« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月の10件の記事

2004年6月27日 (日曜日)

雑多な商店街で魅力のある中野の街

 荻窪から中央線に乗り入れている地下鉄東西線の電車に乗り,中野で下車した。

040627161944
 中野駅北口前。社会運動的なビラ配りや街頭演説,そして自転車が多い……。
 中野には有名な中古カメラ屋が2店あるため,昔から珍しいレンズを捜して頻繁に訪れていたこともあったりするが,街の様子はほとんど変化していない。変わったのは,ラーメン屋が妙に増えたことぐらいか。5,6年前ぐらいに開店したラーメン屋に結構美味いところがあって,いつも中古カメラや巡りの途中で立ち寄っていたが,数年前から行列が出来るようになってしまった。それからはいつも中野ではモツ煮込み……かな。

040627162222
 中央線ガード横の絵。

040627162609
 中野駅には中央線快速電車がひっきりなしに発着しているのが見える。駅のホームと駅前の間に広告板などの遮るものがないため,駅と街が近く感じられる。

040627162838
 中野北口一番街から二番街へ。

040627162909
 中野北口一番街から二番街商店街。フジヤカメラがある。国産一眼レフの中古レンズの品揃えは,都内でも随一のように思う。

040627162948

040627163204

040627163429

040627163517

040627163616
 三番街。

040627163640
 人気のラーメン屋「青葉」の横。中古カメラ屋の日東商事とフジヤカメラの間にあるため,中野に行くたびにここでラーメンを食べていたが,最近は人気の店になってしまって,いつでも行列が出来ている。ここ2年ぐらいは一度も食べていない。結構美味いラーメン屋なのだが,美味くて人気が出過ぎてしまうのも困ったものだ……。

040627163728
 三番街にも飲食店が建ち並ぶ。

040627163819

040627164000

040627164215
 狸小路へ。

040627164331
 狸小路という名前の由来を知りたくなる……。

040627164421

040627164442

040627164501

040627164521
 中野北口新仲見世商店街へ。

040627164539
 区画整理されておらず,カギ形に曲がった路地も多い。私は小さな城下町に生まれ育ったため,こういう見通しの悪い路地には無茶苦茶心惹かれる。街を徒歩で歩くのであれば,道路が真っ直ぐだったり直交していなければならない理由はどこにもない。

040627164554
 正面がワールド会館。

040627164608
 中野北口新仲見世商店街,八百政商店のある路地。

040627164620
 焼とり「仲野」は準備中。

040627164645

040627164734
 レコード,CDの店「文化堂」は文化の匂いがする。

040627164750

040627164813

040627164832
 歩くための道路は曲がりくねっていたほうが気持ちが良い。

040627164903
 ワールド会館前。

040627164919

040627165023
 八百政前の小さな広場。

040627165050
 まるで映画のセットのようだ。

040627165122
 曲がりくねった道路が交わるところが小さな広場のようになっている。

040627165140

040627165339

040627165518
 中野駅北口正面からサンモール商店街が続き,そのまま中野ブロードウェイにつながっている。写真の左側が中野サンモール商店街,右側にちらっと見えるのが中野ブロードウェイ。いつも大変な賑わいである。

040627165618

040627170249
 知る人ぞ知る有名店,名曲喫茶「クラシック」。こういう店がちゃんと残っているあたりに,東京の街の懐の深さを感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

杉並区荻窪駅周辺を歩く

 新宿から西へ真っ直ぐ伸びる中央線には,東中野,中野,高円寺,阿佐ヶ谷,荻窪,西荻窪,吉祥寺……と,魅力的な街が続く。いわゆる濃ゆい店も多く,人を引きつける。
 今日は,地下鉄丸ノ内線の始発/終着駅でもある荻窪駅周辺を歩いた。

040627141721
 まずは荻窪駅を出たところの写真。お天道様の下(と言っても,今日は曇り空だったが),すでに酔っぱらって出来上がっている人も多いようだ……。

