅街並び、洗濯物がかかっている風景、駅ごとにある商店街、歴史の感じる駅名と、北海道との違いに終始感動ともいえる驚きを感じています。

彼はレジャー施設や、ショッピングにつれてってくれるけれど、こういった街散歩も、今度はお願いしてみたいと思います。
とてもこちらの写真たちには叶いませんが、写真屋の息子なので、いい写真をとってくれそうです。

またまた長文失礼しました。

投稿: よしみ | 2010年11月24日 (水曜日) 13時32分

 北海道は町並みや道路から,自然まで,本州とは風景が違いますからね。本州にはないものがたくさんあって,それを求めて,みんなが北海道を訪ねるわけですけどね。ほんとに日本にはいろいろな風景があって楽しいですね。

 福島の「さすけねぇ」を覚えていてくださって,なんだか自分のことのように嬉しいです。心配いらないよ,大丈夫だよ,気にしないでいいよ……という感じを表す,福島自慢の言葉です。福島県の外にも広がっても良いんじゃないかと思うほどの良い言葉だと思ってます。

 旅をしているときの,旅先の言葉には和まされることが多いですね。よく聞き取れなかったり,意味がわからないこともありますけど,笑顔やしぐさから読み取るのもまた楽しいです。聞き返せば,一生懸命わかりやすく喋ってくれようとしますし。それも楽しいですね。

 私は一人旅をしていて,あまり旅先の人とはふれあいを持たないほうなんです。観光客と見られると,もてなされたり,普段とは違う対応をされることがありますので,現地の方と積極的にふれ合うことはしないようにしているのですが……,そんな私でも旅の者だと見破って話しかけてきてくださった人には,いつも親切に振る舞ってもらって,感動しています。いい人が多いんですよねぇ。

 彼氏が街の散歩を楽しんでくれるかどうか,心配でもあり,楽しみでもあり……。楽しい街散歩になると良いですね。

投稿: 三日画師 | 2010年11月25日 (木曜日) 02時30分

こんにちは。いつも素晴らしい写真、ありがとうございます。個人的にこの辺りは好きなところで、故郷ではないのに、時空をワープするかんじです。子安運河の他の写真も拝見させていただきます。

投稿: 山下 れいこ | 2013年4月15日 (月曜日) 16時12分

 なにか惹かれますよね,子安運河の風景。私もここが故郷ではありませんが……というか,海とは縁遠い山育ち。逆に,故郷とは全然違う風景だから惹かれるのかもしれません。

投稿: 三日画師 | 2013年4月16日 (火曜日) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/17246581

この記事へのトラックバック一覧です: いつか見た風景 子安運河を歩く:

« 本を探しに神保町へ | トップページ | いつか見た風景 子安運河を歩く »