« 今日は雨・雨・雨…… | トップページ | 境線はゲゲゲの鬼太郎一色 »

2004年5月 5日 (水曜日)

特急「スーパーはくと」で再度山陰へ

 昨日は舞鶴線,山陰線,播但線と各駅停車を乗り継いで,山陰地方から瀬戸内地方に出たのだが,今日は贅沢に特急「スーパーはくと」で再び山陰地方へ向かう。

040505103040
 特急「スーパーはくと」が到着するまで,大阪駅構内をぶらつくことにする。
 大阪駅のホームに山陰本線からの特急「はまかぜ」が到着した。

040505110409
 北陸からの特急「雷鳥」が大阪駅に到着。

040505-112355
 大阪駅ホームに特急スーパーはくとが入ってきた。

040505-142833
 写真は,「スーパーはくと」の終点倉吉駅で,米子行きの各駅停車に乗り換えるところ。
 乗り換え時間はわずか数分。「スーパーはくと」が数分遅れたため,『乗り換えの方は急いでください』とのアナウンスがあったが,ほとんど乗り換え時間が無いときに,跨線橋を上り下りし,しかも跨線橋を降りたところから,はるか前方に列車が停まっているという状態はキツい。もう少し何とかならないものだろうか。同一ホームの両側に停めることができないのであれば,同じホーム(同じ番線)に停めることだってできるはず(多少停車するのに時間がかかっても,乗り換えに時間がかかるよりはずっとマシである)。

040505-144149
 山陰本線も鳥取県東部は単線非電化のため,対向列車との交換停車が多くなる。倉吉を出て2つ目の由良で対向列車を撮影する。
 倉吉から乗った列車は新しい気動車だが,対向列車は旧塗色(タラコ色)の古い気動車。山陰本線の鳥取から益田までは高速化対応ということで車両の更新が進んだが,まだまだ古い気動車も残っている。

040505-145829
 赤崎駅では,特急「スーパーおき」とすれ違うため停車。乗車中の列車と赤崎駅駅舎を撮影。

FI187114_0E
 山陰線の各駅停車の座席は概ね埋まっていたため,運転士の後方に立って,かぶりつきを楽しみ,対向列車交換時には外に出て撮影,というのを繰り返したいたら,車掌さんが「どこから来たんですか?」と声をかけてきた。しばらく話が盛り上がった後,お土産に定規と鉛筆セットをもらってしまった。

040505155218
 米子駅に到着。

040505160001

040505160323
 鳥取行きの各駅停車が発車していった。

040505160528
 米子駅のホームに鎮座するターレットトラック。

040505-161319
 0番線は境線(米子‐境港)専用のホームである。境港市は(由来は知らないが)ゲゲゲの鬼太郎の町ということをアピールしている。車両は倉吉から乗ってきたのと同じ。「まもなく,0番乗り場に『電車』が参ります」との構内放送があったので,まさか境線まで電化されたのかと驚いたが,どこをどう見ても電車じゃなくて気動車だった。「列車が参ります」を聞き間違えたかな……。

040505163840
 米子に到着した境線のディーゼルカー。

040505172004
 米子駅。

040505-172842
 米子駅前の中心商店街「元町サンロード」。連休最後の午後,人通りがほとんど無い……。

040505172858

040505173345
 地方都市の商店街の多くがシャッター通りとなってしまっていて悲しい状況なのだが,米子市の中心商店街も例に漏れない。

 ── Fujifilm FinePix S2Pro + AF-S NIKKOR 24-120mm F3.5-5.6G or PENTAX Optio WP

|

« 今日は雨・雨・雨…… | トップページ | 境線はゲゲゲの鬼太郎一色 »

・27 大阪府」カテゴリの記事

・31 鳥取県」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14019/2730882

この記事へのトラックバック一覧です: 特急「スーパーはくと」で再度山陰へ:

« 今日は雨・雨・雨…… | トップページ | 境線はゲゲゲの鬼太郎一色 »