040627141839

040627142017
 駅前から荻窪駅を見る。

040627142220

040627142326
 荻窪銀座商店街。

040627142542
 どういう理由か不明だが,商店街は細分化されていて,それぞれの通りごとに別々の商店街名が付いている。荻窪北口駅前通商店街にはアーケードが付いている。

040627143039
 中央線に沿った荻窪銀座商店街を歩く。

040627143139
 アサヒ通り商店街。

040627143350
 荻窪銀座街商店街の横を中央線の列車が走り抜ける。

040627143504

040627143732

040627144155
 荻窪東銀座商店街。歯抜けになった土地が広がっている。

040627144307

040627144422

040627144532
 荻窪東銀座商店街には飲食店が多い。

040627144749
 荻窪で一番人気かもしれないラーメン屋,春木屋付近。荻窪にはラーメン屋が多い。食事時ではなかったが,やっぱり行列が出来ていた。

040627145809
 電車の車窓から気になる看板。

040627145941

040627150039

040627152338

040627152408

040627152444
 荻窪銀座街商店街には,商店が取り壊され,整地されているところが多くなっている。中野の商店街は元気(元気そうに部外者の私には見える)だが,荻窪の商店街はちょっと危うい感じがする。遠くから,ラーメンを食べるために自動車で訪れたと思われる人々を多く見かけるのだが,商店街の周辺の道路に路上駐車してラーメン屋に向かい,食べ終わると車に乗って走り去るだけという感じなので,ラーメン人気が商店街の活性化に役立っていないように見えた。

040627152608

040627152721
 荻窪北口駅前通商店街。

040627154023
 荻窪駅前へ。

040627154308
 荻窪駅北口西側のタウンセブンの1階,ファサードとなる部分。アーチ形の梁が懐かしさを感じさせる。

040627154403
 タウンセブン1階の花屋。ビルのファサードに花屋があると,見た目が和む。

040627155530
 荻窪駅北口を出て西側すぐのタウンセブンから見た荻窪駅周辺。駅の周辺に,昔ながらの商店街が広がっている様子が見て取れる。
 なお,タウンセブンも元は写真に見られるような商店街が再開発事業でショッピングセンターになったものであり,もともと付き合いのあった商店が集まっているためか,古い商店街のような温かい雰囲気がある。

040627155558
 タウンセブンからの荻窪駅周辺の俯瞰(縦位置)。正面奥に見えるビルは,元々DEC,元コンパック,現在ヒューレットパッカードのビル。この変遷は驚きである。

040627161007
 中央線に乗り入れている地下鉄東西線の電車に乗り,中野駅に向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月26日 (土曜日)

船橋仲通り商店街から御殿通り商店街を歩く

040626155706
 駅前の大通りから横に入ったところに,小さな商店街,仲通り商店街がある。
 この写真は,駅前大通り側の入り口。

040626155747
 細い路地の両側に飲食店他,雑多な店が並んでいる。写真の左側では大きなマンション建築中。

040626155831

040626155849

040626155952

040626160057
 個人的には,心が落ち着く大好きな印象の商店街である。オシャレな感じのショッピングモールばかりになってしまうと,私のようなオッサンは居場所が無くて困ってしまう。

040626160218

040626160345

040626160546
 仲通り商店街のもう一端の入り口。この路地は,ここから先は御殿通り商店街と名前を変える。

040626160920
 ここが御殿通り商店街。商店が歯抜けになって駐車場に変わってしまったところも多く,すっかり商店街としての機能が薄れている。
 そのおかげと言っては何だが,写真のような古い建物も残っている。

040626160943

040626161013

040626161315

040626161535
 東通り商店街へ。

040626161841
 東通り商店街を北へ歩く。

040626161933

040626162045
 京成本線の踏切。

040626162057
 京成本線の踏切から東通り商店街を振り返る。

040626162240
 京成船橋駅方向を見る。

040626162306

040626162527

040626162938
 総武本線のガードをくぐり北口側へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再開発事業まっただ中の船橋(千葉県)

