« 小田急線柿生駅前の雑多な感じが好きだ | トップページ | 崩壊した街(北新宿百人町《税務署通り》中野坂下) »

2004年6月13日 (日曜日)

東武伊勢崎線堀切駅から荒川の土手へ

 東武伊勢崎線の堀切駅で下車してみた。何かの雑誌で川本三郎が,堀切駅は小津の「東京物語」にも出た由緒ある駅舎だから是非とも残すべきだ,というようなことを書いていた記憶があって,ふと下車してみたくなったのだ。

040613132452
 堀切駅のホームは急カーブになっている。

040613133224
 駅の外にある跨線橋を渡る。

040613133620
 駅前の跨線橋から駅舎を見る。時代を感じさせる駅舎の横を,東武自慢のスペーシアが走り抜ける。
 このあたりは荒川(荒川放水路)が作られた際に,大きく路線経路を変更しているわけだから,周辺の駅に比べると堀切駅の駅舎自体は新しいだろうと思われる。それゆえ,駅舎の改築が後回しになったのかもしれない。

040613141426
 東武伊勢崎線の堀切駅の横には荒川(正式には荒川放水路)が流れている。
 ちょっと歩くと京成線の鉄橋がかかっている。

040613141204
 荒川の土手では若い二人が熱心にギターと歌の練習をしていた。
 その横を,演奏をかき消すように京成電鉄自慢のスカイライナーが走る。

040613141630
 周辺には昔ながらの住宅地が広がっている。

040613143133
 荒川土手側の駅舎。
 もともとこちら側には駅舎はなく,線路の上を横断して上下のホームを行き来していたが,安全上線路の横断は問題が多いので土手側にも駅舎を作り,上下の改札を分離したのだと思われる。
 簡単な作りの駅舎だが,使い込まれているうちにそれなりの雰囲気が生まれている。

040613143751
 跨線橋の途中から見た堀切駅の駅舎。

040613143922
 東武といえばこの面構えの車両が思い浮かぶのだが,最近はずいぶん数が少なくなったようだ。

040613144238
 駅前から駅舎を見る。絶妙な造形が美しい駅舎だ。

|

« 小田急線柿生駅前の雑多な感じが好きだ | トップページ | 崩壊した街(北新宿百人町《税務署通り》中野坂下) »

・13 東京23区」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/2701428

この記事へのトラックバック一覧です: 東武伊勢崎線堀切駅から荒川の土手へ:

« 小田急線柿生駅前の雑多な感じが好きだ | トップページ | 崩壊した街(北新宿百人町《税務署通り》中野坂下) »