« 伊丹で餃子を食ってから急行「だいせん」で山陰へ | トップページ | 今日は雨・雨・雨…… »

2004年5月 3日 (月曜日)

山陰本線の余部鉄橋は今日も雨だった

040503-063035
 山陰本線餘部駅に到着。乗ってきた列車が余部鉄橋を渡って行くところを撮影。

 前回ここに来たときには風雨が強くてひどい目にあったが,今回も小雨が振っている。天気予報をチェックして,今日5/3の午前中ぐらいは天気が持つと判断してここまでやってきたのだが……,天気が悪いのは日ごろの行いのせいかな。

040503-065441
 余部鉄橋を小俯瞰できる超有名撮影ポイントから,まずは特急「まつかぜ」を撮影。
 もう少し正面がちに列車と鉄橋を中心に撮るのが定番(雑誌などでも良く見かける)だと思われるが,手前の木々の緑や海まで入れたほうが,個人的には好みだ。

040503-071137
 「まつかぜ」通過の十数分後,お目当ての寝台特急「出雲」が鉄橋を渡ってくる。機関車DD51の後ろの電源車が,グワァーーーーーンという大きな音を響びかせている。
 雨は上がっていたが,曇ったままで太陽は現れなかった。近くで撮影している人は,ずいぶん早めのタイミングでシャッターを切っていることから,望遠レンズを使っているようだが,こういうモヤった天気のときに望遠レンズを使うと,低コントラストでメリハリのない写真になるんじゃないかなぁ,と他人事ながら思った。
 まぁ,鉄道写真素人の私が心配するのも妙な話ではあるが……。

040503-085330
 余部鉄橋での撮影後は,上り列車で城崎を目指す。
 列車が餘部駅のホームに入ってきた。

040503-103249
 城崎駅から玄武洞駅方向にしばらく歩いたところで,特急「きのさき」を待つ。線路が道路より高くなっているので,自動車が通っても列車にかぶることはないと安心していたら,電車が来る直前にバイク乗りがどんどん集まってきて,カメラを構える私の前にたむろし始めた。撮影ポイントを変える間もなく電車が来てしまい,そのまま撮影。

 それにしても,ここ以外でもバイク乗りの集団を良く見かけるけど,なんで群れるんだろう? 自由気ままに好きな道を走れるのがバイクの最大の魅力だと思うのだが,集団で走ったらその最大の魅力がなくなってしまうんじゃなかろうか。

 ── Fujifilm FinePix S2Pro + AF-S NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G or PENTAX Optio WP

|

« 伊丹で餃子を食ってから急行「だいせん」で山陰へ | トップページ | 今日は雨・雨・雨…… »

・28 兵庫県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山陰本線の余部鉄橋は今日も雨だった:

« 伊丹で餃子を食ってから急行「だいせん」で山陰へ | トップページ | 今日は雨・雨・雨…… »