 新宿駅で乗った電車が千葉行き各停だったため,とりあえず千葉まで行こうと電車の中でウトウトしていた。通りかかった船橋駅。車窓に見えたのは,駅前の見慣れない大きなビル。JR船橋駅と京成船橋駅の間ではずいぶん昔から再開発事業が進められており,今までにも何度か見て歩いたことがあるが,なかなか事業が進んでいない印象を持っていた。その街がここ数年で変わりつつあるらしい。
 と,思ったら,なんとなく電車を降りていた。

040626142043
 JR船橋駅前。

040626142858
 JR船橋駅前の西武デパートに入り,駅前を俯瞰する。右奥に工事中の京成船橋駅の屋根が見える。左側のビルが再開発ビルFACE。

040626144720
 左側に見えるのがJR船橋駅。駅と駅前の再開発ビルを結ぶペデストリアンデッキが駅と直結していないためか,人口56万人の都市としては通行量が少ないような気もする。

040626150017
 ここは京成船橋駅とJR船橋駅を結ぶ通りに沿った商店街。朝のラッシュ時,両駅間を乗り換える客が半端な量ではなかった記憶があるが,今はどうなのだろうか。

040626150437

040626150537
 京成船橋駅に西側を通り,稲荷神社へと続く路地。

040626150552
 京成船橋駅の下を潜り,猿田彦神社へと続く路地。

040626151047

040626151346
 JR船橋駅と京成船橋駅の間に出来た再開発ビルFACE。下部は商業施設,上部はオフィスだろうか,公共施設だろうか。

040626151614
 JR船橋駅。

040626151735
 JR船橋駅から京成船橋駅側を見る。奥には高架化工事真っ最中の京成線が見える。現在は,その下の踏切を電車が横切る。

040626152026
 JR船橋駅のホーム。

040626152718

040626153127

040626153414

040626153824

040626154034
 これだけの規模大きな都市のメインストリートに列車本数の多い踏切があるのは,今や珍しくなった光景かもしれない。その踏切ももうすぐ撤廃される。

040626154350
 京成船橋駅。
 電車の行き先表示は「うすい」。漢字で「臼井」と表示すると別駅の「白井」と紛らわしいので「うすい」となったらしい。

040626154555

040626155015

040626155349

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月20日 (日曜日)

活気あふれる若い街…柏

040620145116
 西日本に上陸しようかという台風6号が南からの暖かく湿った空気を運んできたため,関東地方も30度を越える真夏のような天気になった。そんな今日,特に理由はないが千葉県の柏市に行ってきた。
 柏駅の東口を出ると,そこには立派なペデストリアンデッキ(これだけ本格的なものは日本初だったはず)があり,車と歩行者の通行が完全に分離されている。駅前には,そごう(写真左),そごうスカイプラザ(写真右),背中側には丸井,駅西口には高島屋と,デパートが林立している。

040620145409
 東口正面の駅前通商店街。

040620150027
 柏駅。駅の自由通路が,高島屋のある駅の西側とこちら東側の連絡通路を兼ねていることもあり,人通りは絶えない。

040620150216
 休日には駅周辺が歩行者天国になり,非常に賑わっている。
 二番街はこのあたりで随一のアーケード商店街である。

040620150952
 二番街商店街。屋根が高く,所々では自然光が入るようにもなっている。人通りも多く,活気にあふれている。

040620151315

040620151426
 ケンタッキーフライドチキンのカーネルおじさんが二人立っている。

040620151506
 二番街の先にあるセントラルパル通り商店街。
 もともとは水戸街道から分岐して豊四季,初石方面へ向かう街道沿いに形成された商店街である。幸か不幸か,常磐線と東武野田線によって道路が分断されたことにより(歩行者用の跨線橋はある),車の通行量は激減。このように休日には歩行者天国となり,人通りも多い。

040620152400

040620152651
 セントラルパル通り商店街。

040620153013
 柏神社(写真の右側にある)の横には,柏銀座通り商店街がある。野田や柏のホワイト餃子が有名なのはわかるが,この商店街が「ホワイト餃子通り」と呼ばれているというのはほんとうだろうか。

040620153152
 東口正面の駅前通商店街。柏駅方向を見る。

040620153657
 柏銀座通り商店街を歩く。

040620153821
 マーケット式の飲食店街。

040620153943

040620154122
 長全寺商店街。

040620154302
 長全寺商店街のアーチ。

040620155425
 ここは柏市の元々の中心,水戸街道(旧国道6号線)の両側に広がった商店街。

040620155444

040620155616

040620160003
 国道6号線のバイパスが常磐線の西側(駅の反対側)に出来たことから,車の通行量は減ったとはいえ,いまだに重要な道路であることに変わりはない。そのため,セントラルパル通り商店街とは違って休日も車の通行量は多く,逆に商店街としての機能は薄れてしまっている。

040620160647
 柏銀座通り商店街を歩く。右側には柏神社の木々がいい感じで繁っている。
 駅周辺の商店街と比べると,集客力のある店は無く,商業集積度も低いが,なんとなく落ち着く感じがする。

040620165756
 餃子を食べた後,満腹状態で柏神社の横の柏銀座商店街を撮る。木漏れ日が目に優しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月19日 (土曜日)

税務署通りから成子坂下交差点の北側を歩く

040619-161244
 成子坂下交差点の北側も区画整理事業の計画範囲であり,少しずつ都市開発の波が押し寄せてきている。

040619161546
 このような建物も残っている。昔はどこにでもあったのだが……

040619164027
 私が学生時代に住んでいたのもこういうアパートだった。部屋は四畳半一間だった。

040619-164415
 地上げによる空き地も多い。フェンスがなければ,良い遊び場になると思うのだが,現代社会ではそうは行かないようだ。
 空き地にはエノコログサが生い茂っていた。

040619-163513
 青梅街道の成子坂下交差点に出ると,さっきまで目の前にあった風景がウソのように感じる。モデルルーム公開中なのは,エノコログサが生い茂っていた空き地に建つであろう高層マンションか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

崩壊した街(北新宿百人町《税務署通り》中野坂下)

 北新宿の百人町交差点から中野坂下までの細い通りは,途中に新宿税務署があることから「税務署通り」とも呼ばれる。通りの南側が西新宿八丁目,北側が北新宿一丁目で,有名な職安通りを延長したところにある。住宅地の中の細い通りの両側にはささやかな商店街があったが,大規模な区画整理事業によって北新宿一丁目側が道路拡幅のために取り壊され,無惨に崩壊した街になってしまっている。

040619-145752
 まず1枚目の写真は,百人町の交差点近くの税務署通り。商店街の名残が少し残っている。奥に見える交差点が百人町交差点。交差点から先は職安通りと名前を変える。

040619150058

040619-150909
 交通量はそれほど多くない。ここが渋滞するときには,百人町交差点から先の職安通りや交差点を横切る小滝橋通りが渋滞しているときだと思われる。が,道路が狭いため,ちょっとした路上駐車でも影響が大きい。新宿や大久保の繁華街も近く,路上駐車は絶えない。

040619152302
 区画整理事業はかなり昔から行われており,建物はどんどん無くなっていった。跡には白いガードレールばかりが目立っている。

040619152553

040619152643

040619153244

040619-153512
 ここが税務署通りという名の元になった新宿税務署である。意外にもささやかな建物だ。

040619153822
 成子坂の北側あたりまで来ると,北新宿一丁目側のセットバックが済んでおらず,古くからの道路が残っている。遠くに見えるのは中野坂上の高層ビル群。西新宿の超高層ビル街の隣に残っていた古い通りだったが,徐々にその姿を変えている。

040619-155112
 成子天神北の交差点(五叉路)近く。左側の建物は元西新宿八郵便局。

040619154350
 まだこんな落ち着いたたたずまいが残っている。

040619155206
 銭湯「吉野湯」。

040619155657
 成子氷室。「氷室」とは,氷を夏まで保存するための穴や小屋のことである。街中のかき氷屋も,昔はこのような氷屋から氷のブロックを買っていたのだ。

040619155744

040619-160525
 五叉路の横では住宅解体の真っ最中。ここもすぐに道路に変わるだろう。

040619160728
 ぽつんと取り残されたような小さな社。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月13日 (日曜日)

東武伊勢崎線堀切駅から荒川の土手へ

 東武伊勢崎線の堀切駅で下車してみた。何かの雑誌で川本三郎が,堀切駅は小津の「東京物語」にも出た由緒ある駅舎だから是非とも残すべきだ,というようなことを書いていた記憶があって,ふと下車してみたくなったのだ。

040613132452
 堀切駅のホームは急カーブになっている。

040613133224
 駅の外にある跨線橋を渡る。

040613133620
 駅前の跨線橋から駅舎を見る。時代を感じさせる駅舎の横を,東武自慢のスペーシアが走り抜ける。
 このあたりは荒川(荒川放水路)が作られた際に,大きく路線経路を変更しているわけだから,周辺の駅に比べると堀切駅の駅舎自体は新しいだろうと思われる。それゆえ,駅舎の改築が後回しになったのかもしれない。

040613141426
 東武伊勢崎線の堀切駅の横には荒川(正式には荒川放水路)が流れている。
 ちょっと歩くと京成線の鉄橋がかかっている。

040613141204
 荒川の土手では若い二人が熱心にギターと歌の練習をしていた。
 その横を,演奏をかき消すように京成電鉄自慢のスカイライナーが走る。

040613141630
 周辺には昔ながらの住宅地が広がっている。

040613143133
 荒川土手側の駅舎。
 もともとこちら側には駅舎はなく,線路の上を横断して上下のホームを行き来していたが,安全上線路の横断は問題が多いので土手側にも駅舎を作り,上下の改札を分離したのだと思われる。
 簡単な作りの駅舎だが,使い込まれているうちにそれなりの雰囲気が生まれている。

040613143751
 跨線橋の途中から見た堀切駅の駅舎。

040613143922
 東武といえばこの面構えの車両が思い浮かぶのだが,最近はずいぶん数が少なくなったようだ。

040613144238
 駅前から駅舎を見る。絶妙な造形が美しい駅舎だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月12日 (土曜日)

小田急線柿生駅前の雑多な感じが好きだ

FI265096_0E
 駅の近くの踏切。電車がひっきりなしに通る路線では,いわゆる「あかずの踏切」になってしまうため,鬱陶しく思っている人も多いだろう。
 だが,私は踏切が好きである。電車が走り去り,踏切が開いて,待っていた人々が一斉に歩き出すとき,そこに街の息吹を感じるから。

FI265096_1E
 小田急線柿生駅前は,この周辺で最も古くからある駅である。風格はない。
 改札を出て,小さな駅前広場へつながる路地には懐かしいペコちゃん人形が立っていた。

FI265096_2E
 駅前の小さなバスターミナル。
 周辺はクルマ,バス,そして歩行者で混雑していた。

FI265096_3E
 駅前商店街は狭く,バスとクルマのすれ違いは出来ない。
 商店街の入り口と出口の両端に立つ交通整理員が必須である。

FI265096_4E
 いろいろ考えさせてくれる駅前商店街である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年6月 4日 (金曜日)

通勤途中で見かけた小田急2600形

050126-041318
 私はいつも小さなデジカメ(PENTAXのOptioSのことが多い)を持ち歩いている。通勤には小田急線を利用しているが,旧塗色になった2600形を見かけたときにはとりあえず撮っておくようにしていた。いわゆる「作品」的な価値はまったく無いけど,「記録」にはなるかな……と。

050126-041336
 で,まずは藤沢駅で小田急の最新車両と現役最古の車両が並んだところ。

050126-041352
 藤沢駅のいつもの朝の風景。電車が到着した直後以外は意外にのんびりした感じだ。

050126-041410
 新百合ヶ丘駅で急行の到着を待つ2600形の準急。
 テロ対策でホームのゴミ箱が撤去され,不便な思いをしている人は多い。

050126-041427
 朝の新百合ヶ丘駅。多摩線のホームに2600形の回送電車が入ってきた。

FI247045_0E
 朝の藤沢駅。旧塗装に戻る前の姿である。

FI247045_1E
 夕方の藤沢駅。

FI247045_2E
 新百合ヶ丘駅発車。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »